没後50年 藤田嗣治展

自画像、1929年、東京国立近代美術館蔵
《自画像》1929年 東京国立近代美術館蔵
© Fondation Foujita / ADAGP, Paris &
JASPAR, Tokyo, 2017 E2833
争闘(猫)、1940年、東京国立近代美術館蔵
《争闘(猫)》1940年 東京国立近代美術館蔵
© Fondation Foujita / ADAGP, Paris &
JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

日本人として世界に生きた画家、藤田嗣治(1886–1968)の没後50年を記念する大回顧展を開催します。
明治半ばの日本に生まれた藤田は、20代後半にパリへ渡り、30代から40代にかけてパリで華々しく活躍。戦時には日本で作戦記録画を多数発表しましたが、戦後の1949年、日本を離れ、翌年にはパリへ帰還し、やがてフランス国籍を取得して欧州で生涯を終えました。
本展では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するのみならず、初来日となる作品や、従来あまり紹介されてこなかった作品も展示いたします。

作品リスト

没後50年 藤田嗣治展

関連リンク

本展特設サイト

会期

2018年10月19日(金)〜 12月16日(日)

開館時間

午前9時30分〜午後5時
ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日

主催

京都国立近代美術館
朝日新聞社
NHK京都放送局
NHKプラネット近畿

後援

在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本

協賛

損保ジャパン日本興亜
大日本印刷
きんでん
JR西日本

特別協力

国際交流基金

協力

東京美術倶楽部
日本航空
日本貨物航空

観覧料

  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 1,500 1,300 1,300
大学生 1,100 900 900
高校生 600 400 400

※ 中学生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
  (入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※ 早割ペア券 2枚で 2,000円
     一般のみ、1名様で2回使用も可
     猫に深い愛情を寄せていた藤田嗣治にちなみ 2,222セット限定販売
     8月1日(水)〜31日(金)の期間限定販売 (ただし、限定枚数完売次第終了)

※ 前売り券は9月1日(土)〜10月18日(木)の期間限定販売
※ チケット販売所:
オンラインチケット(特設サイト)、ローソンチケット(Lコード:55326)、セブンチケット、イープラス
(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)

関連イベント

  • 記念講演会「藤田嗣治の人間と芸術」
    生前の藤田と交流のあった高階氏に、藤田の真髄をお話しいただきます。
    日時:
    10月19日(金)午後2時〜3時30分
    講師:
    高階秀爾(大原美術館館長)
    会場:
    京都国立近代美術館 1階講堂
    定員:
    先着100名(当日午前10時より1階受付にて整理券を配布します)
    参加費:
    無料(本展の観覧券が必要です)
  • 記念トークショー
    「ファッションから藤田を読む―ベル・エポックから狂乱の時代まで」
    林氏を聞き手に、ファッションから絵画を楽しむ新しい視点で、深井氏が藤田に迫ります。
    日時:
    11月10日(土)午後2時〜3時30分
    講師:
    深井晃子(服飾評論家、京都服飾文化研究財団名誉キュレーター)
    聞き手:
    林洋子(美術史家、本展監修者)
    会場:
    京都国立近代美術館 1階講堂
    定員:
    先着100名(当日午前10時より1階受付にて整理券を配布します)
    参加費:
    無料(本展の観覧券が必要です)

広報資料

チラシ  PDF形式(3MB)

 

巡回

東京都美術館  2018年7月31日(火)〜10月8日(月・祝)


このページの先頭へ