お知らせ

細見美術館 特別展「芦屋釜の名品」関連企画
  細見美術館 第25回 アートキューブレクチャー
  「茶の湯釜のたのしみ方」


特別展「芦屋釜の名品」関連企画として千家十職の釜師 十六代 大西清右衛門氏をお招きし、茶の湯釜の魅力、たのしみ方についてお話いただきます。
併せて細見美術館 館長との対談も予定。釜師とコレクターの視点から、“茶の湯の美”を語ります。ご期待ください。

日時:
2008年2月2日(土)午後2時〜4時(受付:午後1時45分〜)

講師:
大西清右衛門(大西清右衛門美術館 館長)

場所:
京都市勧業館みやこめっせ 第2・3会議室

聴講料・定員:
事前申込制、聴講 一般 500円、先着40名
※細見美術館友の会会員は無料でご参加いただけます。
※細見美術館・京都国立近代美術館 友の会会員には、お席を優先確保いたします。
  (お申込み・お問合せは細見美術館まで)

主催:
細見美術館

特典:
ご参加の方は、細見美術館にて開催中の展覧会を団体料金にてご観覧いただけます(当日)。

お申込み・お問合せ先:
細見美術館
京都市左京区最勝寺町6-3
TEL: 075-752-5555  FAX: 075-752-5955



このページの先頭へ