お知らせ

プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展 ギャラリーガイドのご案内
  ギャラリーガイド「江戸絵画の魅力を探る」

ギャラリーガイドプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展会期中、当館のインターシップ活動の一環として、休館日ならびに講演会開催日・展覧会最終日を除く毎日、日本近世絵画史を専門とするインターンスタッフによるギャラリーガイドを開催いたします。
ギャラリーガイド     5名の担当者が、それぞれ異なるテーマに従って展覧会出品作品を解説し、江戸絵画の魅力に迫る試みです。ギャラリーガイドの詳細については、下記をご覧下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日:
プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展会期中の毎日
     会期:2006年9月23日(土)〜11月5日(日)
※但し休館日、講演会開催日ならびに展覧会最終日を除きます。

時間:
午前11時 / 午後2時(ガイドの時間は、いずれも約1時間)

定員:
先着20名
   ・  開始30分前から1階インフォメーションで整理券を配布します。
   ・  開始5分前に1階ギャラリーガイド案内板前にお集まり下さい。

テーマとその内容:

A 「江戸絵画の技法」
江戸時代の画家たちは、それぞれ得意の技法を使って、山水・人物・花鳥といった画題を彩り豊かに展開しました。ガイドでは、伊藤若冲と円山四条派、江戸琳派の作品を中心に解説する予定です。
B 「プライスコレクションを読む」
本ガイドでは、プライスコレクションの中からいくつかの作品を取り上げ、絵に込められた意味や様々な仕掛けを「読み」解くことで、江戸絵画の多様な魅力に迫ることを目指します。
C 「江戸絵画の系譜−師匠から弟子へ」
プライスコレクションを構成する江戸絵画の絵師たちは、各々の立場から多彩な絵画を生み出しました。このガイドでは、彼らが、誰あるいは何を師匠として絵を描いていたかに焦点をあて、作品をみていきます。
D 「江戸絵画の点と線」
太い線、細い線、大きい点、小さい点、様々な要素から絵画は成り立っています。その要素に絵師の個性を見ることができます。「点と線」という要素に注目し、江戸絵画の愉しみ方をお話しします。
E 「プライスコレクションにおける動物画」
このガイドでは、プライスコレクションのなかの「動物画」に主に注目し、そこに描かれた動物について江戸時代の人々が抱いていたイメージ、そしてそこから導かれる作品の意味などを解説していきます。

スケジュール:

9月23日
講演会
9月24日
A
9月25日
休館日
9月26日
B
9月27日
C
9月28日
A
9月29日
D
9月30日
B
10月1日
C
10月2日
休館日
10月3日
E
10月4日
C
10月5日
A
10月6日
D
10月7日
E
10月8日
A
10月9日
B
10月10日
休館日
10月11日
C
10月12日
A
10月13日
D
10月14日
講演会
10月15日
E
10月16日
休館日
10月17日
D
10月18日
C
10月19日
A
10月20日
D
10月21日
E
10月22日
E
10月23日
休館日
10月24日
C
10月25日
B
10月26日
B
10月27日
D
10月28日
B
10月29日
E
10月30日
休館日
10月31日
B
11月1日
C
11月2日
A
11月3日
D
11月4日
E
11月5日
最終日

※ スケジュールは都合により変更される場合があります。


このページの先頭へ