過去の展覧会 2005(平成17)年度

回数 展覧会名 開催日数 入場者数 1日平均
337 京都国立近代美術館所蔵
―川勝コレクションの名品 河井寛次郎展

平成17年4月1日(金)〜4月3日(日)
[平成17年2月22日(火)〜]
共催:京都新聞
3日
[36日]
3,334人
[17,734人]
1,111人
[493人]
338 村上華岳展
平成17年4月12日(火)〜5月22日(日)
共催:日本経済新聞社、京都新聞社
37日 27,457人 742人
339 through the surface: 表現を通して
―現代テキスタイルの日英交流

平成17年4月19日(火)〜5月22日(日)
企画展
31日 12,103人 390人
340 20世紀陶芸界の鬼才  加守田章二展
平成17年5月31日(火)〜7月10日(日)
共催:朝日新聞社
36日 18,636人 518人
341 小林古径展
平成17年7月26日(火)〜9月4日(日)
共催:日本経済新聞社、京都新聞社
36日 41,185人 1,144人
342 堂本尚郎展
平成17年9月13日(火)〜10月23日(日)
企画展
36日 8,132人 226人
343 須田国太郎展
平成17年11月1日(火)〜12月18日(日)
特別展
42日 17,953人 427人
344 ドイツ写真の現在
―かわりゆく「現実」と向かいあうために

平成18年1月6日(金)〜2月12日(日)
東京国立近代美術館 特別展
33日 16,230人 492人
345 ドイツ表現主義の彫刻家  エルンスト・バルラハ
平成18年2月21日(火)〜3月31日(金)
                 [〜平成18年4月2日(日)]
共催:朝日新聞社
34日
[36日]
18,458人
[21,587人]
543人
[600人]

    1F
    3F
    4F
[ ]は会期通算期間、参考として合計には含まない。
 
31日
257日
- 日
 
12,103人
151,385人
- 人
 
390人
650人
- 人
合計
延べ
288日 163,488人 567人
コレクション・ギャラリー ―近代の美術・工芸・写真
平成17年4月1日(金)〜平成18年3月31日(金)
うちコレクション・ギャラリーのみの入館者数 17,607人
305日 120,813人 394人
総計   305日 284,301人 932人

過去の展覧会

1960年〜 1970年〜 1980年〜 1990年〜 2000年〜 2010年〜
- 1970(昭和45)年度 1980(昭和55)年度 1990(平成2)年度 2000(平成12)年度 2010(平成22)年度
- 1971(昭和46)年度 1981(昭和56)年度 1991(平成3)年度 2001(平成13)年度 2011(平成23)年度
- 1972(昭和47)年度 1982(昭和57)年度 1992(平成4)年度 2002(平成14)年度 2012(平成24)年度
- 1973(昭和48)年度 1983(昭和58)年度 1993(平成5)年度 2003(平成15)年度 2013(平成25)年度
1964(昭和39)年度 1974(昭和49)年度 1984(昭和59)年度 1994(平成6)年度 2004(平成16)年度 2014(平成26)年度
1965(昭和40)年度 1975(昭和50)年度 1985(昭和60)年度 1995(平成7)年度 2005(平成17)年度 2015(平成27)年度
1966(昭和41)年度 1976(昭和51)年度 1986(昭和61)年度 1996(平成8)年度 2006(平成18)年度 2016(平成28)年度
1967(昭和42)年度 1977(昭和52)年度 1987(昭和62)年度 1997(平成9)年度 2007(平成19)年度 -
1968(昭和43)年度 1978(昭和53)年度 1988(昭和63)年度 1998(平成10)年度 2008(平成20)年度 -
1969(昭和44)年度 1979(昭和54)年度 1989(平成元)年度 1999(平成11)年度 2009(平成21)年度 -


このページの先頭へ