琳派400年記念
「琳派イメージ」展



琳派イメージ展 琳派イメージ展
神坂雪佳《杜若図屏風》 大正末〜昭和初期 個人蔵
 「琳派」という言葉をどこかで耳にしたことがあるでしょうか。「琳派」は、ごく近年になって使われはじめ、今は世間的に定着した言葉のようです。大正時代に美術史関係の人が創り出した言葉なので、昭和40年代の美術辞書にも解説されていません。『源氏物語』が千年にわたり親しまれてきたのに比べれば一般に馴染が少ないのも当然です。しかし、俵屋宗達(生没年不詳)の『風神雷神図』屏風は美術の教科書にも掲載され、多くの人が知っています。「琳派」とは、宗達から100年ほど後に絵師となった尾形光琳(1658〜1716)の「琳」をとって名付けられた名称です。尾形家は俵屋宗達や本阿弥家と姻戚関係にあり、光琳は宗達の作品をよく学んでいます。『風神雷神図』屏風を手本に、光琳は同じ図柄の屏風絵を遺しており、「琳派」は、宗達から生まれたといってよいのです。この宗達と一緒にいろいろな仕事、例えば『嵯峨本』と呼ばれる謡本を遺したのが本阿弥光悦(1558〜1637)です。光悦は元和元年(1615)に徳川家康から鷹峯の地を拝領し、光悦村という芸術村を開きましたが、今年平成27(2015)年はそれからちょうど400年の年に当たります。これを記念して当館では「琳派」関連の展覧会を開催いたします。
 「琳派」は「派」とついてはいますが、宗達から光琳の間が100年空いているように、流派として受け継がれてきた訳ではなく、先人の仕事を慕う作家達がそれぞれに私淑するという特殊な受け継がれ方をしてきました。しかし、他の流派が生き残れなかった一方で、「琳派」は現代に至るまで様々なジャンルで受け継がれています。それは、「琳派」が新鮮で、自由で、魅力的だったからと言えます。本展覧会は、その魅力に引き付けられて、近代から現代にかけての作家達が生み出した絵画、工芸、版画、ファッション、グラフィック等あわせて約80点の作品で「琳派」の広がりを紹介するものです。


作品リスト
琳派400年記念「琳派イメージ」展

会期
2015年10月9日(金)〜 11月23日(月・祝)

開館時間
午前9時30分 〜 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
毎週月曜日
※ただし、10月12日、11月23日は開館し、10月13日(火)は休館

主催
京都国立近代美術館
毎日新聞社
京都新聞
MBS

協賛
大日本印刷
JR西日本

観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 1,300 1,100 1,100
大学生 900 700 700
高校生 500 300 300
中学生以下 無料

※本料金でコレクション展もご覧いただけます
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券は、10月8日までの期間限定発売

関連イベント
記念講演会「抽象表現とリアリティ」
講師:上村淳之氏(文化功労者・日本芸術院会員・日本画家)
日時:10月31日(土)午後2時〜午後3時30分
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:先着100席
※聴講無料。当日午前11時から1階インフォメーションにて整理券を配布します。

パティシエ・垣本晃宏氏 氷彫刻・トークイベント
「琳派イメージ」展のオープニングを記念して、パティシエ・垣本晃宏氏による、氷彫刻・トークイベントを開催します。当館研究員による展覧会のみどころ解説の後、2011年「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」彫刻部門個人優勝の垣本シェフが、琳派をイメージした氷の彫刻を実演します。なお、完成した彫刻は閉館時間(午後5時)までご覧いただけます。展覧会ご鑑賞のお客さまも是非お立ち寄りください。

日時:10月10日(土)午後1時〜午後2時30分
会場:京都国立近代美術館 1階エントランスロビー
氷彫刻制作:垣本晃宏(Assemblage Kakimoto オーナーシェフ)
トーク・解説:西村洋平(株式会社ルーラル)
展覧会解説:小倉実子(京都国立近代美術館 主任研究員)
特別協力:Cafe de 505(株式会社神戸ゴマルゴ)
 

ワークショップ「みんなでハコ★りんパ」
日時:11月22日(日)午前9時30分〜12時と午後2時〜4時
会場:京都国立近代美術館 1F講堂・3F企画展示室
対象:小学校3年生以上、どなたでも
募集人数:各回15名(事前申込制・先着順)
参加費:1,000円(※高校生以上の方は「琳派イメージ」展の観覧券が必要です)
※保護者の方が活動を見学していただく場合は、「琳派イメージ」展の観覧料が必要です。
※詳細はこちらをご覧ください。

広報資料
チラシ  PDF形式(1.4MB)
 



このページの先頭へ