このコンテンツでは、本ウェブサイトに関連する展覧会「チョウの軌跡 長谷川三郎のイリュージョン」の情報を掲載しています。

  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真
  • 会場写真

展覧会概要

感覚をひらく新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業
エデュケーショナル・スタディズ04
Opening the Senses
Project to Promote Innovative Art Appreciation Programs
Educational Studies 04

チョウの軌跡 長谷川三郎のイリュージョン Locus of a Butterfly: HASEGAWA Saburo's Illusion

1937年、長谷川三郎は《蝶の軌跡》という抽象絵画を描きました。画面は8の字や楕円、点々や荒い筆致だけで構成されているため、どこにチョウの動いた軌跡が描かれているのか分かりません。ただ、画面のなかで何かが動いていた気配だけが漂ってきます。こうした抽象絵画から受ける目に見えない気配のような感覚は、どのように伝え合うことができるのでしょうか。

本プロジェクト*1では、中村裕太(A)、安原理恵(B)、松山沙樹(C)の3人が、この作品と同じ大きさのキャンバスの上で、長谷川の筆致をなぞりながら言葉を交わし、図録や美術雑誌などの文献資料を読み合わせ、さらに動物行動学からチョウの飛ぶ道を検証していきました。そして、粘土やロープ、小豆などの素材を組み合わせることで、触れることで想像力が刺激される《蝶の軌跡》の触図*2を作り出していきました。

展覧会では、3人の会話や行動をもとに《蝶の軌跡》にまつわる長谷川の思索を推し量りながら制作した14種の触図を展示空間に設えます。会場を巡りながら、触図を見て、聴いて、触れることで抽象絵画の新たな鑑賞方法を探っていきます。

  • *1 京都国立近代美術館では、「みる」ことを中心としてきた美術鑑賞のあり方を問い直し、「さわる」、「きく」などの感覚を使うことで誰もが作品に親しみ、その新たな魅力を発見・共有していく「感覚をひらく」事業を行っています。2020年度からは作家(Artist)、視覚障害のある方(Blind)、学芸員(Curator)がそれぞれの専門性や感性を生かして協働し、所蔵作品の新たな鑑賞プログラムを開発する「ABCプロジェクト」に取り組んでいます。
  • *2 触図とは、作品の構図や色合いなどを触覚情報に変換・翻案して表した図。

展覧会情報Exhibition

会場

京都国立近代美術館
4階コレクション・ギャラリー
アクセス

会期

2023年10月5日(木)〜12月17日(日)

休館日

月曜日

  • ※ただし10月9日(月・祝)は開館し10日(火)は休館
開館時間

10時〜18時

  • ※ただし10月6日、12月15日を除く金曜日は20時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観覧料

一般430円(220円)
大学生130円(70円)

  • ※( )内は20名以上の団体料金、および夜間割引料金(金曜午後6時以降)
  • ※高校生以下、18歳未満および65歳以上、心身に障がいのある方とその付添者1名は無料(入館の際に証明できるものをご提示ください)
主催

京都国立近代美術館

特別協力

甲南学園長谷川三郎記念ギャラリー

関連図版

  • 《蝶の軌跡》に向かい合って言葉を交わす
  • キャンバスに長谷川三郎の筆致をなぞる
  • 長谷川三郎にまつわる文献資料を読み合わせる
  • 動物行動学からチョウの飛ぶ道をさぐる
  • キャンバスに《蝶の軌跡》の触図をつくる

プロフィールProfile

長谷川三郎HASEGAWA Saburo

1906年山口県下関市生まれ。1924年甲南高等学校在学中、信濃橋洋画研究所に通い小出重に師事。1929年東京帝国大学文学部を卒業後、1932年までアメリカとヨーロッパを遊学。1937年村井正誠、瑛九らと「自由美術家協会」を結成。第1回展には《蝶の軌跡》を含む14点を出品。同年にはピエト・モンドリアンやハンス・アルプなど欧米の抽象芸術を紹介した『アブストラクトアート』を刊行。戦後は、イサム・ノグチらと親交し、日本文化の紹介に努めるとともに、書、水墨、木版、拓本などを発表。1953年吉原治良、瀧口修造らと「日本アブストラクト・アート・クラブ」を設立、同年、「抽象と幻想」展(国立近代美術館、東京)にてパネルを構成。1954年渡米後、講演や個展を行う。1957年サンフランシスコにて没。

中村裕太NAKAMURA Yuta

1983年東京生まれ、京都在住。2011年京都精華大学博士後期課程修了。博士(芸術)。京都精華大学芸術学部准教授。〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点から陶磁器、タイルなどの学術研究と作品制作を行なう。近年の展示・プロジェクトに「第17回イスタンブール・ビエンナーレ」(バリン・ハン、2022年)、「眼で聴き、耳で視る|中村裕太が手さぐる河井寬次郎」(京都国立近代美術館、2022年)、「万物資生|中村裕太は、資生堂と  を調合する」(資生堂ギャラリー、2022年)、「ツボ_ノ_ナカ_ハ_ナンダロナ?」(京都国立近代美術館、2020年)、「in number, new world / 四海の数」(芦屋市立美術博物館、2019年)。著書に『アウト・オブ・民藝』(共著、誠光社、2019年)

nakamurayuta.jp

関連イベントEvents

ギャラリートーク
  • 日時:2023年10月14日(土)16時~17時
  • 会場:京都国立近代美術館
    4階コレクション・ギャラリー
  • 話し手:中村裕太(作家)、安原理恵、仲村健太郎・小林加代子(Studio Kentaro Nakamura)、松山沙樹(当館研究員)
  • 定員:先着30名
    • ※当日15時より1階インフォメーションにて整理券を配布します。
  • 参加費:無料
    • ※コレクション・ギャラリーの観覧券が必要です。

ABCのメンバーと本展のデザインチーム(D)が展示のみどころやプロジェクトの裏側を語り合います。

トークセッション
  • 日時:2023年11月5日(日)14時~17時
  • ゲスト:広瀬浩二郎(国立民族学博物館教授)

抽象絵画をどう「さわる」のか、会場で触図に触れながらその意義や可能性について話し合います。詳細・その他のイベントについてはウェブサイトをご確認ください。

奥付

  • 写真:表恒匡
  • 音声・動画:麥生田兵吾
  • フライヤーデザイン・ウェブサイト制作:
    Studio Kentaro Nakamura

ABCコレクション・データベースvol.3 長谷川三郎《蝶の軌跡》のイリュージョン