MoMAK Films

NFAJ 国立映画アーカイブ開館記念 MoMAK Films 2018
 日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 スウェーデン映画への招待
 12月7日(金)・8日(土)

 日本・スウェーデンの外交関係樹立150周年を迎える本年、国立映画アーカイブではスウェーデン映画の大規模な特集上映を開催。同プログラムから選んだ4作品を京都でも上映します。ベルイマンの初期重要作品『牢獄』(1949)、イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の代表作『女の顔』(1938)ほか、スウェーデン映画の名作を紹介します。

主催
日本・スウェーデン外交関係樹立150周年日本・スウェーデン外交関係樹立150周年
京都国立近代美術館(MoMAK)
国立映画アーカイブ(NFAJ)
スウェーデン映画協会
協力
スウェーデン大使館

会場情報と料金については、こちら
12月7日(金)18:00-20:49(開場:17:00)
『ここにあなたの人生がある』 1966年(スヴェンスク・フィルムインドゥストリー)
(169分・DCP・白黒/カラー・日本語/英語字幕付)
ここにあなたの人生がある
ここにあなたの人生がある
 1910年代、父親が病に倒れた一家の少年オーロフ(アックスベリ)は、製材労働者、映画館の売り子、巡回興行の映写技師などの仕事を転々としつつ、独学で学問を身に着け、恋をし、社会変革の意識に目覚めていく。1960年代以降のスウェーデン映画を牽引する一人、J・トロエルの長篇デビュー作は、一少年の成長を描きながら広い世界へ突き抜け、唯一無二の詩情をまとう決定的代表作となった。
監督・脚本・撮影 ヤーン・トロエル
原作 エイヴィンド・ヨーンソン
脚本 ベングト・フォシュルンド
美術 ロルフ・ボーマン
音楽 エーリク・ノードグレーン
出演 エッディ・アックスベリ、ギュードルン・ブロスト、ウッラ・アクセルソン、ウッラ・シューブロム、グンナル・ビョーンシュトランド
12月8日(土)14:00-15:40(開場:13:00)
『女の顔』 1938年(スヴェンスク・フィルムインドゥストリー)
(101分・DCP・白黒・日本語/英語字幕付)
女の顔
女の顔
 世界的に知られたスウェーデン人女優、イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の代表作の一つ。整形手術により身も心も美しく変化し、加担しそうになっていた悪事を自らの意志で阻む女性を演じる。バーグマンはその後ハリウッドに迎えられ、さらにはイタリア人監督R・ロッセリーニと公私にわたるパートナーになる。1989年日本公開。
監督 グスタヴ・モランデル
原作 フランソワ・ド・クロワッセ
脚本 ユスタ・ステーヴェンス、スティーナ・ベリマン、ラグンヒルド・プリム
撮影 オーケ・ダールクヴィスト
美術 アーネ・オーケルマルク
音楽 エーリク・ベングトソン
出演 イングリッド・バーグマン、トーレ・スヴェンベリ
12月8日(土)16:00-17:20
『牢獄』 1949年(テッラフィルム)
(80分・DCP・白黒・日本語/英語字幕付)
刑事マルティン・ベック
牢獄
 ベルイマンが自身の脚本を初めて監督し、初期キャリア上の転機となった重要作。17歳で身ごもってしまった娘ビルギッタ(スヴェードルンド)の転落が、「この世は地獄である」という全篇を貫く主題を通奏低音として、悪夢のように展開していく。また、映画監督マッティン(エークマン)が次作を構想する様子も並行して描かれ、メタ映画の試みとしても野心的な作品。
監督・脚本 イングマール・ベルイマン
撮影 ヨーラン・ストリンドベリ
美術 P・A・ルンドグレーン
音楽 アールランド・フォン・コック
出演 ドーリス・スヴェードルンド、ビリエル・マルムステーン、エーヴァ・ヘンニング、ハッセ・エークマン、スティーグ・オリーン
12月8日(土)18:00-19:53
『刑事マルティン・ベック』 1976年(スウェーデン映画協会、スヴェンスク・フィルムインドゥストリー)
(113分・DCP・カラー・日本語/英語字幕付)
刑事マルティン・ベック
刑事マルティン・ベック
 世界中で知られる警察小説シリーズの第7作(『唾棄すべき男』)を映画化。主役のマルティン・ベックに抜擢された(それまで喜劇映画の俳優として知られていた)C=G・リンドステットを始め、持ち味の異なる俳優たちの存在感が素晴らしく、彼らのアクションを細部まで巧みにとらえる手持ち撮影も効果的。残虐な殺人事件の犯人を、ストックホルム警察殺人課の刑事たちが追っていく。当時のスウェーデンで記録的なヒットとなった。1978年日本公開。
監督・脚本 ボー・ヴィーデルベリ
原作 マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー
撮影 オッド・ガイル・セーテル、パール・シェルベリ
美術 ウルフ・アクセーン
音楽 ビョーン・J・リンド
出演 カール=グスタヴ・リンドステット、スヴェン・ヴォルテル、トーマス・ヘルベリ、ホーカン・サーネル
このページの先頭へ