MoMAK Films

NFAJ 所蔵作品選集 MoMAK Films 2019
 学園のドレス・コード
 「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」関連上映
 8月24日(土)・25日(日)

 映画の登場人物が着る「服」は、人物たちの「視る/視られる」関係を作るだけでなく、作品の時代や世界、登場人物の個性や心理を表現し、作品のカラーやスタイルも左右する重要な要素です。 本上映では「学園のドレス・コード」をテーマに、4作品を国立映画アーカイブ所蔵の35mmフィルムで上映します。厳格な学校生活の中でゆらぎ、まどう少年・少女たちの世界や、好きなことに熱中した1960〜70年代の高校生たちの短く切ない青春を、映画衣裳の豊かな表現とともにお楽しみ下さい。

会場情報と料金については、こちら
8月24日(土)14:00-15:30
『1999年の夏休み』 1988年
(ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=ソニービデオソフトウェアインターナショナル) (90分・35mm・カラー)
1999年の夏休み、 1988 日活/アニプレックス
©1988 日活/アニプレックス
 萩尾望都の「トーマの心臓」の翻案で、森に囲まれた学院を舞台に、夏休みの寄宿舎に残った4人の少年たちの愛と葛藤を描く。金子修介の代表作の一本で、4人の主人公を10代の少女たちが演じ、その中性的な美と美術、映像により、幻想的な作品世界を作り上げた。スタイリストは柏木篤、椎名良幸。
監督 金子修介
脚本 岸田理生
撮影 高間賢治
美術 山口修
音楽監督 柳田ヒロ
音楽 中村由利子
出演 宮島依里、大寶智子、中野みゆき、水原里絵(深津絵里)
8月24日(土)16:00-17:36
『櫻の園』 1990年
(ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=サントリー)
(96分・35mm・カラー)
櫻の園
©アルゴ・ピクチャーズ
 吉田秋生の同名漫画が原作で、学校創立記念日に恒例行事としてチェーホフの「桜の園」を上演する女子高演劇部の半日を捉えた群像劇。学校や演劇部の伝統と規範が、制服や髪型、舞台衣装にも表れており、女子高生たちの愛と心理的なざわめき、反発が多層的に描かれている。衣裳は白井友貴子。
監督 中原俊
原作 吉田秋生
脚本 じんのひろあき
撮影 藤沢順一
美術 稲垣尚夫、内田哲也
選曲 石井ますみ
出演 中島ひろ子、つみきみほ、白島靖代、宮澤美保
8月24日(土) 18:00-19:59
『がんばっていきまっしょい』 1998年
(フジテレビジョン=ポニーキャニオン=アルタミラピクチャーズ)
(119分・35mm・カラー)
がんばっていきまっしょい
©アルタミラピクチャーズ
 1970年代の四国・松山の高校で女子ボート部を立ち上げ、ボートに打ち込んでいく高校生たちの青春。愛媛・松山の風土の中で、四季折々の制服やユニフォームに身を包んだ"普通の"少女たちの、純朴な美しさと力強い意志が瑞瑞しく描かれている。田中麗奈は本作でキネマ旬報日本映画新人女優賞を受賞。スタイリストは勝俣淳子。
監督・脚本 磯村一路
原作 敷村良子
撮影 長田勇市
照明 豊見山明長
美術 磯田典宏
録音 郡弘道
音楽 リーチェ with ペンギンズ
出演 田中麗奈、真野きりな、清水真実、葵若菜、久積絵夢、中嶋朋子
8月25日(日)14:00-16:15
『青春デンデケデケデケ』 1992年
(ギャラックプレミアム=ピー・エス・シー=リバティフォックス)
(135分・35mm・カラー)
青春デンデケデケデケ
©PSC /大林宣彦事務所
 芦原すなおの直木賞受賞の映画化で、1960年代の四国・香川県観音寺市を舞台に、ベンチャーズの音楽に"電撃"を受けてバンド演奏に熱中していく高校生たちを描く。観音寺市のロケーション撮影を駆使して、学校や家業の「制服」姿に高校生たちの日常と情熱を生き生きと捉えた、大林監督の小気味よい青春ファンタジー。衣裳は、大林監督の最新作も担当している千代田圭介。
監督 大林宣彦
原作 芦原すなお
脚本 石森史郎
撮影 萩原憲治、岩松茂
美術 薩谷和夫
音楽 久石譲
出演 林泰文、大森嘉之、浅野忠信、永堀剛敏、佐藤真一郎、岸部一徳、ベンガル、柴山智加
このページの先頭へ