京都国立近代美術館オープンデー2020
「ひらきまつり!」

寒い冬に、アツアツなイベント尽くしの3日間がやってきます!
五感を使ったワークショップに、手で触れる作品鑑賞プログラム、点字とデザインについて考えるトークセッションや、音に着目したまちあるきまで。障害のある方もない方もいろんな感覚をつかいながら、美術館でのひと時をいっしょに過ごしませんか。
※一部のプログラムは、事前のお申し込みが必要となります。

日時
2020年2月7日(金)、8日(土)、9日(日)
会場
京都国立近代美術館 交通アクセス
対象
どなたでも(視覚障害、聴覚障害のある方のご参加も歓迎します)
参加費
無料(※2月8日「手だけが知ってる美術館」に参加される方は、「ニーノ・カルーソ展」の観覧券を事前にご準備ください。)
主催
新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業実行委員会(事業実施中核館:京都国立近代美術館)
お問い合わせ
本イベントについて、不明な点やお問い合わせはこちら
プログラム
2月7日(金)
2月8日(土)
2月9日(日)

イベント申込フォーム


ワークショップ「記憶の空間を旅しよう」

茶会ワークショップ「記憶の空間を旅しよう」

音や香り、味や手触りとともに思い出す、あなたの好きな場所はありますか?−このワークショップでは、みなさんにそれら五感で味わうモノをご持参いただきます。フィンランドの森にあった古い小屋から齋藤さんが制作したティーセットを使って、「記憶の空間」へ旅にでるワークショップです。

日時
① 2月7日(金)14:00~16:00
② 2月8日(土)13:00~15:00
所要時間は30分です。なおグループに分かれて行いますので、集合時間は参加者に個別にお知らせします。
対象
小学生以上、どなたでも
定員
各日15名(事前申込制、希望者多数の場合は抽選)
講師
齋藤名穂(建築家・UNI DESIGN)
参加費
無料
申込方法
参加をご希望の方は、1月29日(水)午後5時までにウェブフォームからお申し込みください。
申込者多数の場合は抽選を行い、結果・集合時間は1月31日(金)までにご連絡をいたします。

【講師プロフィール】

齋藤名穂(さいとう・なお)
建築家、デザイナー、UNI DESIGN主宰。「ルート ブリュック 蝶の軌跡」展 (2019)、「世界を変える美しい本−インド・タラブックスの挑戦」展(2017) 会場構成(共にEurekaと共同)。「さわる小さな庭園美術館」、「五感と想像力で歩く建築ツアー」(2014 東京都庭園美術館)。「さわる赤のコレクション」(群馬県立近代美術館)、東京国立博物館本館の触知図、「Play, Paper, Scissor」(2007年 アアルトミュージアム/フィンランド)など。
UNI DESIGN


トークセッション「点字でチラシをつくるとは」

「感覚をひらく」ではこれまで、視覚障害のある方にも晴眼者の方にも情報を届けるために、点字と墨字を使ったチラシデザインを試みてきました。このトークセッションでは、当事業のチラシ制作に関わられたデザイナーをお招きし、点字の入ったチラシをデザインする中で何を考えたかについて、それぞれお話をうかがいます。続いて、視覚障害のある当事者の立場からのコメントをいただきながら、点字を入れたチラシをつくることの意味を問い直します。

日時
2月7日(金)17:30~19:30
会場
京都国立近代美術館 1階講堂
定員
80名(当日16時から1階受付にて整理券を配布します)
参加費
無料
プログラム
第1部:話題提供 西村祐一(Rimishuna)、北原和規(UMMM)、坂田佐武郎(Neki inc.)
第2部:ディスカッション コメンテーター:広瀬浩二郎(国立民族学博物館)、福井哲也(日本ライトハウス)

【登壇者プロフィール】

西村祐一(にしむら・ゆういち)
1985年生まれ。藤村龍至建築設計事務所(現・RFA)、neucitora勤務を経て、2015年デザインスタジオ「Rimishuna」及びメディアプロジェクト「LOG/OUT project」の活動をはじめる。2018年パブリッシングレーベル「Rimishuna Books」より『Medium Logistics』を刊行。

