MoMAK Films

NFAJ 国立映画アーカイブ開館記念 MoMAK Films 2018
 映画のなかのウィーンーー世紀末ウィーンのグラフィック展関連企画
 2月8日(金)・9日(土)

 「世紀末ウィーンのグラフィック」展開催にあわせて、国立映画アーカイブ所蔵フィルムから、オーストリア出身の映画監督たちが戦間期の1930年代にウィーンを舞台に描いた作品を厳選して上映します。
 監督は、オーストリア、ドイツ、フランス映画を代表するフォルスト、パプスト、後にハリウッドで大活躍する脚本家のヴァルター・ライシュの3人。彼らの演出と、オイゲン・シュフタン、フランツ・プラナーによる撮影技術や、個性派俳優のヴェルナー・クラウス、ミシェル・シモン、ペーター・ローレ、そしてジャン・ギャバンの名演など、トーキー映画全盛期の映画表現をご堪能いただけます。映画に描かれた19世紀から1920年代の恐慌までの都市・ウィーンの姿と、芸術の街に生きる人々の人生を、35mmフィルム上映でお楽しみください。

会場情報と料金については、こちら
2月8日(金)18:00-20:02(開場:17:00)
『ブルグ劇場』 1936年(フォルスト・フィルム)
(122分・35mm・白黒)
ブルク劇場
ブルグ劇場
 ウィーン演劇界に長く君臨してきた国立ブルク劇場。19世紀末にここで活躍した実在の俳優の半生をモデルとした映画で、『カリガリ博士』の大ベテラン、ヴェルナー・クラウスが若い娘への恋情と迫り来る老いの間にはさまれた名優を格調高く演じている。
監督・脚本 ヴィリ・フォルスト
脚本 ヨッヘン・フート
撮影 テオドル・パーレ
美術 ヴェルナー・シュリヒティング
音楽 ペーター・クロイダー
出演 ヴェルナー・クラウス、ヴィリー・アイヒベルガー、ホルテンゼ・ラキ、オルガ・チェーホヴァ
2月9日(土)14:00-15:21(開場:13:00)
『上から下まで』 1933年(フランス)
(81分・35mm・白黒)
上から下ま
上から下まで
 1936年5月日本公開。サッカーの花形選手(J・ギャバン)を中心に、ウィーンの下町のアパートに暮らす人々を活写したパプスト監督のフランスでの第2作。ドイツ映画を革新した撮影の名手シュフタンは、以降フランス映画に多大な貢献をなしてゆく。
監督 ゲオルグ=ヴィルヘルム・パプスト
原作 ラディスラウス・ブス=フェケテ
脚本 アンナ・グマイネル
撮影 オイゲン・シュフタン
美術 エルネ・メッツナー
音楽 マルセル・ラッテス
出演 ジャン・ギャバン、ジャニーヌ・クリスパン、ミシェル・シモン、ペーター・ローレ
2月9日(土)16:00-17:28
『未完成交響楽』 1933年(ツィネ・アリアンツ)
(88分・35mm・白黒)
未完成交響楽
未完成交響楽
 貧しかった若きシューベルトが、作曲家として世に出てゆく姿を追ったヴィリ・フォルストの監督デビュー作。忠実な伝記ではないとされるが、ウィーンのフィルハーモニー管弦楽団や少年合唱団などの協力を得て、シューベルトの名曲が豪華に散りばめられている。
監督・脚本 ヴィリ・フォルスト
原作 ヴァルター・ライシュ
撮影 フランツ・プラナー
美術 ユリウス・フォン・ボルソディ
音楽 フランツ・シューベルト
出演 ハンス・ヤーライ、マルタ・エッゲルト、ルイゼ・ウルリッヒ、オットー・トレスラー
2月9日(土)18:00-19:24
『女ひとり』 1935 年(トビス・ザシャ)
(84分・35mm・白黒)
女ひとり
女ひとり
 ウィーンが恐慌のさなかにあった1922年、彫刻を学ぶ女子学生が身の転落におびえる中で、裕福なイタリア紳士に出会う。脚本家ライシュの珍しい監督作で、その後ハリウッドに渡って『ニノチカ』(1939年)や『ガス灯』(1944年)などの秀作を書いている。
監督・脚本 ヴァルター・ライシュ
撮影 ハリー・ストラドリング
音楽 ヴィリー・シュミット=ゲントナー
出演 パウラ・ヴェッセリー、カール・ルードヴィッヒ・ディール、オットー・トレスラー
このページの先頭へ