京都国立近代美術館京都国立近代美術館 京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

MENU
Scroll

開館状況  ─  

展覧会

LOVEファッション―私を着がえるとき

2024.09.13 fri. - 11.24 sun.

フェイスブックにシェア ツイッターに投稿

 服を着ることは人間の普遍的な営みの一つです。そして装いには私たちの内なる欲望が潜み、憧れや熱狂、葛藤や矛盾を伴って表れることがあります。 着る人のさまざまな情熱や願望=「LOVE」を受け止める存在としてのファッション。そこには万華鏡のようにカラフルな世界が広がっています。 今回の展覧会では、KCI所蔵の衣装コレクションを中心に、人間あるいは生物の根源的な欲望や本能を照射するアート作品とともに、ファッションとの 関わりにみられるさまざまな「LOVE」のかたちについて考えます。展覧会を通して、服を着ることの意味について再び考えてみませんか。
*画像(上):ロエベ/ジョナサン・アンダーソン《ドレス(部分)》2022年秋冬、©京都服飾文化研究財団、撮影:来田猛


関連リンク 公式ウェブサイト


会期 2024年9月13日(金)~11月24日(日)

開館時間 午前10時~午後6時
金曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日(ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・休)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)

観覧料 一般:1,700円(1,500円)
大学生:1,100円(900円)
高校生:600円(400円)
※()内は前売りと20名以上の団体
※中学生以下は無料*。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。
※母子・父子家庭の世帯員の方は無料*。
*入館の際に証明できるものをご提示ください。
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

主な展示作品

  • コム デ ギャルソン/川久保玲《トップ、パンツ》
    2020年春夏、©京都服飾文化研究財団
    撮影:来田猛

  • ヘルムート・ラング/ヘルムート・ラング《ドレス》
    2004年春夏、©京都服飾文化研究財団
    ヘルムート・ラング寄贈、撮影:守屋友樹

  • ロエベ/ジョナサン・アンダーソン《ドレス(部分)》
    2022年秋冬、©京都服飾文化研究財団
    撮影:来田猛

  • AKI INOMATA《やどかりに「やど」をわたしてみる –Border –》
    2010/2019年、京都国立近代美術館蔵
    ©AKI INOMATA

  • ヴォルフガング・ティルマンス 《Kyoto Installation 1988–1999:子宮》
    2000年、京都国立近代美術館蔵
    ©Wolfgang Tillmans

  • 原田裕規《Shadowing》
    2023年©Yuki Harada

関連イベント

■プレ・セミナー
日時:
2024年5月18日(土)14時~15時30分
会場:
京都国立近代美術館 1階ロビー
主催:
京都国立近代美術館、公益財団法人 京都服飾文化研究財団
定員:
先着40名(当日12時より1階受付にて整理券を配布します。整理券はひとり1枚のみお渡しします)
参加費:
聴講無料

本展キュレーターより展覧会趣旨と内容についてのご説明、また特別トークとして、作家の朝吹真理子氏と本展出展デザイナーの小泉智貴氏(Tomo Koizumi)に「服へのさまざまな愛情」についてお話頂きます。

-内容 Ⅰ「展覧会概要」 本展キュレーター
牧口千夏(京都国立近代美術館 主任研究員)
石関 亮(京都服飾文化研究財団 キュレーター)
小形道正(大妻女子大学 専任講師)
Ⅱ 特別トーク「服へのさまざまな愛情」 朝吹真理子氏(作家)× 小泉智貴氏(Tomo Koizumi デザイナー)聞き手/石関 亮
Ⅲ 団体鑑賞プログラムのご案内
YouTubeはこちらから

■記念講演会「服は人を作る─物語のなかの「よそおい」」
日時:
2024 年10月12日(土)14:00より
講師:
柴田元幸氏(翻訳家/東京大学名誉教授)
参加費:
聴講無料(要観覧券)

■アーティストによるギャラリー・トーク
日時:
2024 年9月14日(土)14:00より
作家:
原田裕規、松川朋奈、横山奈美
参加費:
聴講無料(要観覧券)

■ワークショップ「LOVEファッション」歌会
日時:
①2024 年9月16日(月・祝) 展覧会鑑賞ツアー+作歌レクチャー
②2024 年10月6日(日) 歌会(短歌鑑賞会)
※①②でひとつのワークショップです
講師:
大森静佳氏(歌人)
参加費:
聴講無料(要観覧券)

次回の展覧会を見る 展覧会トップに戻る