北原和規(きたはら・かずき)
1981年大阪生まれ。2012年京都にてUMMM設立。様々な美術を中心に宣伝美術・企画・空間などを担う。近年の主な仕事として、KYOTOGRAPHIE、THEATRE E9 KYOTOのアートディレクション。2018年KIWI BOOK vol.2 刊行。芸術計画 超京都 所属。京都造形芸術大学 非常勤講師。

坂田佐武郎(さかた・さぶろう)
1985年京都・宇治生まれ。京都造形芸術大学 情報デザイン学科を卒業。卒業後3年間、graf(大阪)にてデザイナーとして勤務し、2010年に独立。その後、Neki inc.を設立。京都を拠点に主にグラフィックデザインの分野で活動。「ひらきまつり!」のチラシデザインを担当。

広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)
国立民族学博物館准教授。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、"さわる"をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。最新刊の『触常者として生きる: 琵琶を持たない琵琶法師の旅』(伏流社)など、著書多数。

福井哲也(ふくい・てつや)
1958年生まれ。生まれつき強度弱視で、10歳ごろ全盲となる。2001年、社会福祉法人日本ライトハウスに入職。点字出版部門で点字図書の編集・校正に携わる。特に、触る図を含む小・中・高校の点字教科書の製作に関わっている。触って楽しめる博物館などをいつも探している(道具や機械のメカ、建築物の模型等に興味あり)。


手だけが知ってる美術館 第3回 ニーノ・カルーソの陶芸

ニーノ・カルーソ
ニーノ・カルーソ 1974年頃

イタリア現代陶芸の代表作家ニーノ・カルーソ(1928–2017)の作品を、当館研究員や参加者のみなさんと対話しながら手で触れてじっくり鑑賞します。作品の質感や大きさ、制作プロセスをさわって学び、カルーソ作品の魅力を身体で感じてみませんか。視覚に障害のある方のご参加も歓迎します!
展覧会「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」

日時
2月8日(土)10:30~12:00
会場
京都国立近代美術館
対象
小学生以上、どなたでも
定員
20名(事前申込制、希望者多数の場合は抽選)
参加費
無料(ただし、「ニーノ・カルーソ展」の観覧券を事前にご準備ください)
申込受付
参加をご希望の方は、1月29日(水)午後5時までにウェブフォームからお申し込みください。
申込者多数の場合は抽選を行い、結果・集合時間は1月31日(金)までにご連絡をいたします。

齋藤名穂講演会「五感と記憶がつくる建築・空間」

講演会「五感と記憶がつくる建築・空間」
撮影者:Hideki Ookura

フィンランド視覚障害者協会の複合施設に制作した「目の見える人と見えない人が一緒に読む地図」(2014年)が、私がミュージアムの仕事を始めたきっかけです。
そこから、フィンランドと日本で、さわる地図やさわるコレクション、建築空間をテーマにしたワークショップ、展覧会の会場構成と、様々な形でミュージアムのデザインに関わってきましたが、その根底には、他者と自分の空間認識は異なる、というさわる地図を通した発見があります。
身体スケールやシークエンスを展示に組み込んでいくこと、作品と建築空間の関係性など、建築家がミュージアムでデザインする時、それはアウトプットのスケールに関係なく、持ち込める視点があると思って日々仕事をしています。それはつまり、ミュージアムでの鑑賞体験を日常空間へどうつなげていくかをデザインすることだと思うのです。 (齋藤)

日時
2月8日(土)16:00~18:00
会場
京都国立近代美術館 1階講堂
定員
80名(当日15時から1階受付にて整理券を配布します)
講師
齋藤名穂(建築家・UNI DESIGN)
参加費
無料

トーク&ワークショップ
音のズームレンズ Ontenna「オンテナ」を使って岡崎まちあるき!

