美術館の概要

当館の沿革

昭和37年(1962年)4月1日 文部省設置法の一部を改正する法律(昭和37年法律第35号)の施行により、国立近代美術館に分館を置くことができることとなる。
昭和38年(1963年)3月1日 前年、京都市から勧業館別館(現在地)の国への無償譲渡を受け、これにより国立近代美術館京都分館が設置される。
分館長に今泉篤男が任命される。
4月27日 国立近代美術館京都分館開館を記念して「現代日本陶芸の展望」と「現代絵画の動向」展を開催する。
昭和42年(1967年)6月1日 国立近代美術館京都分館は、独立して京都国立近代美術館となる。
昭和43年(1968年)6月15日 京都国立近代美術館は、文化庁の設置により同庁の附属機関となる。
昭和44年(1969年)2月17日 館長今泉篤男が退官、後任として河北倫明が任命される。
昭和46年(1971年)10月19日 特別展「現代の陶芸—アメリカ、カナダ、メキシコと日本」を開催し、引き続き東京国立近代美術館に巡回する。交換展として12月16日から東京国立近代美術館主催の特別展「現代ドイツ美術展」を開催する。
昭和59年(1984年)2月19日 庁舎新営に伴う撤去工事を開始する。
7月1日 京都国立近代美術館は、文化庁の施設等機関となる。
昭和61年(1986年)4月1日 館長河北倫明が退官、後任として小倉忠夫が任命される。
9月15日 新館が竣工、10月25日新館開館記念竣工式を挙行する。
10月26日 新館開館記念特別展《京都の日本画1910〜1930》展を開催する。
常設展示—近代日本の美術と工芸及び現代世界の工芸—を開設する。
昭和62年(1987年)8月18日 開館時間を30分繰り上げ午前9時30分から午後5時までとする。
昭和63年(1988年)4月1日 夜間開館の実施はじまる。
8月31日 展覧会等の内容を案内するテレホンサービスを開始する。
平成4年(1992年)4月1日 館長小倉忠夫が退官、後任として富山秀男が任命される。
平成5年(1993年)3月2日 創立30周年記念展T「世界の工芸—所蔵作品による」を開催する。
4月27日 創立30周年記念展U「近代の美術—所蔵作品による」を開催する。
平成8年(1996年)4月1日 インターネットによるホームページを開設する。
平成10年(1998年)4月1日 館長富山秀男が退官、後任として内山武夫が任命される。
12月9日 博物館相当施設に指定される。
平成13年(2001年)4月1日 京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、国立西洋美術館及び国立国際美術館の4館が統合し、独立行政法人国立美術館が発足する。
平成17年(2005年)2月1日 常設展をコレクション展に改称
4月1日 館長内山武夫が任期満了により退官、後任として辻村哲夫が任命される。
7月1日 辻村哲夫館長の後任として岩城見一が任命される。
平成21年(2009年)7月1日 館長岩城見一が任期満了により退任、後任として尾ア正明が任命される。
平成25年(2013年)3月16日 開館50周年記念特別展「交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術」を開催する。
7月1日 館長尾ア正明が任期満了により退任、後任として柳原正樹が任命される。

京都国立近代美術館 50年のあゆみ
(開館50周年記念特別展「交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術」特別サイト[2013年]から抜粋)
このページの先頭へ