過去の展覧会 2003(平成15)年度

回数 展覧会名 開催日数 入場者数 1日平均
320 知られざる西アフリカの美術 富と権力、王国2000年の歴史
H15.4.4-H15.5.11
企画展
33日 9,831人 298人
321 東松照明の写真1972−2002 @「さくら」4/8〜5/5:A「沖縄マンダラ」6/24〜7/27:B「長崎マンダラ」7/29〜8/31:C「京まんだら」10/15〜11/24:Dインターフェイス12/23〜2/8:E曼陀羅/インターフェイス3/9〜4/4
H15.4.8-H16.4.4
テーマ展示(常設展) 総数は@〜Cまでの合計
-日 (36,883)人 -人
322 韓国国立中央博物館所蔵 日本近代美術展
H15.5.20-H15.6.29
共催:朝日新聞社
36日 46,070人 1,280人
323 横尾byヨコオ:描くことの悦楽 - イメージの遍歴と再生展
H15.7.8-H15.8.17
企画展
36日 22,145人 615人
324 神坂雪佳展 - 琳派の継承・近代デザインの先駆者
H15.8.30-H15.10.13
共催:朝日新聞社
39日 36,497人 936人
325 オーストラリア現代工芸3人展 :未知のかたちを求めて
H15.9.9-H15.10.13
国際交流展
(31)日 (21,709)人 (701)人
326 ヨハネス・イッテン - 造形芸術への道
H15.10.21-H15.11.30
特別展
36日 16,115人 448人
327 デカダンから光明へ 異端画家・秦テルヲの軌跡 - そして竹久夢二・野長瀬晩花・戸張孤雁・・・
H15.12.9-H15.16.1.25
共催:日本経済新聞社
33日 12,350人 374人
328 京都国立近代美術館コレクションから 日本洋画の130年 - 見つめ、感じ、表現する画家たち
H16.2.3-H16.3.7
共催:京都新聞社
30日 14,934人 498人
329 彫刻家 堀内正和の世界展
H16.3.13-H16.4.18
企画展
16日 2,394人 150人
合計 ( )は常設展示、館主催及び共催展の入場者数と重複しているので合計には含まない。 259日 160,336人 619人
常設展示 - 近代の美術・工芸・写真
H15.4.1-H16.3.31
305日 -人 -人

過去の展覧会

1960年〜 1970年〜 1980年〜 1990年〜 2000年〜 2010年〜
- 1970(昭和45)年度 1980(昭和55)年度 1990(平成2)年度 2000(平成12)年度 2010(平成22)年度
- 1971(昭和46)年度 1981(昭和56)年度 1991(平成3)年度 2001(平成13)年度 2011(平成23)年度
- 1972(昭和47)年度 1982(昭和57)年度 1992(平成4)年度 2002(平成14)年度 2012(平成24)年度
- 1973(昭和48)年度 1983(昭和58)年度 1993(平成5)年度 2003(平成15)年度 2013(平成25)年度
1964(昭和39)年度 1974(昭和49)年度 1984(昭和59)年度 1994(平成6)年度 2004(平成16)年度 2014(平成26)年度
1965(昭和40)年度 1975(昭和50)年度 1985(昭和60)年度 1995(平成7)年度 2005(平成17)年度 2015(平成27)年度
1966(昭和41)年度 1976(昭和51)年度 1986(昭和61)年度 1996(平成8)年度 2006(平成18)年度 2016(平成28)年度
1967(昭和42)年度 1977(昭和52)年度 1987(昭和62)年度 1997(平成9)年度 2007(平成19)年度 -
1968(昭和43)年度 1978(昭和53)年度 1988(昭和63)年度 1998(平成10)年度 2008(平成20)年度 -
1969(昭和44)年度 1979(昭和54)年度 1989(平成元)年度 1999(平成11)年度 2009(平成21)年度 -


このページの先頭へ