生誕100年記念 長谷川潔企画展

 長谷川潔(1891−1980)は、20世紀初頭には忘れ去られていた銅版画の一技法マニエール・ノワールを近代的版画技法として復活させ、繊細で格調高い独自の版画芸術を創造した作家として、日本近代版画史に重要な位置を占めている。また長谷川潔は、東洋と日本の根深い伝統を担いながら、フランスという異国の文化環境の中で60余年の精進を続けて、東洋と西洋の叡知と精神、美意識、そして東西の版画技法とを独自に融合させた版画家としても、世界的な評価を得ている。

 横浜に生まれた長谷川潔は、20歳頃から黒田清輝、岡田三郎助、藤島武二らから洋画を学ぶ一方、1912年頃から木版画にも手を染め、1916年には永瀬義郎らと共にわが国で初めての版画グループ「日本版画倶楽部」を結成し、版画家としての路を歩み始めた。1818年にフランスに渡ってからは油彩画の他、木版画、石版画、銅版画など多岐に渡る技術の研鑽を積んだ。1980年にパリのアトリエで死去するまで一度も故国日本へは帰らず、フランスの美術界で活動を続け、1966年にはフランスの文化勲章に当たるオルドル・デ・ザール・エ・レットルの叙勲を受けている。この間、今世紀初頭には既に滅んでいた銅版画技法マニュール・ノワールを苦心の末に復興させ、従来の複製的技法の域を超えた芸術的版画技法として蘇生させたことは特筆すべさ事であった。

 京都国立近代美術館では、長谷川潔が存命中から完全な形での長谷川潔回顧展を計画し、作家自身の協力のもとに作品選定と収集を進め、1980年夏、版画131点、油彩画10点、素描12点によるわが国では初めての大規模な長谷川潔回顧展を開催した。既に健康を害していた長谷川潔は、彼自身が切望していたこの回顧展に出席することもかなわず、同年12月13白パリで不帰の客となった。

 その後も同氏の意志を受けて継続された当館の長谷川潔コレクションは、最終的に、版画166点、油彩画4点、素描12点、ほか長谷川氏の遺愛品を含むものとなり、質・量ともわが国で最良の長谷川潔コレクションとして誇り得るものになった。今回の展覧会は、長谷川潔没後10年を記念する意味も込めて、当館の誇る長谷川潔コレクションを展観するものであった。

会期
5月21日〜6月30日
入場者数
総数23,572人(一日平均655人)
出品目録
作品名 制作年 技法
ダンス(文学雑誌「仮面」(第3巻第3、4号)表紙のための木版画) 1914 板目木版・手彩
丘上の牛(大島) 1914 板目木版・黒刷り
金色に躍れる男(文学雑誌「仮面」(第4巻第4号)表紙のための木版画) 1915 板目木版・黄金刷り
ダンスA 1915 板目木版・黒刷り
ダンスB 1915 板目木版・黒刷り
風(イェーツの詩に寄す) 1915 板目木版・黒刷り
海辺の小屋 1915 板目木版・黒刷り
海岸の帆船(小笠原島) 1916 板目木版・黒刷り
魚見小屋 1916 板目木版・色刷り(唯一の試刷)
僧院の畑 1916 板目木版・黒刷り
洋人の庭 1916 板目木版・黒刷り
短歌雑誌「水甕」(第3巻第5号)表紙・裏表紙 1916 板目木版・黒刷り
種子草 1916 板目木版・紺紙に黄金刷り
牧神の午後(ステファン・マラルメの牧歌) 1916 板目木版・黒刷り
海岸の家の群 1917 板目木版・ベージュ紙に特別ボカシ試刷
海岸の木挽小屋 1917 板目木版・ベージュ紙に特別ボカシ試刷
メニュー用小品銅版画(試作) 1917 オー・フォルト
野いちご(試作) 1917 オー・フォルト
水差し(試作) 1917 オー・フォルト
ムードンの陸橋 1921 板目木版・色刷り試刷
カーニュの風景(カーニュの教会) 1921 木口木版・色刷り試刷
レダ 1922 オー・フオルトとポアント・セーシュ
「新しき小径」(堀口大学詩集)表紙・カット 1922 板目木版・黒刷り
若い花屋の娘(試作) 1922 石版・試刷
キャンベレの古い家(未完成) 1922 板目木版・色刷り試刷
キャンベレの古い家A(未完成) 1923 石版・試刷
キャンベレの古い家B(未完成) 1923  石版・試刷
若い女の顔 1923 石版・試刷
子供の顔 1923 石版・試刷
子供の顔 1923 石版・試刷
ヴァロリュスの村 1924 板目木版・ベージュ紙に特別ボカシ試刷
サン・メームの村 1924 ポアント・セーシュ(ダイアモンド刻)試刷

