京都国立近代美術館京都国立近代美術館 京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

MENU
Scroll

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/momak/www/wp-content/themes/momak/assets/inc/header.php on line 95

開館状況  ─  

MoMAK Films 2020 中国映画の展開――女性たちの物語 2021年2月26日(金)・27日(土)・28日(日)

 本企画は、京都国立近代美術館と国立映画アーカイブ、中国電影資料館の共同により、中国映画の名作を上映し、その歴史を回顧する試みです。
 今回は数ある作品から厳選し、女性を主人公とした1930年代から1990年代までの作品をお届けします。先進的な映画文化が花開いた30年代の上海で製作された『木蘭従軍』、中国を代表する監督のひとりである桑弧(サン・フー)の作品、そして80年代にデビューし、中国映画の素晴らしさを世界に知らしめた第五世代の監督作まで、時代を超えて語り継がれている中国映画の名作を上映します。

料金 1プログラム 520円(オンライン事前予約制のみ)
※中学生以下無料
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)。
※当日に限り、本券でコレクション展もご覧いただけます。
定員 先着30席
新型コロナウイルス感染予防・感染拡大防止のため、 MoMAK Filmsではお客様に安心して映画を鑑賞していただけるよう実施形態・入場券の販売方法を変更します。
MoMAK Films にご参加の皆様へのお願い(PDF)
チケットの購入方法 こちらからご希望のお日にちを選択いただき、購入ページへお進みください。
会場 京都国立近代美術館 1階講堂
※会場内での飲食はご遠慮ください。
主催 京都国立近代美術館、国立映画アーカイブ、中国電影資料館 中国電影資料館ロゴ
パンフレット 中国映画の展開――女性たちの物語 パンフレット
パンフレット (PDF)

2.26 fri. 14:00-15:34

『木蘭従軍』1939年 『木蘭従軍』 1939年
『木蘭従軍』 1939年 (中国聯合影業公司華成製片廠) 94分・DCP・白黒・日本語字幕付

 戦前の日本で公開された数少ない中国映画の一本。武芸に長けた美女の花木蘭(陳)が、父や亡き兄の国を思う気持ちを察して男装の武者となり、武勲を上げて故郷に錦を飾るという物語。有名な唐代の伝説で、京劇の演目でもある。ディズニーが製作した『ムーラン』(2020、ニキ・カーロ)でも取り上げられた。監督の卜萬蒼(プー・ワンツァン)は、李香蘭(山口淑子)主演『萬世流芳』(1942)の共同監督のひとりでもある。

監督卜萬蒼
脚本欧陽予倩
撮影余省三、陸元亮
美術張漢臣
音楽厳工上
出演陳雲裳、梅熹、劉継群、韓蘭根、洪警鈴、殷秀岑、尤光照、葛福栄

2.27 sat. 14:00-15:38

『祝福』1956年 『祝福』 1956年
『祝福』 1956年 (北京電影製片廠) 98分・DCP・カラー・日本語字幕付

 魯迅の同名小説を映画化。辛亥革命前後を背景に、姑に売られて望まぬ再婚をした未亡人の祥林嫂(白)の悲運を描く。裕福な家から貧しい家まで緻密に再現したセットや、降りつづく雪など、美術の精巧さが目を引くカラー作品。ラストシーンには、原作にないナレーションが付け加わっており、製作者たちが置かれた政治的状況も垣間見える。主演の白楊(パイ・ヤン)は30年代から50年代にかけて高い人気を誇った中国映画を代表する女優。

監督桑弧
原作魯迅
脚本夏衍
撮影銭江
美術池寧
音楽劉如曾
出演白楊、魏鶴齢、李景波、史林、李健、李孟堯

2.28 sun. 14:00-15:40

『秋菊の物語』1992年 『秋菊の物語』 1992年
『秋菊の物語』 1992年 (北京電影学院青年電影製片廠) 100分・DCP・カラー・日本語字幕付

 監督は中国の第五世代の代表的監督である張藝謀(チャン・イーモウ)。過去を題材に映像美を打ち出した『菊豆』(1990)、『紅夢』(1991)から作風を一変させ、本作では当時の社会をリアリズム・タッチで描く。施行されたばかりの行政訴訟法を取り上げている。農村に住む秋菊(鞏)は、夫の股間を蹴った村長に立腹し巡査に訴えるも謝罪を受けられず、郡・県・市の公安へ告訴して回る。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、鞏俐(コン・リー)も主演女優賞に輝いた。

監督張藝謀
原作陳源斌
脚本劉恒
撮影池小寧、于小群、盧宏義
美術曹久平
音楽趙季平
出演鞏俐、雷恪生、戈治均、劉佩琦、楊柳春
MoMAK Films に戻る