開館50周年記念特別展
 交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術


上野伊三郎+リチ《スターバー》内装/1930
上野伊三郎+リチ《スターバー》内装/1930
 当館は、前身である国立近代美術館京都分館設立から数えて、2013年に開館50年を迎えます。これを記念し、開館当初から美術館活動の柱としてきた「工芸」に焦点をあてた特別展を開催いたします。
 1963年の開館記念展は〈現代日本陶芸の展望〉でした。そこで本展に出品された代表作に当館の原点を探るとともに、以後毎年開かれる「工芸展」の出品作から多彩な「工芸」コレクションが形成されていった経緯を紹介しながら、当館50年の歩みを回顧します。
 そして、「工芸」という造形、その表現性に注目し、明治時代における工芸家と日本画家の共演や、近代化とともに生活に浸透するデザイン意識の芽生え、さらには建築を核に総合芸術への視点を、上野伊三郎とリチの合作である「スターバー」の再現をとおして探り、U部構成で「交差する表現」再現の場を演出します。


関連リンク
特設サイト http://www.momak.go.jp/50th/

展示目録
第T部 出品リスト
第U部 出品リスト

会期
2013年3月16日(土)〜 5月6日(月)
※1F、3F、4Fを使った展示のため、会期中コレクション展は開催しておりません。

期間中、下記の通り展示替えがございますので、ご了承ください。

3月16日〜3月31日のみ展示
竹内栖鳳《ベニスの月》 島屋史料館蔵
山元春挙《ロッキーの雪》島屋史料館蔵

4月2日〜5月6日のみ展示
浅井 忠《梅図花生》 京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵
     
4月9日〜5月6日のみ展示
狩野芳崖《悲母観音》(重要文化財) 東京藝術大学蔵

開館時間
通常の開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
金曜日の夜間開館日
午前9時30分〜午後8時(入館は7時30分まで)

休館日
毎週月曜日(但し4月29日、5月6日は開館)

主催
京都国立近代美術館
京都新聞社

協賛
アサヒグループホールディングス株式会社
公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団
京セラ株式会社
京都中央信用金庫
株式会社ワコールホールディングス

観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 850 700 600
大学生 450 350 250
高校生・18歳以下 無料 無料 無料

※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※4月27日(土)は開館記念日として観覧無料です。
※会期中(〜5月10日まで)4Fコレクション展は
 開催しておりませんのでご了承ください。
※前売券の主な取り扱い
 チケットぴあ (Pコード:765‐553)
 ローソン   (Lコード:52398)
 ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売予定
 ※前売券は、2月1日から3月15日までの期間限定販売

関連イベント
講演会
■「交差する表現」
山野英嗣(当館学芸課長)
日時:3月30日(土)午後2時〜3時30分
会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100名(聴講無料、当日午前11時から受付にて整理券を配布します)

■「美術館で見るからおもしろい――ファッション」
深井晃子氏(京都服飾文化研究財団 理事/チーフ・キュレーター)
日時:5月5日(日)午後2時〜3時30分
会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100名(聴講無料 事前予約制)※未就学児の入場はご遠慮ください。
<詳細はこちら>


MoMAK Films 2013 [戦後前衛運動と映画:松本俊夫・勅使河原宏]
日時:4月20日(土)・21日(日)午後2時より
会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100名
<詳細はこちら>

■松本俊夫氏によるアフタートーク
松本俊夫氏(映画監督)
[聞き手]川村健一郎(立命館大学映像学部准教授)
日時:4月20日(土)午後3時〜4時30分
会場:京都国立近代美術館1F講堂
※聴講は当日の上映作品を鑑賞される方に限ります。アフタートークの整理券は、
当日13時30分からの上映会入場券販売と同時に希望者に配布します。

 

ワークショップ
■「カンパイ・かざる・グラス」
日時:4月6日(土)・27日(土)午前10時〜12時30分
会場:京都国立近代美術館1F講堂
<詳細はこちら>

広報資料
ポスター デザイン案



チラシ  PDF形式(7.6MB)

 




このページの先頭へ