お知らせ

鈴木昭男作品 《空間へのオマージュ》 点音プレートプレゼント
 希望者の募集

鈴木昭男, 空間へのオマージュ
鈴木昭男 《空間へのオマージュ》
京都国立近代美術館にて
     現在開催中の展覧会「ノイズレス:鈴木昭男+ロルフ・ユリウス」展における鈴木昭男氏の出品作品である点音プレートを、展覧会終了後、希望者にお一人につき一点ずつ提供します。あなたの点音ポイントについて、写真や文章にてご応募ください。応募多数の場合は鈴木氏による審査を行います。なお、応募された点音ポイントについての写真や文章は、立命館大学学生による企画「+noiseless」のウェブサイトにも掲載させていただきますので予めご了承下さい。
※点音プレートは直径48cm、厚さ5cm、25kg、白色セメント製です。

応募締切:
2007年4月13日(金)午後8時 必着

受渡し日:
2007年4月16日(月)〜20日(金)
※原則としてこの期間に引き取りに来られる方に限ります。
   ご都合のつかない方は、実費負担(着払い)により後日送付します。

応募方法
住所、氏名、点音プレートを敷設したい場所とその理由(写真もしくは文章)を明記してお申し込み下さい。メールの場合は件名に「点音プレート希望」と明記してお送り下さい。
申込書 Microsoft Word (27KB) Adobe PDF (39.5KB)
宛先 京都国立近代美術館 学芸課 学習支援係 豊田
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL 075-762-1711
FAX 075-752-0509
メール info@ma7.momak.go.jp

作家からのメッセージ

     ノイズレス展における鈴木昭男のインスタレーション空間へのオマージュに使われた点音(おとだて)コンクリート・プレートは、館外にも(そこに佇んで耳を澄ますことの出来る)用を成すものとしてのポジ・レリーフ・プレートが2枚と、ポジのハーフ・プレート1枚が配置されています。
     会場内には、ピアノの鍵盤の白鍵を意味するポジ・レリーフのプレートが28枚と黒鍵としてのネガ・レリーフ19枚とが、ドミノ倒しによる用を成さない物体としてインスタレーションされています。ノイズレス展終了後、これらの各プレートをご希望者に持ち帰っていただこうというものです(無料)。これまでに幾つかの都市で点音を敷設した例に対して、この度は京都国立近代美術館を出て広域に点在することになる点音マークが、各々の方の元で再び可能性を取り戻すという、新しいバージョンに生まれ替わるのです。
     趣意をご理解くださった上で、ご希望の方の多い場合は抽選とします。
     ご来場の折に係に申し出ていただくか、インターネット上で、その旨をご連絡していただき、順次登録を開始いたします。
     なお、ご希望の方はコレクションされた際の点音の敷設の場所および理由(コメント)などを、写真や文章にてご提示いただき、多少の審査をさせていただきます。
     ノイズレス展終了後の受け渡しの期日に不都合のある方は、実費による形をとります。

(鈴木昭男)

このページの先頭へ