作品名 制作年 技法
水辺脱衣 1924 ポアント・セーシュ(ダイアモンド刻)試刷
「月下の一群」(堀口大学訳詩集)表紙 1925 木口木版・黒刷り
「日夏秋之介定本詩集」表紙・エキスリブリス 1925 木口木版・黒刷り
日蝕 1925 ポアント・セーシュとビュラン
奇術 1925 ポアント・セーシュとビュラン、手彩色
思想の生まれる時 1925 ポアント・セーシュとビュラン手彩色
水浴の少女 1925 ポアント・セーシュ
プロヴァンスの古市(グラース) 1925 マニエール・ノワール
南仏古村(ムーアンーサルトゥー) 1925 マニエール・ノワール
鳥と花(巴里ギメー美術館に於ける杵屋佐書演奏会プログラム用木版画 1926 木口木版・色刷り
「砂の枕」(堀口大学詩集)カット 1926 木口木版・色刷り
“Le Japon traditionnel”(「昔の日本」巴里祭刊)表紙・カット 1926 木口木版・色刷り
金魚鉢の中の小鳥 1927 ポアント・セーシュ
ヴォルクスの村 1927 マニエール・ノワール
葡萄と梨 1927 マニエール・ノワール
ロエの村道 1928 マニエール・ノワール
ラ・コル風景 1928 板目木版・色刷り試刷
小さな金魚鉢 1928 ポアント・セーシュ
水浴の女 1929 ポアント・セーシュ(ダイアモンド刻)試刷
アネモネと野草 1929 ポアント・セーシュ、日本紙特別刷り
農家と雲 1929 ポアント・セーシュ
カーネの水車小屋 1929 マニエール・ノワール
サン・ポール・ド・ヴァンスの村 1929 マニエール・ノワール
小鳥と花(春陽会展カタログ表紙) 1930 木口木版・黒刷り
アレキサンドル3世橋とフランス飛行船 1930 マニエール・ノワール
ニューヨーク上空のポアン・ダンテロガッション号 1930 マニエール・ノワール
アネモネ 1930 ポアント・セーシュ
オーバーニュ風景 1931 マニエール・ノワール
窓辺の草花 1931 ポアント・セーシュ

