近代日本美術史におけるパリと日本

 当展は東京国立近代美術館の本年度特別展として企画され、東京展(1973年9月15日−11月4日)にひきつづき本館で展示されたものである。

 日本の美術は、古来海外からの刺激を積極的に受け入れつつ独自の展開をみせてきたが、近代美術においては主としてヨーロッパ美術との接触が行なわれ、とくに19世紀末から第2次大戦にかけてはパリとの関係が最も密接であった。<近代日本美術史におけるパリと日本>のテーマはこうして生じたが、展覧会の構成にあたっては次の5つの区分が設けられている。

 1.ローランスとコランからの習得。2.印象派とその周辺の受容。3.フォーヴィスム以後の影響。4.エコール・ド・パリ、その他。5.ロダン以後と日本彫刻。そしてコランと黒田清輝、ローランスと鹿子木孟郎らとの比較にはじまり、印象派のピサロ、モネ、ルノワールからセザンヌ、ゴーガンへ、さらにフォーヴィスム、キュビスム、エコール・ド・パリへと進み、日本の方は安井曾太郎、梅原竜三郎、万鉄五郎、前田寛治、佐伯祐三ほか多数が対応されていく。

 このようにして当展は、近代日本美術へのパリの影響関係の実態を明らかにし、またその根本的な性格を再検討するための貴重な機会を与えるものであった。また同時に、今後の日本美術の針路についての大きな反省と示唆をもたらしたものと思われる。

会期
11月10日−12月16日
入場者数
総数9,725人(1日平均303人)
共催
東京国立近代美術館
出品目録
I.ローランスとコランからの習得
作者名 題名 制作年
レオン・ボンナ アルマン・ファリエール大統領 1907
ジャン・ポール、ローランス 信心王ロベールの破門 1875
ジャン・ポール、ローランス マルソーの死
ラファエル・コラン 緑野三美人の図 1895
ラファエル・コラン 無心 1904
百武兼行 ブルガリアの女 1879
五姓田義松 婦人像
黒田清輝 読書 1890-91
黒田清輝 花野(下絵) 1907
藤 雅三 フランス風景
久米桂一郎 裸婦 1890
久米桂一郎 夏の夕 1894
岡田三郎助 セーヌ河の上流 1899
岡田三郎助 髪梳く女 1915
和田英作 懐郷 1902
浅井 忠 グレーの秋 1901
鹿子木孟郎 白衣の婦人 1901-03
中村不折 養身(朝陽) 1915
山下新太郎 窓際 1908
津田青楓 婦人と金絲雀鳥 1920
安井曾太郎 人体デッサン 1907-10
安井曾太郎 人体デッサン 1907-10
安井曾太郎 人体デッサン(男) 1907-10
川島理一郎 兵士と女 c.1911
満谷国四郎 椅子による裸婦 1912
柚木久太 パリの冬 1913
II.印象派とその周辺の受容
作者名 題名 制作年
カミーユ・ピサロ 中庭 1880
エドガー・ドガ 背を拭く女(パステル) 1888
ポール・セザンヌ 風景 1900-06
クロード・モネ ベリールの海(素描)
オーギュスト・ルノワール 坐る裸婦、半身
オーギュスト・ルノワール 緑中三人物 c.1919
ポール・ゴーガン 乾草 1889

作者名 題名 制作年
藤島武二 ヴェルサイユ風景 1906-07
山下新太郎 靴の女 1908
斎藤豊作 夕映の流 1913
有島生馬 1914
安井曾太郎 藁家の庭 1910
安井曾太郎 春の家 1911
安井曾太郎 赤き屋根 1913
児島虎次郎 旭川の夏 1913
梅原龍三郎 ナルシス 1913
梅原龍三郎 黄金の首飾り 1913
梅原龍三郎 ベスビオ 1921
太田喜二郎 新緑の頃 c.1912
金山平三 林檎の下(ブルターニュ) 1912-15
森田恒友 会津風景 c.1910
森田恒友 フランス風景 1914-15
足立源一郎 青き眼の女 1916
黒田重太郎 枯草を運ぶ女 1917
坂本繁二郎 ヴィラ・クラマルト 1922
青木 繁 海景 1904-05
万鉄五郎 裸体美人 1911
万鉄五郎 自画像・赤い目の 1912
万鉄五郎 煙突のある風景 1912
岸田劉生 バーナード・リーチ像 1913

