学習支援活動

「ポール・スミス」展ワークショップ
 『ボタン dé ぼたん』

「ポール・スミス展」ワークショップ 『ボタン de ぼたん』

 ボタンを使って、みんなで大きなぼたん(牡丹)を作ろう!
 服に付いているボタンは私たちにとって身近な存在ですが、ボタンそれ自体を気に留める機会は案外少ないのではないでしょうか? 今回のワークショップの主役は、ピンク、赤、黄、緑のボタン。大きさ、形、手触りがさまざまなボタンをみんなで並べて、伝統的な「牡丹」模様の制作に挑戦します。なお、完成した作品は「ポール・スミス」展の閉幕まで美術館1階ロビーに展示し、ご来館の皆さんにご覧いただきます。
 みなさんのご参加、お待ちしています!

日時
2016年7月9日(土)午後1時〜

対象
どなたでも(小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください)

定員
15名(要申込・先着順)
※定員に達したため受付を終了しました

会場
京都国立近代美術館 1Fロビー

参加費
無料 ※不要になった「ピンク色のボタン」があれば当日ご持参ください。

ナビゲーター
戸矢崎 満雄(神戸芸術工科大学教授)

申し込み方法
2016年6月20日(月)午前10時より、メール・電話で受付を開始します。

メールで
  • 申込メールアドレス:info@ma7.momak.go.jp
  • 申込メール件名:ワークショップ申し込み
  • 記載事項:下記をコピーし、必要事項を書き加えてお申込みください。
    【  】内は必要な部分を残して他を削除してください。
    • ----ここから----
    • 氏名(ふりがな):
    • 年齢:
    • 性別:【男・女】
    • 連絡用メールアドレス:
    • 携帯電話番号:
    • 見学者がいる場合、人数とお名前:
    • ----ここまで----
お電話で(平日午前10時〜午後5時)
  • 電話番号:075-762-1711(京都国立近代美術館 学芸課・学習支援係)
  • 以下の項目をすべてお伝えください。
  • @ 氏名 A 年齢 B 性別 C 連絡用メールアドレス D 携帯電話番号
    E 見学者がいる場合、人数とお名前

申し込み締切
定員に達し次第終了とさせていただきます。

ピンク色のボタンを募集中!
「ポール・スミス展」ワークショップ 『ボタン de ぼたん』ワークショップ当日の7月9日(土)午前中まで、「ボタン dé ぼたん」制作のためのピンク色のボタンを募集します。不要になった洋服のボタンや家に保管されているボタンなど、ピンク色であれば形や大きさはどんなものでも構いません。あなたのボタンが作品の一部になります。美術館の1階に回収箱を設置していますので、ぜひご協力ください!
※ボタンご提供者のお名前は公表いたしません。またボタンは返却できませんのでご了承ください。
※当日の制作の都合によっては、お寄せいただいたボタン全てを使用できない場合もあります。
遠方にお住まいの方やボタンの量が多い方は、郵送でも受け付けています。
(※送料はご自身でご負担くださいますよう、あらかじめご了承ください。)
あて先:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
    京都国立近代美術館「ボタン dé ぼたん」係


このページの先頭へ