過去の展覧会 1989(平成元)年度

回数 展覧会名 開催日数 入場者数 1日平均
202 華麗な革命−ロココと新古典の衣裳
4.4〜5.28
共催:京都服飾文化研究財団
48日 109,970人 2,291人
203 ジウジアーロ・デザインの世界
4.25〜5.28
会場:1階ロビー及び講堂
30日 (52,661)人 (1,755)人
204 フランス絵画の精華
6.6〜7.16
共催:日本経済新聞社
36日 64,392人 1,789人
205 現代デザインの水脈:ウルム造形大学展
6.20〜7.9
会場:1階ロビー及び講堂
18日 (8,413)人 (467)人
206 ヴァチカン美術館特別展
8.1〜9.10
共催:ヴァチカン美術館、国立西洋美術館、読売テレビ、読売新聞大阪本社
36日 107,636人 2,990人
207 池田遙邨遺作展
9.19〜10.15
共催:毎日新聞社
24日 54,751人 2,281人
208 能弁なオブジェ−現代アメリカ工芸の展開
10.31〜12.17
特別展
42日 17,633人 420人
209 高木敏子遺作展
11.21〜12.17
会場:1階ロビー及び4階特別展示室
24日 (6,676)人 (278)人
210 色彩とモノクローム
1.5〜2.12
東京国立近代美術館特別展
34日 12,028人 354人
211 生誕100年記念 国吉康雄展
2.20〜4.1
共催:読売テレビ、読売新聞大阪本社
36日 36,243人 1,007人
合計 1階ロビーでの開催展(ジウジアーロ・デザインの世界、現代デザインの水脈:ウルム造形大学展、高木敏子遺作展)は、参考人数 256日 402,653人 1,573人
常設展示 - 近代の美術・工芸・写真
4.1〜3.31
306日 (137)
39,540人
129人
総計 尚、この総計には、平成2年度の4月1までを会期とした「国吉康雄展」の1日分が加算されている( )は常設展示、館主催展および共催展の入場者数と重複しているので総計には入れられない。 306日 440,079人 1,438人

過去の展覧会

1960年〜 1970年〜 1980年〜 1990年〜 2000年〜 2010年〜
- 1970(昭和45)年度 1980(昭和55)年度 1990(平成2)年度 2000(平成12)年度 2010(平成22)年度
- 1971(昭和46)年度 1981(昭和56)年度 1991(平成3)年度 2001(平成13)年度 2011(平成23)年度
- 1972(昭和47)年度 1982(昭和57)年度 1992(平成4)年度 2002(平成14)年度 2012(平成24)年度
- 1973(昭和48)年度 1983(昭和58)年度 1993(平成5)年度 2003(平成15)年度 2013(平成25)年度
1964(昭和39)年度 1974(昭和49)年度 1984(昭和59)年度 1994(平成6)年度 2004(平成16)年度 2014(平成26)年度
1965(昭和40)年度 1975(昭和50)年度 1985(昭和60)年度 1995(平成7)年度 2005(平成17)年度 2015(平成27)年度
1966(昭和41)年度 1976(昭和51)年度 1986(昭和61)年度 1996(平成8)年度 2006(平成18)年度 2016(平成28)年度
1967(昭和42)年度 1977(昭和52)年度 1987(昭和62)年度 1997(平成9)年度 2007(平成19)年度 -
1968(昭和43)年度 1978(昭和53)年度 1988(昭和63)年度 1998(平成10)年度 2008(平成20)年度 -
1969(昭和44)年度 1979(昭和54)年度 1989(平成元)年度 1999(平成11)年度 2009(平成21)年度 -


このページの先頭へ