III.フォーヴィスム以後の影響<フォーヴィスム>
作者名 題名 制作年
アンリ・マチス 赤いキュロットのオダリスク 1922
アルベール・マルケ 雪のノートルダム
モーリス・ヴラマンク 帆船 1910
モーリス・ヴラマンク ポプラ c.1914
ラウル・デュフィ アトリエのモデル
ラウル・デュフィ レガッタ
キース・ヴァン・ドンゲン 花の水盤 c.1915-17
シャルル・カモワン 横たわる女
アンドレ・ドラン 1929
正宗得三郎 アトリエ 1925
中川紀元 栗色の帽子 1920
里見勝蔵 1936
硲伊之助
青山義雄 北洋落日 1938
中山 巍 家婦 1924
前田寛治 裸体 1928
中野和高 婦人像 1927
佐伯祐三 雪景色 1927
児島善三郎 鏡を持つ女 1928
林 重義 黄色い帽子 1929
林 重義 モンマルトル、テアトル広場
横山潤之助 裸婦 1926
野口弥太郎 パリの眺め 1932
鳥海青児 ノートル・ダム・ド・パリ 1932
猪熊弦一郎 マドモアゼルM 1940

<キュビスム>
作者名 題名 制作年
アルベール・グレーズ 人物 1936
フェルナン・レジェ 女と静物 1938
パブロ・ピカソ イタリアの女
ジャン・メッツァンジェ 寓意的な構成
アンドレ・ロート 寝台のある室内 1916
アンドレ・ロート 肖像、正面と横 1917
黒田重太郎 渚に坐る女 1922
黒田重太郎 港の女 1922
矢部友衛 裸婦 1920
川口軌外 静物(マンドリン) 1927-28
東郷青児 サルタンバンク 1926
万鉄五郎 もたれてたつ人 1917
古賀春江 埋葬 1922
IV.エコール・ド・パリ、その他
作者名 題名 制作年
シュザンヌ・ヴァラドン ヴァイオリン・ケース 1923
モーリス・ユトリロ コタン小路 c.1911
モーリス・ユトリロ モン・スニ街 1914
アメデオ・モディリアニ ロロット 1917
ジュール・パスキン 坐る女 1924-28
ロジェ・ビシエール 三人の年頃の娘と一匹の番犬 1925
ロジェ・ビシエール 風景 1927
ロジェ・ビシエール 人物 1937
モイズ・キスリング 女道化師 1927
マルセル・グロメール ブランシュ広場 1918
カイム・スーティン 祈る人 1923
石井柏亭 サン・ミッシェル橋 1923
藤田嗣治 わが画室(目覚し時計のある静物) 1921
藤田嗣治 室内、妻と私 1923
小山敬三 薄暮(アルカンタラの橋) 1927
木下孝則 裸婦ナックレ 1930
大久保作次郎 マルセイユの魚売り 1927
中村研一 裸体 1923-28
海老原喜之助 二人の女 1927
岡鹿之助 堀割 1927
荻須高徳 モンマルトル裏 1940
小磯良平 肩掛の女 1929
田崎広助 松林初秋 1932-34
V.ロダン以後と日本彫刻
作者名 題名 制作年
オーギュスト・ロダン 永遠の青春 1884
オーギュスト・ロダン ゴロツキの首
オーギュスト・ロダン ロダン夫人
オーギュスト・ロダン 或る小さき影
アントワーヌ・ブールデル 風の中のベートーヴェン 1904-08
アントワーヌ・ブールデル うずくまる浴女 1908-09
アリスティド・マイヨール イール・ド・フランス 1925
シャルル・デスピオ ジャンヌ(カミエンスカ嬢) 1921
アレキサンドル・アルキペンコ 立っている裸婦 1916
オシップ・ザッキン 光と影 1918
オシップ・ザッキン アコーディオン弾き 1918
オシップ・ザッキン 輪投げ 1930
荻原守衛 坑夫 1907
荻原守衛 1910
高村光太郎 裸婦坐像 1916
高村光太郎 1923
藤川勇造 ブロンド 1913
保田龍門 クリスティーヌの首 c.1923
金子九平次 C嬢の首 1925
清水多嘉示 男の座像 1930
武井直也 1939
山本豊市 エチュード 1927
高田博厚 水浴の女 1961
渡辺義知 c.1932
菊池一雄 ギリシャ人の首 1938
戸張孤雁 足芸 1914
中原悌二郎 若きカフカス人 1919
陽 咸二 ある休職将軍の顔 1929

新聞雑誌関係記事
京都 11月10日
京都 11月15日
読売 11月11日
サンケイ(夕刊) 12月3日(京都展関係のみ)

このページの先頭へ