吉原治良展

 吉原治良は1905年、大阪市に生まれ、中学時代から油絵を独習し、関西学院高等商業部を卒業した1928年春に最初の個展を開いた。それは当時移り住んでいた芦屋で得られる魚をテーマとした作品が主で、自然主義に根ざしながらも,題材の扱いにはシュールレアリスム的要素をもったものであった。この年、関西学院専攻科を中退し、父の製油会社に勤めながら制作にうちこみ、やがてデ・キリコの影響を受けた時代を経て、モンドリアンを主とする、新たに紹介された抽象絵画に傾倒するようになった。藤田嗣治の勧めで、1934年から二科展に出品するようになり、長谷川三郎、山口長男、海老原喜之助らと交り、38年に設立された二科会の九室会に参加して、わが国の前衛運動を推進した。

 戦後、二科会の再建にあたって、会員として参加し、鳥と少女の連作を発表したが、やかでそのフォルムを抽象化した作風に移った。一方、1952年、阪神間に存住する抽象系作家を糾合して現代美術懇談会を結成し、これに参集した新人作家たちは、吉原を中心として、54年に具体美術協会を創立した。吉原は「具体」を場に創作活動を展開し、59年以降は二科展に出品せず、70年に正式に退会した。「具体」は独自性を旗印として、わが国の美術で真に世界に発言できる活動を示したが、それは吉原の力に負う所が大きい。50年代から各種の国際展に出品し、また「具体」の海外展を開催するなど幅広い活動を示した。晩年は円など単純なフォルムのうちに厳しい緊張感と豊かな広がりを示す作風を示し、71年のインド・トリエンナール展でゴールドメダルを受賞したが、72年2月に没した。

 この遺作展は従来余り知られていなかった初期の作品から晩年にいたる代表作品を網羅したもので、改めて吉原のすぐれた画業を回顧するものとして注目された。

会期
5月26日−6月24日
入場者数
総数6,940人(1日平均267人)
出品目録
題名 制作年
鰡とチューリップ 1928
土瓶と魚類 1928
芦屋川の見える建物 1928
手桶の菖蒲 1928
朝顔等 1928
黒い帽子の自画像 1928
手とカード c.1930
手と朝顔 c.1930
縄をまとう男 1931
今津にて 1931
彫刻と花と鳥 1931
帆柱 1931
トンボと果物 c.1931
貝がらと魚 c.1931
廃屋とボート c.1931
犬と雁 c.1931
犬と花 c.1931
潜水夫と犬 c.1931
麦稈帽子と仕事着A c.1931
麦稈帽子と仕事着B c.1931
風景A c.1932
風景B c.1932
風景C c.1932
風景D c.1932
図説 1934
作品(3) 1934
作品 c.1934
作品 c.1934
作品 c.1934
作品 c.1934
作品 c.1934
作品 c.1934
帆柱 1934
作品(ロ) 1935
作品 1935
作品 1935
作品(イ) 1935
作品 c.1935
作品 c.1935
作品 c.1935
作品 c.1935
作品 c.1935
作品 c.1935

題名 制作年
作品 c.1935
作品 c.1935
作品A 1936
作品 1936
作品(ロ) 1936
作品 c.1936
作品 c.1936
作品 c.1936
作品 c.1935-40
作品 c.1935-40
夜、卵、雨 1937
作品 c.1937
作品 1938
1942
c.1942
火山 1943
鳥と女 c.1948

題名 制作年
涙を流す顔 1949
鳥と少女 1949
鳥と人間 1949
涙を流す顔 1949
鳥と少女 1950
少女と七羽の鳥 1950
作品 1952
作品 1952
作品 1952
少女と鳥 c.1952
群像 c.1952
猫と魚 c.1952
作品 c.1952
作品 1953
作品 c.1953
原始 c.1953
作品 c.1953
作品 c.1954
作品 1957
作品 1959
作品 c.1959
作品 c.1959
作品 1960
作品 c.1960
作品 c.1960
作品 1961
作品 1961
作品 c.1962
作品 c.1962
作品 c.1962
作品(白地に黄円) 1963
Untitled 1963
WhiteCircleonRed 1963
作品 c.1963
作品B 1964
作品(黒字に黄土円) 1966
作品(黒字に白円) 1966
白い円 1967
作品(黒字に白丸) 1967
作品(白地に黒横一) 1967
作品(白地に黒縦一) 1967
作品(黒地に白円) 1968
作品(黒地に白い点の円) 1971
作品A 1971
作品B 1971
作品C 1971
作品(黒地に白円) 1971
作品(黒地に白四角) 1971

題名 制作年
作品 1971
作品(黒地に細いロ) 1971
作品 1971
作品 1971
作品 1971
作品 1971
作品 1971
スケッチ16点

新聞雑誌関係記事
毎日(夕刊) 4月18日
読売(夕刊) 5月28日
サンケイ(夕刊) 6月4日
朝日(夕刊) 6月9日
毎日(夕刊) 6月12日
京都 6月15日
みづゑ No.819(1973年6月)(針生一郎)(元永定正)

このページの先頭へ