上村松篁展



孔雀
上村松篁《孔雀》1983年
京都国立近代美術館蔵
 上村松篁は明治35(1902)年、日本画家・上村松園の長男として京都市内に生まれます。大正10(1921)年、京都市立絵画専門学校に入学すると共に西山翠嶂に師事、13年同校卒業後は研究科に進みました。同校在学中から第3回帝展で初入選、昭和3(1928)年の第9回展では特選となるなど、以後官展系展覧会を中心に活躍、翠嶂塾青甲社の塾展等へも出品を続けていました。ところが、第二次世界大戦後の昭和22年、戦前の官展の後継である第3回日展で審査員をつとめたところ、その旧態依然とした審査に失望し同展を脱退してしまいます。そして早くも翌年には、奥村厚一、秋野不矩、福田豊四郎、吉岡堅二、山本丘人らとともに創造美術協会(新制作協会日本画部を経て現在創画会)を結成、官展にも塾にも依らず、「世界性に立脚する日本絵画の創造を期」して制作、発表を続けました。《星五位》、《燦雨》など伝統的な円山四条派の写生を活かしながら、近代的な構成を持つ新しい花鳥画として蘇らせた作品を生み出す一方で、昭和11年から43年の定年退官まで母校の京都市立絵画専門学校(後、京都市立美術大学となる)で後進の指導にあたります。その両方の功績により58年、文化功労者となり、翌59年、母子二代での受章となる文化勲章を受章。平成13(2001)年惜しまれつつその生涯を閉じました。
 今回の企画は、母・松園譲りの「品がある」作品を追求し続けた松篁芸術の軌跡を詳細に紹介する大規模な回顧展です。《樹下遊禽》、《孔雀》、《丹頂》等の代表作を含む初期から晩年に至るまでの本画約75点と素描、挿絵原画により、近現代の京都画壇において格調高い花鳥画を描き続けた上村松篁の足跡をたどります。


出品リスト
出品リスト

関連リンク
本展特設サイト

会期
2014年5月27日(火)〜 7月6日(日)
※6月16日に一部作品を展示替えいたします。
 詳しくは、出品リストでご確認ください。

開館時間
午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜日は午後8時まで開館
(いずれも入館は閉館の30分前まで)

休館日
毎週月曜日

主催
京都国立近代美術館
日本経済新聞社
京都新聞

協賛
松栄堂
ニューカラー写真印刷

協力
松伯美術館

観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 1,300 1,100 1,100
大学生 900 700 700
高校生 500 300 300
中学生以下 無料

※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※中学生以下、心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※イブニング割引 会期中毎週金曜日の午後5時以降の入場に限り、
 当日料金の200円割引でご覧いただけます。
 イブニング割引チケットは、会場の当日窓口のみで販売。
※前売券の主な取り扱い
 ローソンチケット(Lコード:57102)
 セブン-イレブン (セブンコード:030-031)
 チケットぴあ   (Pコード:766-131)
 ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売予定
 ※前売券は、4月14日(月)〜 5月26日(月)までの期間限定販売

関連イベント
講演会
■「自然との対話の中で」
講師:上村淳之氏(文化功労者・日本芸術院会員・日本画家)
日時:6月7日(土)午後2時〜3時30分

■「上村松篁画伯の人間像−12年に及ぶ撮影を通して」
講師:飯島幸永氏(写真家)
日時:6月21日(土)午後2時〜3時30分

会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100名(午前11時から1Fインフォメーションにて整理券を配布します)
※聴講無料

広報資料
チラシ  PDF形式(1.4MB)
 


巡回先
富山県水墨美術館
2014年7月11日(金)〜 8月10日(日)


このページの先頭へ