京都国立近代美術館京都国立近代美術館 京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

MENU
Scroll

開館状況  ─  

展覧会

生誕120年 人間国宝 黒田辰秋―木と漆と螺鈿の旅―

2024.12.17 tue. - 03.02 sun.

フェイスブックにシェア ツイッターに投稿

京都を拠点に活躍した黒田辰秋は昭和45(1970)年には木工芸の分野において初めてとなる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された日本を代表する木漆工芸家です。その制作は、当時一般的であった分業制に疑問を持ち、図案制作、素地作りから加飾までを一貫して自身で行うもので、実用性と装飾性、素材の特性を一体化させたところに独自の創作世界を切り開きました。本展は、黒田の生誕120年を記念して開催するもので、初期から晩年までの代表作を通じて日本工芸史に確かな足跡を残した作家の生涯を紹介いたします。
*画像(上):黒田辰秋《拭漆文欟木飾棚》1966年 京都国立近代美術館蔵



会期 2024年12月17日(火)~2025年3月2日(日)

開館時間 午前10時~午後6時
金曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日(ただし、1月13日、2月24日は開館)、
1月14日(火)、2月25日(火)、
年末年始(12月29日~1月3日)

観覧料 一般:1,200円(1,000円)
大学生:500円(400円)
※()内は20名以上の団体及び夜間割引(金曜午後6時以降)
※高校生以下・18歳未満は無料*。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。
※ひとり親家庭の世帯員の方は無料*。
*入館の際に証明できるものをご提示ください。
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

主な展示作品

  • 黒田辰秋《朱蒔粉塗鹿花文文庫》1925年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《朱漆宝結文円卓》1936年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《螺鈿象嵌菖蒲紋様手筥》1938年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《螺鈿卍文茶器》1940-44年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《拭漆文欟木飾棚》1966年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《拭漆チーク飾筥》1968年 京都国立近代美術館蔵

  • 黒田辰秋《朱螺鈿大名縞手箱》1970年代 京都国立近代美術館蔵

巡回
豊田市美術館 2025年3月15日(土)~5月18日(日)

展覧会トップに戻る