所蔵作品展−近代の絵画

 当館では、開館以来美術作品の収集につとめてきており、既に約2,375点に達した。しかし、これらの所蔵作品も、常設展示の会場を持たない当館では、次々と開催する企画展のため、一般の人々の目に触れる機会が少ない。こうしたことにかんがみ、当館では所蔵作品紹介の展覧会開催に留意してきたが、本展もこうした趣旨により開かれたものである。

 今回は、近年当館が購入した作品及び作家、所蔵家・ご遺族などのご好意により寄贈をうけた作品の中から、特に日本画・洋画に的をしぼって展示した。

会期
56年12月22日〜57年1月31日
入場者数
総数 9,364人(1日平均 312)
出品目録
日本画
作者名 作品名 制作年 材質・形状
石崎光瑤 熱国妍春 1918 絹本彩色・六曲一双屏風
上村松園 花のにぎわい c.1907 絹本着色・軸装
宇田荻邨 夕涼 1956 絹本彩色・額装
水神貴船奥宮 1969
小倉遊亀 舞妓 1969
小野竹喬 奥の細道句抄絵の内 1976 紙本彩色・額装
田一枚植えて立ち去る柳かな  
荒海や佐渡に横たふ天の河  
涼しさやほの三日月の羽黒山  
あかあかと日は難面くも秋の風  
象潟や雨に西施が合歓の花  
甲斐荘楠音 西のかけ橋(七妍改題) c.1912 紙本彩色・六曲半双屏風
粥川伸二 紅毛散策図 絹本彩色・二曲半双屏風
菊池契月 夕至 1918 絹本彩色・軸装
木島桜谷 行路難 1922 絹本彩色・二曲一双屏風
小林古径 1927 絹本彩色・軸装
小松 均 1931 紙本彩色・二曲一双屏風
下村良之介 鳥不動 1965 紙粘土・彩色・額装
竹内栖鳳 若き家鴨 1937 紙本彩色・二曲一双屏風
土田麦僊 1908 絹本彩色・四曲半双屏風
海女 1913 絹本彩色・六曲一双屏風
大原女 1927 絹本彩色・額装
寺島紫明 彼岸 1946 絹本彩色・二曲半双屏風
徳岡神泉 後苑雨後 1927 絹本彩色・額装
1952 紙本彩色・額装
枯葉 1958 紙本彩色・額装
富岡鉄斎 富士遠望、寒霞渓図 1905 紙本彩色・六曲一双屏風
富田渓仙 万葉春秋 1936 絹本彩色・二曲二双屏風
西山翠嶂 まぐさ 1920 絹本彩色・三曲半双屏風
橋本関雪 意馬心猿 1928 絹本彩色・四曲半双屏風
秦テルヲ 母子 c.1918 麻布彩色・額装
血の池 1919
泥谷文景 友自遠方来 1948 紙本墨画、額装
福田平八郎 花菖蒲図 1934 絹本彩色・額装
真鯉 c.1936
1961 紙本彩色・額装
三上 誠 断層の化石 A 1949
水越松南 池塘一悟 1951 紙本彩色・二曲半双屏風
三谷十糸子 1976 紙本彩色・額装
三輪晁勢 マタドール 1961
泳影 1963
白い道 1967
村上華岳 田植の頃 1912 絹本彩色・二曲半双屏風
夜桜之図 1913
森田曠平 京へ 1973 紙本彩色・四曲半双屏風
山口華楊 白露 1974 紙本彩色・額装
山口八九子 雲雀を揚ぐる夕 1924 絹本墨画彩色・額装
山元春挙 春夏秋冬 1913 絹本着色・軸装(四幅対)
吉岡堅二 飛天 1917 紙本着色・額装

洋画
作者名 作品名 制作年 材質・形状
荒井龍男 森の部分 c.1935 油彩・カンバス・額装
有馬さとえ 新緑の頃 1922
「むすめ」の像 1939
石垣栄太郎 鞭うつ 1925
牛島憲之 炎昼 1946
晩春 1954
大久保作次郎 饗宴の卓 1955
香月泰男 奇術 1958
金山平三 渓流
発荷の旧道
岸田劉生 麗子弾絃図 1923
国吉康雄 鶏に餌をやる少年
熊谷守一 化粧 1956
獅子頭 1974 油彩・板・額装
小林和作 春の山 1967 油彩・カンバス・額装
秋山 1971
斉藤真一 上河原の陽 1973 油彩・板・額装
斉藤真成 人々 1955 油彩・カンバス・額装
坂本繁二郎 二馬図 1943
里見勝蔵 静物 c.1924
渓谷の春 1924
1929
1937
曠野 c.1959
婦人像 1976
芝田米三 めざめる大地 1979 油彩・カンバス・額装
須田国太郎 城南の春 1933
1952
曽宮一念 スペインの野 1969
田中善之助 少女像 c.1910
中川紀元 婦人像 1920
風景
鍋井克之 月光と海水 1956
潮岬灯台 1967
難波田龍起 原始象形 1958
野口謙蔵 水村雪後 1938
長谷川潔 ニオンスの村 1923
長谷川三郎 自然 1953 紙・墨・二面屏風
長谷川利行 1932 油彩・カンバス・額装
藤島武二 花籠 1913
藤田嗣治 二人の女 1927 鉛筆・淡彩・紙・額装
藤田嗣治 メキシコに於けるマドレーヌ 1934 油彩・カンバス・額装
前田寛治 ポーランド人の姉妹 1923
三井文二 友達の肖像(大畑為三郎像) 1920
森 芳雄 石膏のある静物 1953
山口 薫 季節の哀歓「田甫と烏」
吉原治良 潜水夫と犬 c.1931
涙を流す顔 1949
ハンナ・ヘッヒ 日本の夏 1966 コラージュ・額装
小さい傘 1969
アンリ・マティス 鏡の前の青いドレス 1937 油彩・カンバス・額装
ピエト・モンドリアン コンポジション c.1916
パブロ・ピカソ 静物−パレット、燭台、ミノトールの頭部 1938

新聞雑誌関係記事
読売(夕)/12月26日
毎日/1月13日
京都/1月23日
サンケイ/12月18日
女性とくらし 1月1日号

このページの先頭へ