講演会「五感と記憶がつくる建築・空間」

流れる水、踏む小石がもつ「音の形」を感じてみよう。音を振動と光に変換して伝えてくれるOntenna「オンテナ」。日常に潜む音をひろってくれるOntennaは、まるで音のズームレンズです。開発者の本多達也さんと、開発の思いを伺いながら、一緒に岡崎公園を巡ります。
(手話通訳があります)

日時
2019年2月9日(日)10:00~12:00
会場
京都国立近代美術館、岡崎公園(予定)
対象
小学生以上、どなたでも(聴覚障害のある方の参加も歓迎します)
定員
30名(事前申し込み制、希望者多数の場合は抽選)
講師
本多達也(Ontennaプロジェクトリーダー)
参加費
無料
申込受付
参加をご希望の方は、1月29日(水)午後5時までにウェブフォームからお申し込みください。
申込者多数の場合は抽選を行い、結果・集合時間は1月31日(金)までにご連絡をいたします。

【講師プロフィール】

本多達也(ほんだ・たつや)
1990年 香川県生まれ。大学時代は手話通訳のボランティアや手話サークルの立ち上げ、NPOの設立などを経験。人間の身体や感覚の拡張をテーマに、ろう者と協働して新しい音知覚装置の研究を行う。2014年度未踏スーパークリエータ。2019年度キッズデザイン賞 特別賞。2019年度グッドデザイン賞金賞。


萌えいずる声 百瀬文《聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと》上映+シンポジウム

 わたしたちの生活は声とともにあります。会話をはじめ、映画・アニメーションや歌謡のように、声は人間の表現・意思と深い関係を築いてきました。
 その一方で、記録技術のさらなる発達によって、ほかの声がかき消えるほどの大声が響き渡る場、強制的に声を発せられている場も身近に感じられるようになりました。そこには、声をめぐる静かな絶望も横たわっています。
 このように、声はますます複層的な姿を現しています。そこで、声と身体・意思のありようを新たな角度で検証することを目的に、上映とシンポジウムを開催します。
 まず、ろう者(手話を主なコミュニケーション方法とする人たち)と聴者が声によって語り合う映像である、百瀬文《聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと》を上映します。つぎに、作家と3名のコメンテーターによる指定発言と討議を行います。
(手話通訳、文字通訳があります)

日時
2019年2月9日(日)13:00~17:00(開場12:30)
会場
京都国立近代美術館 1階講堂
定員
100名(当日12時より1階受付にて整理券を配布します)
※手話通訳や文字通訳が必要な方は、1週間前(2月3日)までに以下までご連絡ください。 <問い合わせ先>
京都国立近代美術館 教育普及室
メール learning@ma7.momak.go.jp
FAX: 075-752-0509
電話: 075-761-4111(平日10時~17時まで)
参加費
無料
主催
京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡田温司研究室
共催
新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業実行委員会、京都国立近代美術館
登壇者
岡田温司(京都大学大学院教授)
木下知威(日本社会事業大学)
黒嵜想(批評家)
百瀬文(映像作家)
本橋仁(京都国立近代美術館)*司会

【登壇者プロフィール】(五十音順、敬称略)

岡田温司(おかだ・あつし)
1954年生まれ。京都大学大学院教授。専門は西洋美術史。 著書に『映画と黙示録』(みすず書房)『映画と芸術と生と』(筑摩書房)『もうひとつのルネサンス』『ルネサンスの美人論』『モランディとその時代』(以上、人文書院)など。訳書にG・アガンベン『スタンツェ』(ありな書房)、J・クレーリー『知覚の宙吊り』(監訳、平凡社)など多数。

木下知威(きのした・ともたけ)
1977年生まれ。日本社会事業大学 非常勤講師。専門は建築計画学、建築史、視覚文化論。幕末から明治・大正期にかけての盲唖学校(盲人・聾唖者が通学する学校)の建築空間・社会・文化を通じて、盲人と聾唖者について考察している。著述に「点字以前」『伊沢修二と台湾』「指文字の浸透」など。

黒嵜想(くろさき・そう)
1988年生まれ。批評家。音声論をテーマとし、多様な活動を展開している。活動弁士・片岡一郎氏による上映会「シアター13」企画のほか、声優論『仮声のマスク』(批評誌『アーギュメンツ』)、Vtuber論(『ユリイカ』2018年7月号)など。『アーギュメンツ#2』では編集長、『アーギュメンツ#3』では仲山ひふみと共同編集を務めた。

百瀬文(ももせ・あや)
1988年東京都生まれ。アーティスト、映像作家。ビデオを通して身体と声の関係性を問いかける。近年の主な個展に「I.C.A.N.S.E.E.Y.O.U」(EFAG East Factory Art Gallery, 2019年)、主なグループ展に「六本木クロッシング2016展: 僕の身体、あなたの声」(森美術館、2016年)などがある。


▲PAGE TOP