作品名 制作年 技法
コップに挿した種子草 1931 ポアント・セーシュ
シャトー・アルヌーの寺院 1932 マニエール・ノワール
オランジュと葡萄 1932 マニエール・ノワール
アリア(愛の天使の窓掛)(未完成) 1932 ポアント・セーシュ
薔薇とハートの1 1932 アクアタント
民謡集「古那の夜」(フランス創作木版画協会出版)挿絵5点 1932 木口木版・黒刷り
「竹取物語」(本野盛一仏訳、パリ・リーヴル・ダール協会出版)特装本 1933 ビュラン
「竹取物語」(本野盛一仏訳、パリ・リーヴル・ダール協会出版)普及本 1933 ビュラン
二つのアネモネ 1934 アクアタント
エッフェル塔と雲 1933 ビュラン
マルキシヤンヌの村(東ピレネーの村) 1934 ポアント・セーシュ
ソリエスの村 1935 ポアント・セーシュ
伊太利アッシジのサンタ・キヤラ古寺 1935 ポアント・セーシュ
コップのダリア 1935 マニエール・ノワール
三羽の燕、雲、樹(駐仏日本全権大使仏国大統領招宴用メニュー銅板画) 1936 ビュラン
裸婦 1936 ビュラン
モトリコ漁村(スペイン)〔モトリコの教会〕 1936 ポアント・セーシュ
サン・ポール・ド・ヴァンスの風景 1936 ポアント・セーシュ
サン・ジロラーモの門(イタリア・ペルシャ) 1937 ポアント・セーシュ
サン・ジミニャーノ風景(イタリア) 1937 ポアント・セーシュ
花瓶に挿したコクリコと種草 1937 ビュラン
花瓶に挿したコクリコと種草 1937 ビュラン
三つのアネモネ 1937 マニエール・ノワール
ジゴンダ古村の礼拝堂 1938 ポアント・セーシュ
聖体を受けたる少女 1938 ポアント・セーシュ
小さなアネモネ 1939 ポアント・セーシュ
村の礼拝堂(未完成) 1939 ポアント・セーシュ
ジャ・ド・ブッファン(ポール・セザンヌの家) 1940 ポアント・セーシュ
ー樹(ニレの木) 1941 ポアント・セーシュ
レ・ポウの風景 1941 ポアント・セーシュ
シャトー・ド・ヴェヌヴェルの窓 1941 ビュラン
ヴェヌヴェルの丘上の古い農家 1942 ポアント・セーシュ
野草(コクリコと矢車草) 1943 ビュラン
切子グラスに挿したアネモネと草花 1944〜45 アクアタント
宝石と香水 1946 オー・フォルト

作品名 制作年 技法
コップに挿した枯れた野花 1950 ビュラン
くりとかたつむり 1950 ビュラン
木の葉の上の魚 1950 ビュラン
開かれた窓 1951 ビュラン
彫像のある静物 1951 ビュラン
コツプに挿した野花(春) 1951 ビュラン
コップに挿した野花(秋) 1951 ビュラン
フレジュスの古代羅馬の燈台 1952 マニエール・ノワール
窓辺の猫 1952 マニエール・ノワール
窓辺の花瓶 1952 マニエール・ノワール
コップに挿した野草 1953 ビュラン
若木 1953 オー・フォルト
置き忘れられた人形 1953 ビュラン
野薊 1953 オー・フォルト
木と月 1954 オー・フォルト
アカシヤの老樹 1954 オー・フォルト
窓辺卓子 1954〜55 マニエール・ノワール
窓上の人形 1954 オー・フォルトとビュラン
仏国大統領エリゼ宮饗宴メニュー用銅版画 1955 ビュラン
半開の窓 1956 ビュラン
再生したる林檎樹 1956 オー・フォルト
フランス版画家協会晩餐会メニュー用銅版画 1956 ビュラン
野辺小禽 1957 ビュラン
アトミック時代と平和(クリスマス・カード) 1957 ビュラン
玻璃球のある静物 1959 マニエール・ノワール
小鳥と落葉 1959 マニエール・ノワール
瓶の秋草(ピェ・ド・シェーフル) 1959 マニエール・ノワール
薔薇と封書 1959 マニエール・ノワール
樹と村の小寺院(フランス版画家協会のために) 1959 オー・フォルト
卓上 1959 ビュラン
卓上の人形 1960 マニエール・ノワール
チュウリップと三蝶 1960 マニエール・ノワール
セードルの実のある静物画 1960 マニエール・ノワール
木の根と小鳥 1960 マニエール・ノワール
コップに挿した種子草 1961 マニエール・ノワール
薔薇と時 1961 マニエール・ノワール
骰子独楽と幸福の星 1961 マニエール・ノワール
小鳥と胡蝶 1962 マニエール・ノワール

