山口華楊


山口華楊《秋晴》
山口華楊《秋晴》1977 北澤美術館蔵
 山口華楊は、明治32(1899)年、京都市中京区油小路錦で友禅の職人をしていた山口安之助・なを夫妻の二男として生まれます。幼い頃より粘土や筆で動物を写すことを好み、明治45年、格致尋常小学校(現在は京都市立洛央小学校に統合)を卒業すると、岸竹堂、竹内栖鳳の弟子で、動物画や花鳥画をよくした西村五雲に入門しました。病弱であった師五雲のすすめにより大正5(1916)年、京都市立絵画専門学校(絵専)別科に入学し、同年第10回文展に初入選します。一時期、国画創作協会への出品を試みたこともありましたが、以後、昭和2(1927)年、翌3年と2年連続帝展で特選となるなど、官展系展覧会で活躍し、師五雲や栖鳳から受け継いだ円山・四条派の写生の伝統に、絵専で学んだ近代西洋画や革新的な日本画の知識を取り入れて新しい時代にふさわしい花鳥画を産み出し、《黒豹》に代表される、近代的な構成を持つ独自の動物画を完成させました。

山口華楊《日向》
山口華楊《日向》1949
_
 その一方で、母校の絵専、その後身の京都市立美術専門学校で長く教鞭をとり、さらに昭和13(1938)年の西村五雲急逝後は五雲塾晨鳥社を解散して研究団体晨鳥社を新たに結成し、後進の育成に努めたことも特筆されます。56年にはこれらの功績により文化勲章を受章し、昭和59(1984)年に亡くなりました。
 当館では2度目の山口華楊の回顧展となる今展は、新たに見つかった初期の本画に加え、小下絵、大下絵、素描類を併せて展示するものです。一貫して写生に基づいた動物、鳥、樹、花の美を描き続けた画家の全貌だけでなく、創作の過程をも辿ることができ、25年前の展覧会から更にスケールアップした、華楊芸術の神髄をよりよく理解していただける、またとない機会になるに違いありません。


展示目録
全出品リスト
不出品作品及び展示替え作品のリスト

会期
2012年11月2日(金)〜12月16日(日)
  ※期間中、展示替を行います。
  前期:11月2日(金)−11月25日(日)
  後期:11月27日(火)−12月16日(日)

開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
毎週月曜日

主催
京都国立近代美術館
毎日新聞社
京都新聞社

協賛
野崎印刷紙業株式会社

観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 1,300 1,100 1,100
大学生 900 700 700
高校生 500 300 300
中学生以下 無料 無料 無料

※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券の主な取り扱い
 チケットぴあ (Pコード:765-381)
 ローソン   (Lコード:51373)
 ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売予定
 ※前売券は、11月1日(木)までの期間限定販売

mooShow
loading

関連イベント
記念講演会
■「山口華楊の魅力」
上薗四郎氏(笠岡市立竹喬美術館館長)
日時:12月2日(日)午後2時〜3時30分
会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100名(聴講無料、当日午前11時から受付にて整理券を配布します)

ワークショップ
■アニマルウォッチング@MoMAK
日時:11月17日(土)・12月1日(土)午前10時〜12時
定員:各日15名(要申込・参加費無料)
<詳細はこちら>

広報資料
チラシ  PDF形式(2.6MB)

 

     
      (開いたときのイメージ)

巡回先
笠岡市立竹喬美術館 2012年9月15日(土)〜10月21日(日)



このページの先頭へ