京都国立近代美術館京都国立近代美術館 京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

MENU
Scroll

開館状況  ─  

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

展覧会

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022.10.14 fri. - 01.22 sun.

フェイスブックにシェア ツイッターに投稿

 ドイツ第4の都市、ケルン市が運営するルートヴィヒ美術館は、20世紀から現代までに特化した世界有数の美術館です。その優れたコレクションは、市民からの寄贈をもとに形成されてきました。本展覧会では、館名に名を冠するルートヴィヒ夫妻をはじめとするコレクターたちに焦点を当て、ドイツ表現主義や新即物主義、ロシア・アヴァンギャルド、ピカソ、ポップ・アートなど、絵画、彫刻、写真、映像を含む代表作152点をご紹介します。
※一部東京会場のみでの展示作品があります。


関連リンク 公式ウェブサイト

プレスリリース プレスリリース(PDF 4MB)
プレスの方はこちらからご覧いただけます。


チケットを購入

※日時予約制ではございません。当館の券売窓口でもご購入いただけます。

会期 2022年10月14日(金)~2023年1月22日(日)

開館時間 午前10時~午後6時
金曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合があります。来館前に最新情報をご確認ください。

休館日 月曜日(ただし、2022年12月26日(月)と2023年1月9日(月・祝)は開館)、年末年始(2022年12月29日~2023年1月3日)

観覧料 一般:2,000円(1,800円)
大学生:1,100円(900円)
高校生:600円(400円)
*( )内は前売りおよび20名以上の団体
* 中学生以下は無料*。
* 心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。
* 母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*。
*入館の際に証明できるものをご提示ください
* 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
* 前売券は8月22日(月)から10月13日(木)までの限定販売
* 販売場所:オンラインチケット、チケットぴあ(Pコード:686-187)、ローソンチケット(Lコード:52562)、セブンチケット(セブンコード:096-665)、イープラスほか主要プレイガイドやコンビニエンスストアなど(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)

主な展示作品

  • カジミール・マレーヴィチ《スプレムス 38番》
    1916年、油彩/カンヴァス、102.5 x 67.0 cm
    Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 01294.
    (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d033965_01)

  • ワシリー・カンディンスキー《白いストローク》
    1920年、油彩/カンヴァス、98.0 x 80.0 cm
    Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 10003.
    (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d056273_01)

  • マックス・ベックマン《恋人たち》
    1940-43年、油彩/カンヴァス、60.0 x 80.0 cm
    Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 76/3022.
    (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_c001125)

  • エルンスト・バルラハ《うずくまる老女》
    1933年、木、56.0 x 33.0 x 30.0 cm
    Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 76/SK 0047.
    (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_c005052)

  • モーリス・ルイス《夜明けの柱》
    1961年、アクリル絵具/カンヴァス、220.0 x 122.0 cm
    Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 01091.
    (Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d040139)

関連イベント

■講演会「Collecting for the Public: Irene and Peter Ludwig(公共のための作品収集:イレーネ&ペーター・ルートヴィヒ)」
日時:
2022年10月14日(金)午後5時30分~7時
講師:
カルラ・クギーニ(ペーター&イレーネ・ルートヴィヒ財団理事長)
※ 英語での講演に逐次通訳がつきます
会場:
京都国立近代美術館1階講堂 +ウェブ配信
定員:
先着80名・事前申込制(申込みフォーム
参加費:
無料

ウェブでの配信の詳細につきましては後日ホームページでご案内いたします。

■クロストーク「展覧会が社会を開くーコレクターたちが見た時代の記録と提言ー」
日時:
2022年11月20日(日)午後2時~4時
講師:
長屋光枝(国立新美術館学芸課長)
池田祐子(当館副館長・学芸課長)※ともに本展担当者
会場:
京都国立近代美術館1階講堂
定員:
先着80名(予定)・事前申込制
参加費:
無料

お申し込みの詳細につきましては、後日ホームページでご案内いたします。

広報資料 チラシ(PDF 4MB)

次回の展覧会を見る 展覧会トップに戻る