麻生三郎展


《男》1940年
《男》1940年
茨城県近代美術館蔵
   社会の現実を肌で感じながら、重い空気に抗して屹立する人間像を描き続けた麻生三郎(1913-2000)。没後10年を経て、わかりやすさや表面的にキレイでカワイイものがもてはやされがちな今日、人間存在の核心を追求した重厚で真摯な麻生の造形世界は、あらためて見る者に「絵画とは何か」という中心テーマを突きつけるでしょう。初公開作品を含む油彩、素描、立体約130点によって、その画業のすべてを紹介します。




会期
2011年1月5日(水)〜 2月20日(日)

開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
毎週月曜日
※ただし、1月10(月・祝)は開館、1月11日(火)は休館

主催
京都国立近代美術館
東京国立近代美術館

出品協力
神奈川県立近代美術館

観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 850 700 600
大学生 450 350 250
高校生以下 無料 無料 無料

※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
 (入館の際に証明できるものをご提示ください)
※前売券の主な取り扱い
  チケットぴあ(Pコード:764−344)
  ローソン(Lコード:59713)
  ほか主要ガイド、コンビニエンスストアなど
 
展示作品
麻生三郎展 展示目録
※前期(1月5日〜1月30日)、後期(2月1日〜2月20日)で、
 一部の素描作品に展示替えがあります。


mooShow
loading

関連イベント
講演会
■「麻生三郎の生活と作品」 野見山暁治氏(画家)
日時:1月22日(土)午後2時から3時30分まで
会場:京都国立近代美術館1F講堂
定員:100人(聴講無料、当日午前11時から受け付けにて整理券を配布します)

MoMAK Films @ home [韓国映画上映]
■「若き姿」(豊田四郎監督、1943年)
■「達磨はなぜ東へ行ったのか」
 (「繼マ(ぺ・ヨンギュン)監督、1989年)ほか
日時:2月11日(金・祝)・12日(土)午後2時〜
会場:京都国立近代美術館1F講堂
料金:1プログラム500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:冨田美香、川村健一郎(ともに立命館大学映像学部准教授)
<プログラム詳細ページ>


広報資料
チラシ PDF(2MB)

 


他の会場
東京国立近代美術館 2010年11月9日(火)〜 12月19日(日)
愛知県美術館    2011年4月29日(金・祝)〜 6月12日(日)


このページの先頭へ