京都国立近代美術館京都国立近代美術館 京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

MENU
Scroll

開館状況  ─  

ご利用案内 Information

よくある質問

荷物を預けることはできますか?
無料のロッカー(100円返却式、88台)または1階インフォメーションでお預かりいたします。なお、大きな荷物(リュックやカバンなど)は展示物や他のお客様に意図せずに接触する恐れがありますので、あらかじめお預けいただくようお願いいたします。
作品の撮影(デジタルカメラ・携帯電話のカメラを含む)はできますか?
館内の撮影については、下記のとおり展示場所により取り扱いが異なります。撮影不可の場所もございますが、ご了承くださいますようお願いいたします。
  • 1) 1階展示ロビー及び4階コレクション・ギャラリーでは、フラッシュ、照明および三脚等の固定物はご遠慮ください。また、企画展等を実施している時は、撮影できません。
  • 2) 3階企画展示室では撮影ができません。
  • 3) 上記に関わらず、展覧会・作品によっては撮影をお断りする場合があります。不明な場合は係員にお尋ねください。
会場内でメモはできますか?
簡単なメモは構いませんが、鉛筆のご利用をお願いしております(シャープペンシル、ボールペン、万年筆、毛筆等のご利用はお控えください)。なお、メモの際には、壁や展示ケース等にメモ用紙を当てないようにしていただくとともに、他のお客様の迷惑にならないようにご配慮ください。
館内で飲食はできますか?
1階カフェをご利用ください。館内での飲食(アメ、ガム等を含む)は禁止しております。
障がい者への観覧料の減免等のサービスはありますか?
障がい者等(身体障がい者、精神障がい者、知的障がい者、被爆者、戦傷病者)の方について、その付添者(1名)も含めて無料で観覧いただけます。ご来館の際に証明となる手帳を窓口にてご提示ください。
また当館には通常の駐車場はございませんが、身体障がい者の方については、業務用の駐車場(当館北側面)に駐車可能です。(警備員に証明となる手帳を示して許可を得てください)。駐車できる台数には限りがあります。事前の予約はできませんのでご了承ください。その他、バリアフリー情報のページをご参考ください。
台風などで、臨時休館となることはありますか?
台風接近時、特別警報・暴風警報発表時における当館の対応については、以下のとおりです。
  • 1) 午前7時30分現在、当館所在地(京都市)に特別警報または暴風警報が発表されている場合、午後1時まで全館休館といたします。
  • 2) 午前11時現在、特別警報または暴風警報が継続していた場合、終日全館休館といたします。
  • 3) 午前11時現在、特別警報または暴風警報が解除されていた場合、午後1時から開館いたします。
  • 4) また、午前11時以降、新たに特別警報または暴風警報が発表された場合、直ちに全館休館といたします。
  • 5) 全館休館の場合、展覧会のみならず、関連イベントも全て中止となります。