お知らせ

イチハラヒロコ+箭内新一「プレイルーム。2009」



2009年9月15日(火)〜10月18日(日)
休館=毎週月曜日 (ただし9月21日と10月12日は開館し、10月13日は休館)
※10月3日(土)はオータム・ナイト・コンサートのため閉室
京都国立近代美術館1Fロビー  入場無料

イチハラヒロコ+箭内新一 作家プロフィール


美術家イチハラヒロコと箭内新一によるインスタレーション「プレイルーム。」は19年度に京都国立近代美術館において実施された「ギャラリー・ラボ2007」の関連プロジェクトとして1階ロビーに設けられ、その後当館が購入・収蔵したプロジェクト作品です。
この作品は発表のたびに部分的に新たな要素が加えられ、内容を変化させながら時間と共に成長するユニークな作品です。
20072008年の発表を経て3年目を迎える今年のテーマは「スクール・ライフ」です。

「プレイルーム。」では子どもとおとなが一緒に自由に過ごし、二人の美術家の作品とふれあうことができます。この空間はひとつの美術作品であると同時に、さまざまな価値観や異なる立場の人々が行き交い出会う、美術館という公共空間のあり方について、来館者と美術館とが共に考えていこうとする実験でもあります。

mooShow
loading


このページの先頭へ