マチス展

 アンリ・マチス(1869〜1954)は、60有余年にわたる絶え間のない研鑽と独自の創造によって、パブロ・ピカソと並んで20世紀絵画最大の巨匠と称されている画家である。

 マチスは印象主義の洗礼を受けたのち、1905年のサロン・ドートンヌにおいて、強烈な色彩をほしいままにするグループの中心的役割をはたし、フォーブの旗手となった。それは、新印象主義の科学的色彩論の制限下にあった色彩を、絵画の全体性という関係に解放するものであり、20世紀絵画の地平を拓いた画期的なものであった。以後のマチスは、今世紀絵画の潮流に身をまかせることなく、彼独自の世界を完成させていった。

 本展は、日本では30年振りに開かれたマチスの展覧会であり、初期からフォーブ、晩年へと、マチスの各時期の特色を示す代表作を含めて、絵画、彫刻、素描、版画、切り絵、タピストリなど約170点を展示し、彼の作品の全貌を明らかにするよう構成された。

 本展は、質、量とも現在わが国で望みうる最高のマチス展であるとして、多数の一般入場者を集めた。また美術研究者からも明確な視点を持った展覧会の構成、研究書としての図録の質の高さなどに賛辞が寄せられた。

会期
5月26日(火)〜7月19日(日)
入場者数
総数 173,427人(1日平均 3,613人)
共催
東京国立近代美術館・国際芸術文化振興会・読売新聞大阪本社・読売テレビ放送
後援
外務省・フランス大使館・近畿各府県6市教育委員会
出品目録
油彩
題名 制作年 技法 寸法(cm)
静物(ダヴィド・デ・ヘームによる) 1893 油彩・カンバス 73.3×100.3
シルク・ハットのある室内 1896 80.0×95.0
果物と酒瓶のある静物 60.0×73.0
レモンとオランダ・ジンの瓶 31.2×29.3
風車小屋の庭、アジャシオ 1898 38.0×46.0
画室の裸婦 1899 油彩・紙貼画布 65.5×50.0
逆光のなかの静物 油彩・カンバス 74.0×93.5
青い水差し 1899〜1901 66.0×74.0
画家の肖像 1900 64.0×45.0
モデル c.1900 58.0×35.0
ノートルダム 1900 46.0×37.5
紫色のノートルダム 1902 50.0×65.0
静物 1902-03 油彩・カルトン 24.1×34.9
静物 1903 油彩・カンバス 7.0×9.0
日傘の婦人 1905 46.0×38.0
コリウール 油彩・カルトン 24.5×32.5
コリウール風景 c.1905 油彩・板 41.3×33.4
海辺 1905 24.4×32.4
コリウール眺望 1906 油彩・カンバス 59.5×73.0
赤い絨毯のある静物 90.0×116.0
立てる裸婦 1907 92.0×64.8
音楽(スケッチ) 73.4×60.8
豪奢I 210.0×138.0
コリウール風景 60.5×73.5
緑の眼の少女 1908 66.0×50.8
黒と金の裸婦 100.0×65.0
ニンフとサチュロス 1909 89.0×117.0
ダンス(第一作) 1909 油彩・カンバス 259.7×390.1
水浴する人 92.7×74.0
坐る裸婦 33.0×41.0
緑の婦人 65.0×54.0
青いテーブルクロス 88.0×118.0
ナスターチウムの花と《ダンス》 1912 193.0×114.0
カスバの門 116.0×80.0
青い窓 1913 130.8×90.5
リラの枝 1914 146.0×96.0
コリウールのフランス窓 116.0×88.0
縞ジャケット 1909〜15 123.0×68.0
マイケル・スタインの像 1916 67.3×50.5
グレタ・ブロゾー 147.0×64.0
オレンジの鉢 54.0×65.0
後向きに坐る裸婦 1917 62.2×47.0
画家の娘 1918 73.0×54.5
ヴァイオリン・ケースのある室内 1918〜19 73.0×60.0
横たわる裸婦 1919 35.0×43.0
イッシィの庭 1917〜19 130.0×89.0
オリーヴの並木道 1919 74.0×60.0
日傘の女 1920 66.0×47.0
芍薬のある静物 64.7×54.7
室内、7月14日、エトルタ 36.0×44.0
ニース近郊 37.5×45.0
オダリスク 42.0×34.0
女と花束 c.1920 76.0×61.0
窓辺に坐る婦人 1920〜21 62.0×50.0
読書の途中で物想いにふける女 1921 54.3×65.3
両腕をあげたオダリスク 〃46.0×38.0
二人の女楽士 1921 油彩・カンバス 91.5×66.0
冬の漁舟、エトルタ 54.0×65.5
窓辺の婦人 66.5×46.0
タンバリンをもつオダリスク 1922 55.0×38.1
樹間の憩 1923 60.0×73.0
裸で立つオダリスク 56.0×34.0
ヴェニス風の奏楽 60.0×73.0
石膏像のある静物 1924 54.0×65.5
パイナップルのある静物 1924 油彩・カンバス 50.5×61.5
小さなピアニスト 21.8×29.5
大きなオダリスク 1925 81.0×116.0
ルー川のほとり 38.3×46.2
装飾的背景のなかの人物 1925〜26 130.0×98.0
オダリスク 1926 55.5×46.0
籠のなかのパイナップル 47.0×38.0
踊り子、灰色のハーモニー 1927 56.0×38.0
休息する二人のモデル 1928 46.8×73.3
二人のオダリスク 54.0×65.0
裸婦 1929 60.0×45.0
黄色いドレスの娘 1929〜31 100.0×81.3
白いドレスの肖像 1934 113.0×73.0
海水着の女 1935 46.0×33.0
赤い服の女、花飾りの帽子 49.5×26.0
ばら色の裸婦 66.0×92.7
真珠の首飾りの女 1937 66.0×41.0
鏡の前の青いドレス 64.0×49.0
緑のブラウスを着たハンガリー女 1939 61.0×45.0

