ルフィーノ・タマヨ展

 1910年の革命の後、メキシコでは新しい歴史意識から、きわめて民族色の濃い表現様式が勃興した。いわゆる壁画運動がそれであるが、オロスコ、リベラ、シケイロスらがその中心的な画家として活躍した。タマヨ、メリダといった画家は、シケイロスらとほほ同世代の画家であるが、彼らは革命的情熱よりも、むしろ造形芸術を創造的に革新すること、多様化することに関心があった。タマヨは若い頃メキシコ古代の彫刻に多くを学んだが、ニューヨークに渡ってキュビスムなどのヨーロッパの近代絵画を学び、メキシコの古代の美術とヨーロッパ近代の美術を融合した独自の画風を確立していった。タマヨはメキシコ現代絵画を最も特徴づけるものとして注目される壁画に対して、より国際的、普遍的なタブロー形式の作品の重要性を主張した。しかし、彼の芸術の根底には、メキシコ古代文明が創造した独特の生命観、宇宙観が流れており、それが疲弊退廃した現代に苦しむ我々20世紀末の人々に、新鮮な感動と力強い希望を与えるのである。この展覧会は本館での開催に先だって、名古屋市美術館、神奈川県立近代美術館で開催され大きな反響を呼んだ

会期
平成6年2月15日〜3月21日
入場者数
23,326人
共催
京都新聞社
出品目録
作品名 制作年 材質・形状
少年の肖像 1928 油彩・キャンバス
物体構成 1928 油彩・キャンバス
貝殻 1929 油彩・キャンバス
灰色のヌード 1931 油彩・キャンバス
風の使者たち 1931 油彩、キャンバス
青い椅子 1931 油彩・キャンバス
ヌード 1931 油彩・キャンバス
ファレス讃 1932 油彩・キャンバス
絵画の女神たち 1932 油彩・キャンバス
輪をもつ少女 1932 油彩・キャンバス
フォトジェニック・ヴィーナス 1934 油彩・キャンバス
ルフイーノとオルガ 1934 油彩・キャンバス
コルセット店の広告 1934 油彩・キャンバス
サパタ讃 1935 油彩・キャンバス
革命の呼び声 1935 油彩・カンバス
オルガの肖像 1953 油彩・キャンバス
静物 1935 油彩・キャンバス
家族 1936 油彩・カンバス
テラスから眺めたニューヨーク 1937 油彩・キャンバス
アイスクリームのある静物 1938 油彩・キャンバス
果物鉢の果物 1939  
黒人の仮面(カーニバル) 1939 テンペラ・リネン
歌姫たち 1940 油彩・キャンバス
女とパイナップル 1941 油彩・キャンバス

作品名 制作年 材質・形状
ライオンと馬 1942 油彩・キャンバス
赤毛と栗毛の二頭の馬 1942 油彩・キャンバス
月に吠える犬 1943 油彩・キャンバス
狂犬 1943 油彩・キャンバス
白いヌード 1943 油彩・キャンバス
フルーティスト 1944 油彩・キャンバス
蝶を採る女 1944 油彩・キャンバス
鳥たちの友達 1944 油彩・キャンバス
遊ぶ少年 1945 油彩・キャンバス
1946 油彩・キャンバス
幸福な酔っぱらい 1946 油彩・キャンバス
乗り遅れた乗客 1946 油彩・キャンバス
奇妙な鳥に襲われる少女 1947 油彩・キャンバス
夜の踊り子たち 1948 油彩・キャンバス
すいかを食べる男 1949 油彩・キャンバス
苦悶する人 1949 油彩・キャンバス
真珠 1950 油彩・キャンバス
飛行機を眺める男 1950 油彩・キャンバス
インデイオ民俗讃 1952 ビニール,セロテックス
果物売りの女たち 1952 油彩・キャンバス
宇宙の恐怖 1954 油彩・キャンバス
天文学者 1954 油彩・キャンバス
逃避 1956 油彩・キャンバス
オルガ、動的な肖像 1960 油彩・キャンバス

作品名 制作年 材質・形状
カップル 1960 油彩・キャンバス
牡牛座 1962 油彩・キャンバス
赤いソンブレロの男 1963 油彩・キャンバス
オルガの肖像 1964 油彩・キャンバス
自画像 1946−67 油彩・キャンバス
1967 油彩・キャンバス
すいか 1968 油彩・キャンバス
歓喜に輝く男 1968 油彩・キャンバス
ショー・ウインドー 1968 油彩・カンバス
三人の人物 1970 油彩・キャンバス
宇宙飛行士たち 1971 油彩・キャンバス
対話 1971 油彩・キャンバス
白いヒッピー 1972 油彩・キャンバス
指導者 1973 油彩・キャンバス
女の影蔵 1973 油彩・キャンバス
乾いた風景 1973 油彩・キャンバス
対話 1974 油彩・キャンバス

作品名 制作年 材質・形状
ヌード 1975 油彩・キャンバス
白い女 1976 油彩・キャンバス
ようこそ 1977 油彩・キャンバス
扉の前の女 1977 油彩・キャンバス
隠遁生活 1977 油彩・キャンバス
大銀河 1978 油彩・キャンバス
鳥襲われる男 1960 混合接法, キャンバス
ふたりの女 1981 油彩・キャンバス
灰色のふたり 1981 油彩・キャンバス
幽霊 1982 油彩・キャンバス
ピアニスト 1984 油彩・キャンバス
今日 1983 油彩・キャンバス
オルガ・タマヨ夫人蔵 のぞき 油彩・キャンバス
手をあげろ 1989  
ロックンローラー 1989 油彩・キャンバス
ヌードのピカソ 1989年 油彩・キャンバス

このページの先頭へ