生誕120年 野島康三展——ある写真家が見た日本近代——


《仏手柑》 1930年 ブロムオイル・プリント 当館蔵
《仏手柑》 1930年 ブロムオイル・プリント 当館蔵
 野島康三(煕正1889–1964)は、大正期の絵画主義写真から昭和初期の新興写真の時代にかけて活躍した、わが国の近代写真の誕生と展開において最も重要な写真家の一人です。絵画主義の影響を色濃く残す「芸術写真」の隆盛期に写真を始めた野島は、当時主流であったピグメント印画技法を用いて卓抜な技術と繊細な感覚に裏付けられた濃密で重厚な写真作品を制作しました。その後ドイツ新興写真に触発された野島は、1930年代に大胆なトリミングを駆使したゼラチンシルバー・プリントへとその作風を大きく変化させ、写真独自の表現を追求していきます。特に写真家の中山岩太(1895–1949)と木村伊兵衛(1901–1974)とともに創刊した写真雑誌『光画』(1932–33)は、出版資金の大部分を野島が負担し、海外の主要な写真論を紹介するとともに若い世代の写真家たちに発表の場を提供し、その後の新興写真の展開において極めて重要な役割を果たしました。
 その一方で野島は、私財を投じて東京神田神保町に開設した画廊「兜屋畫堂」(1919–20)や自邸のサロンで梅原龍三郎や岸田劉生など『白樺』派を中心とする気鋭の美術家たちの展覧会を開き、その活動を経済的・精神的に支援しました。同時代の美術の擁護者として野島は、画廊経営だけでなく、美術雑誌や作品集に収載するための美術作品の撮影の仕事にも携わっています。今回の展覧会では、野島の代表的な写真作品とともに、夭折した彫刻家・中原悌二郎(1888–1921)の遺作集(『中原悌二郎作品集』、1921)と、陶芸家・富本憲吉(1886–1963)が1920年代に精力的にその制作に取り組んだ図案集(『富本憲吉模様集』、1923–27)における野島の仕事に着目し、その業績をとらえ直すことを試みます。
 生誕120年を記念して開催する本展では、野島康三遺作保存会の寄贈による当館所蔵の野島作品を中心に、中原と富本の作品集制作に関連する作品・資料を加えた約200点により、野島の作品世界と美術擁護者としての彼の活動を紹介します。野島康三という一人の写真家の眼差しの変遷を追うことは、1920年代から30年代の日本人の「近代の視覚」の生成過程を検証することでもあります。



mooShow
loading


関連イベント
講演会1「『富本憲吉模様集』について」
2009年8月8日(土) 午後2時〜3時30分
 (当日午前11時から整理券配布)
京都国立近代美術館 1F 講演室
聴講無料、先着100名
講師:土田眞紀(美術史家)

講演会2「野島康三と『光画』」
2009年8月22日(土) 午後2時〜3時30分
 (当日午前11時から整理券配布)
京都国立近代美術館 1F 講演室
聴講無料、先着100名
講師:金子隆一(東京都写真美術館専門調査員)

作品解説
2009年8月6日(木) 午後2時〜3時
 (当日午前11時から整理券配布)
京都国立近代美術館 1F 講演室
聴講無料、先着100名
講師:林 直(当館客員研究員)

京都造形芸術大学 一般公開講座 募集講座/芸術と文化のワークショップ
ブロムオイルプリント〜ピクトリアリズム(絵画主義写真)体験講座〜
2009年8月21日(金)〜8月23日(日) 全3回
京都国立近代美術館・京都造形芸術大学
受講料10,000円(全3回分 印画紙・薬品代含む)、先着30名
主催:京都造形芸術大学、京都国立近代美術館
お問い合わせ・お申込先:京都造形芸術大学 瓜生山エクステンションセンター
 TEL (075)791-9124  http://www.kyoto-art.ac.jp/general/


会期
平成21年7月28日(火)〜8月23日(日)

休館日
毎週月曜日

開館時間
通常の開館時間
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

金曜日と8月16日(日)の夜間開館日
 午前9時30分〜午後8時(入館は午後7時30分まで)

主催
京都国立近代美術館
京都新聞社



観覧料
  当日 前売り 団体(20名以上)
一 般 850 700 600
大学生 450 350 250
高校生、18歳未満 無料 無料 無料

前売券発売所:チケットぴあ・ファミリーマート(Pコード:688-753)
ローソン(Lコード:53150)ほか主要ガイド、コンビニエンスストアなど


広報資料
ポスター(B2判) デザイン案

(2009/06/16)

ポスター(B3判) デザイン案

(2009/06/16)

チラシ デザイン案

(2009/06/16)

チケット デザイン案

(2009/06/16)

チラシ PDF(681KB)

(2009/07/03)




このページの先頭へ