題名 制作年 技法 寸法(cm)
1940 油彩・カンバス 81.0×65.0
マグノリアのある静物 1941 74.0×101.0
坐る踊り子 1942 33.0×45.5
ばら色の女 55.0×33.0
ばら色のドレスを着た婦人 61.0×46.5
黒い背景の中に坐る婦人 55.0×46.0
レモンと百合紋のある静物 1943 73.4×61.3
二人の娘と芍薬の花束、黒い背景 1947 46.0×55.0
大きな赤い室内 1948 146.0×97.0
黄色いドレスを着たカティア 1951 81.0×60.0

彫刻
題名 制作年 技法 寸法(cm)
少女裸像 1906 ブロンズ h.48.0
横たわる裸婦I 1907 h.35.2
二人の黒人女 1908 h.46.6
後手の坐裸婦 1909 h.29.9
蛇のような女(ラ・セルパンティーヌ) h.56.0
大きなうずくまる裸婦、オルガ 1910 h.42.5
ジャネットIII 1910〜13 h.60.0
アンリエットI 1925 h.29.5
アンリエットIII 1929 h.40.0
横たわる裸婦III h.18.7

素描
題名 制作年 技法 寸法(cm)
イタリア人の肖像(ベヴィラクア) c.1902 石墨・鉛筆・紙 30.5×23.0
読書するマルグリット 1906 インク・ペン・紙 39.6×52.1
男の肖像 c.1906 石墨・鉛筆・紙 19.5×11.0
人物たち 26.0×19.0
《豪奢I》のための習作 1907 木炭・紙 225.0×137.0
《ダンス》のための習作 1909〜10 木炭・紙貼カルトン 48.0×65.0
黒猫を抱く少女 1910 石墨・紙 27.5×21.4
《ダンス(第一作)》による習作 1909 鉛筆・紙 21.8×35.1
イヴォンヌ・ランズベール 1914 鉛筆・トレッシングペーパー 28.2×21.7
マチス夫人の肖像(三角帽にヴェールをつけた) 1915 石墨・紙 63.0×48.0
羽根帽子の少女、横顔 1919 鉛筆・紙 37.2×24.2
羽根帽子 54.0×36.5
オダリスク 1921 24.6×30.5
少女の顔 1922 黒チョーク・紙 40.6×51.2
アンリエット 木炭・擦筆・紙 47.4×31.0
マルグリットの肖像 1925 鉛筆・紙 25.3×19.0
坐るオダリスク 1926 インク・ペン・紙 27.3×30.3
チェス盤のそばに坐るオダリスク 1927 黒インク・ペン・紙 38.4×55.9
坐る裸婦 1930 石墨・鉛筆・紙 25.0×33.0
坐るオダリスク c.1931 鉛筆・紙 27.9×37.5
横たわる裸婦 1933 石墨・鉛筆・紙 33.0×25.0
女の闘い 1935 木炭・紙 63.5×48.0
後向きに横たわる裸婦 木炭・擦筆・紙 37.5×56.5
うつ伏せに休むモデル 1936 鉛筆・紙 43.8×50.8
白い胸飾り インク・ペン・紙 38.0×28.0
ルーマニアのブラウス 1937 墨・ペン・紙 63.5×49.5
鏡に写った画家とモデル インク・ペン・紙 61.2×40.7
二人の女 1938 37.5×50.5
肱つく東洋の女 1944 墨・ペン・紙 51.0×38.7
《ポルトガルの尼僧》のための習作(ドゥシア) 1945 木炭・紙 51.5×39.5
混血の女 木炭・紙 51.0×38.7
女の顔 インク・ペン・紙 42.0×32.0
マリチニックの女 1947 鉛筆・紙 51.0×38.7
いちじくの枝 1948 木炭・紙 52.0×47.5
《聖ドミニスク》のための小習作 c.1949 黒インク・刷毛・紙 158.0×92.0

