京都国立近代美術館「さわるコレクション」が完成しました!

京都国立近代美術館「さわるコレクション」

 京都国立近代美術館に所蔵される代表作を選び、さわる図(触図)と文章で紹介する教材「さわるコレクション」を製作しました。
 その作品に描かれている内容や、陶芸作品などの形をさわって知っていただける「さわるシート」と、図だけでは表せない作品の色や技法、あるいは制作背景などを記した「文字情報」の二つで構成されています。文字情報は、点訳してエンボス印刷した点字シートとなっています。この二点が、点字シートと同じ内容を拡大文字でも印刷した紙製ファイルに収められています。また、「さわるシート」の印刷には、各作品の特徴を表現するために適した印刷技術を検討し、いずれも異なる印刷の手触りになっていることも特徴です。

 「さわるコレクション」は、希望される方への送付も行っています(送料着払い)。申込書に必要事項を記入の上、FAXまたは郵送でお申し込みください。
「さわるコレクション」申込書ダウンロード(PDF形式:580KB)

さわるコレクション 紹介

平成29年度は、所蔵作品から3点を選んで作成しました。
写真をクリックすると大きく表示されます。

浅井忠《編み物》明治34(1901)年

さわるコレクション 浅井忠、編み物、明治34(1901)年
「さわるシート」の印刷:バーコ印刷
熱によって膨らむ樹脂パウダーを印刷面にふり掛けて、印刷する方法。艶のある手触りをもち、細い線も表現することができます。作品の主題である編み物の毛糸玉や、女性のふんわりとした衣服を表現するために、この印刷方法を選択しました。

福田平八郎《竹》昭和17(1942)年

さわるコレクション 福田平八郎、竹、昭和17(1942)年
「さわるシート」の印刷:熱入り型押し
金属の型を使って、紙の表面を押し出す、あるいは凹ませることが出来る技術です。福田平八郎の描いた竹の平坦な印象を伝えるために、平滑な平面が得られる、この加工を選択しました。

河井寛次郎《打薬扁壺》昭和37(1962)年

さわるコレクション 河井寛次郎、打薬扁壺、昭和37(1962)年
「さわるシート」の印刷:エンボス印刷による点図
壺の不思議な形を伝えることに焦点を絞り、いくつかの角度から見たときの形を表す図と、図の方向性を点字で紹介することが重要と考え、点字も印刷しているエンボス技術で図と文字を併記しました。