作品名 制作年 技法
飾り棚のオブジェ 1962 マニエール・ノワール
幾何円維形と宇宙方程式 1962 マニエール・ノワール
飼馴らされた小鳥(草花と種子) 1962 マニエール・ノワール
飼馴らされた小鳥(西洋将棋等) 1962 マニエール・ノワール
花と果実 1963 マニエール・ノワール
酒盃の草花 1963 マニエール・ノワール
狐と葡萄(ラ・フォンテーヌ寓話) 1963 マニエール・ノワール
小鳥と二つの枯葉 1964 マニエール・ノワール
小鳥と魚の友愛 1964 マニエール・ノワール
砂漠の薔薇と海の星 1964 マニエール・ノワール
美食家協会メニュー用銅版画 1964 マニエール・ノワール
幸福の小鳥(賀状用) 1964 マニエール・ノワール、手彩色
仮装したる狐 静物画(フインランド童話) 1965 マニエール・ノワール
コップに挿したアンコリの花(過去・現在・未来) 1965 マニエール・ノワール
ジロスコープのある静物 1966 マニエール・ノワール
瓶に挿した種草 1966 マニエール・ノワール
メキシコの鳩 静物画 1966 マニエール・ノワール
メキシコの種子草 静物画 1967 マニエール・ノワール
メキシコの魚 静物画 1967 マニエール・ノワール
本の上の小鳥 静物画 1967 マニエール・ノワール
オパリンの花瓶に挿した種子草 1968 マニエール・ノワール
草花とアカリョム 1969 マニエール・ノワール
時 静物画 1969 マニエール・ノワール
横顔 1970 マニエール・ノワール
地球(賀状用及びマルセル・ベアリュ短編集) 1970 ビュラン
「空飛ぶ街」<アンペニタン書房刊扉絵>)
水浴の少女と魚 1971 ポアント・セーシュ
小鳥と花と果物(賀状用) 制作年不明 マニエール・ノワール
クリスマスのタベ 制作年不明 ビュラン
開かれた窓と小鳩(賀状用) 制作年不明 ビュラン
パリの小鳩嬢(平和と繁栄の使節) 制作年不明 ビュラン
黄金律(賀状用) 制作年不明 ビュラン(ヴェラン皮刷り)
黄金律(賀状用) 制作年不明 ビュラン

作品名 制作年 技法
ニオンスの村 1923 油彩・キャンバス
ヴォルクスの村 1930 油彩・キャンバス
白い花瓶に挿した薔薇その他 1938 油彩・キャンバス
白い花瓶に挿した草花 1948 油彩・キャンバス
種子草写生 1935
草花写生A 1935〜36 墨・淡彩
草花写生B 1935〜36 墨・淡彩
種子草写生 1936
聖体を受けたる少女 1946 サンギン
若い娘 1947〜48 サンギン
若き女の顔 制作年代不明 サンギン
種草 1953 セピヤ・インク
根の付きたる種子草 1953 青墨
ヴェヌヴェルの古い農家 1953 青墨
枯草 1956 墨(毛筆描写)
潅木の一枝 195 墨・淡彩

新聞雑誌関係記事
新聞記事
京都:6月8日、6月17日(夕刊)(河野健二)、7月17日
朝日:5月21日、6月20日
毎日:5月22日、6月20日(夕刊)
日経:5月31日
産経:6月10日(夕刊)
中国:6月13日
東奥日報:6月11日
新潟日報:6月12日
岩手日報:6月8日
四国新聞:6月14日
信濃毎日:6月14日
神奈川:6月18日
雑誌記事
サライ:1991年6月6日号(島田康寛)
三彩:1991年6月号(島田康寛)
文化財:1991年5月号

このページの先頭へ