京都の染織 1960年代から今日まで

森口邦彦 友禅着物「雪明り」1969年
森口邦彦 友禅着物「雪明り」
1969年

 平安遷都がなされてから、1200年以上の歳月が流れた京都において、京の染織家たちはその時々に合わせ様々な工夫や新しい技術、意匠などを生み出してきました。それらは連綿と受け継がれ、技法や形態は変わろうと各時代に常に新しいものを追い求め、素晴らしい作品を創りだしてきました。
 今回の展覧会は、当館が開館した1960年代から今日までの多様な「染」と「織」の状況を紹介する展覧会で、28人の作家を紹介しその様相を見るものです。展示スペースも限られ多くの作家の方々と作品を紹介できないことは残念ですが、少しでも1960年代から今日までの京都の染織が概観できることを望みます。

作品リスト

京都の染織 1960年代から今日まで

会期

2019年3月8日(金)〜 4月14日(日)

開館時間

午前9時30分〜午後5時
ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日

主催

京都国立近代美術館
京都新聞

観覧料

  当日 団体(20名以上) 夜間割引(金/土曜 午後5時以降)
一 般 1,000 800 800
大学生 500 400 400

※ 高校生・18歳未満は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
  (入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。

関連イベント

  • 「手だけが知ってる美術館 第2回 染織」
    日時:
    3月30日(土)①10:30〜12:30 ②14:30〜16:30
    会場:
    京都国立近代美術館
    講師:
    野田睦美(作家・本展出品作家)
    対象:
    中学生以上、どなたでも
    定員:
    各回15名(事前申込制・申込者多数の場合は抽選)
    申込み方法、詳細はこちら

広報資料

チラシ  PDF形式(1MB)

京都の染織 1960年代から今日まで


このページの先頭へ