お知らせ

ロジャー・ビュルゲル氏 レクチャー

Roger

2007年第12回ドクメンタ、2012年釜山ビエンナーレのディレクターを務めるドイツ人の美術批評家およびキュレーターのロジャー・ビュルゲル氏の特別レクチャーを開催します。

日時
7月29日(日)午後2時30分〜4時30分

会場
京都国立近代美術館1F講堂

定員
100名(午後1時から1Fインフォメーションにて整理券を配布します)
※聴講無料、逐次通訳付き(和訳)

ロジャー・ビュルゲル Roger M. Buergel プロフィール

1962年ベルリンに生まれる。ウィーン美術アカデミーおよびウィーン大学を卒業し、バルセロナ現代美術館ゲストキュレーター、リューネブルク美術大学、カールスルーエ美術アカデミー講師等を経て、第12回ドクメンタ(2007年)ではルート・ノアック氏とともに芸術監督を務める。今秋開幕する釜山ビエンナーレ(2012年)の芸術監督。 主な企画展に、アイ・ウェイウェイ展(2010年、DKM美術館)、「政府The Government」(2003-2005年、リューネブルク大学美術館ほか巡回)等。釜山ビエンナーレでは「学びの庭 Garden of Learning」をテーマに掲げ、参加アーティストと地域の人々で組織されたカウンシルを中心として、美術作品を介した議論の場を広く提供するプログラムを提案している。またチューリヒにて設立準備中のヨハン・ヤコブス博物館(2013年開館予定)では、世界の交易路に関する調査研究を美術館の活動方針の一つとしている。

関連サイト
ART iT 「2011年 記憶に残るもの ロジャー・ビュルゲル」
e-flux  「Busan Biennale」
このページの先頭へ