お知らせ

京都市立芸術大学シンポジウム 創造のためのアーカイブ 重点事業part1
「富本憲吉のことば」

趣旨

 京都市立芸術大学主催によるシンポジウム「富本憲吉のことば」を開催いたします。
 人間国宝・文化勲章受章者として名高い陶芸家である富本憲吉は、京都市立芸術大学の前身である京都市立美術大学で教授や学長を務め、在任中には陶磁器専攻科を創設し、後の人間国宝・近藤悠三ら後進の育成にも力を尽くしました。
 このシンポジウムでは、富本憲吉文化資料館長による、書簡に焦点をあてた富本の活動紹介をはじめ、富本と親交のあった美術評論家と富本の指導を受けた二人の陶芸家が、当時の教科書「わが陶器造り」をもとに富本のことばを再検証し、その教えをたどります。あわせて、会場では富本憲吉記念館より京都市立芸術大学に寄贈された書簡等資料の一部を展示します。

日時
2013年12月1日(日)13:00〜16:00

会場
京都国立近代美術館1階講堂

入場料
無料

定員
100名
※事前申込不要,当日先着順

主催
京都市立芸術大学アーカイバルリサーチセンター準備委員会
京都市立芸術大学(特別研究助成事業)

協力
富本憲吉文化資料館
京都国立近代美術館
立命館大学 アート・リサーチセンター

問い合わせ先
京都市立芸術大学アーカイバルリサーチセンター
準備委員会事務局 (教務学生担当)
電話:075-334-2006
http://www.kcua.ac.jp/event/20131201symposium/
このページの先頭へ