版画
題名 制作年 技法 寸法(cm)
彫版師としての自画像 c.1903 エッチング・ドライポイント 15.1×20.1
坐る裸婦 1906 木版 34.2×26.9
顔の半分かくれた裸婦 1914 転写法リトグラフ 50.3×30.5
後向きに坐る裸婦 リトグラフ 42.3×26.4
日本の着物を着たマルゴ エッチング 19.6×10.7
トルソー 1916〜17 モノタイプ 17.6×12.8
花束と少女 1923 転写法リトグラフ 17.8×26.0
両腕をあげて坐る裸婦 1924 リトグラフ 61.7×47.8
縞模様のパンタロンのオダリスク 1925 転写法リトグラフ 54.6×44.2
横たわるオダリスクと果物籠 リトグラフ 19.0×27.0
チュールのスカートをつけたオダリスク 1929 28.6×38.1
金魚鉢の前の少女 エッチング 9.2×12.4
花模様のブラウスのマグリット 14.7×10.1
頬杖して坐る婦人 1929 ドライポイント 15.5×12.4
頬杖して坐る裸婦 14.9×9.7
ディアーヌ 1938 リノカット 23.5×19.7
プリマヴェーラ 22.9×16.9
母と子 1951 リトグラフ 30.8×24.5

挿画本
題名 制作年 技法 寸法(cm)
アンリ・ド・モンテルラン『パジファエーミノスの歌(クレタの人々)』 1944 リノカット(18枚) 33.8×26.0
マリアンナ・アルカフオラド『ポルトガル尼僧の手紙』 1946 リトグラフ(19枚) 27.7×21.5
シャルル・ボードレール『悪の華』 1947 エッチング(1枚)木版(69枚)フォト・リトグラフ(33枚) 28.7×23.4
アンリ・マチス『ジャズ』 手書原稿の複写およびシルクスクリーン152枚 42.5×32.8
詞華集ロンサール『恋愛詩集』 1948 リトグラフ(126枚) 38.8×29.9
『シャルル・ドルレアン詩集』 1950 フックシミリとリトグラフ(100枚) 41.2×27.6

切り絵/タピストリー
題名 制作年 技法 寸法(cm)
踊る人 1937〜38 グワッシュ 切り紙 75.0×62.0
黒人ボクサー 1947 32.0×25.5
ミモザ 1949 148.0×96.5
ミモザ 1951 タピストリー 148.0×96.5
表紙デザイン−アルフレッド・H・バーII世著『マチス−その芸術と大衆』 1951 グワッシュ・切り紙 27.0×42.9
ポリネシア、空 1947 タピストリー 197×315
ポリネシア、海 1948 200×310

新聞雑誌関係記事
朝日/6月13日
京都/6月13日
公明/4月12日
サンケイ/5月22日、6月29日(高橋 亨)
日経/3月27日
毎日/5月12日(田中幸人)
読売/2月25日(夕)(鈴木 敬)、3月11日(村瀬雅夫)、5月2日(潮江宏三)、5月21日(安黒正流)、5月23日(夕)(中原佑介)、5月24日(加山又造、大森達次)、
 5月26日、5月28日、6月9日(夕)(生島遼一)、6月10日(中島徳博)、6月20日(夕)(河野多恵子)、6月21日(小倉忠夫)、
 6月26日(夕)、6月28日、7月2日(高橋 亨)、7月2日(夕)(村田慶之輔)、7月3日(石阪春生、乾 由明、岡田隆彦、三輪晁勢、山本格二)
 7月10日(夕)
 4月2日〜7月16日(夕)(「マチスと私」30回連載)
 5月8日〜30日(夕)(「マチス色彩の饗宴」11回連載、安黒正流)
 5月13日〜7月15日(夕)(「マチス展への招待」10回連載、安黒正流)
 6月4日〜6日(「マチスの女たち」3回連載)
 4月8日〜7月15日(「マチスの言葉」15回連載、鈴木 敬)
新美術新聞 No.257(本江邦夫)
三彩 No.405(島田紀夫)
みつゑ No.913(「特集・アンリ・マチス」中原佑介、堀 浩哉、木島俊介、中島理壽)
〃 No.914 南シンボー
美術手帖 No.479(本江邦夫)

このページの先頭へ