現代衣服の源流

 本展は1973年から74年にかけてニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催され、空前の好評を博した「インベンティブ・クローズ1909〜1939」展を同館ならびに京都市・京都商工会議所との共催によって開催したもので、その内容はダイアナ・ブリーランド女史によって選択され監修されたものである。

 1910、20、30年代の西洋は新しい美術、新しい音楽、新しい生活様式に酔いしれた時代で、その中心はパリにあった。衣服もその例外ではなく、この活気を帯びた社会の動向をするどく、また多彩に反映していた。身体を締めつけたり、つめものでふくらませたりのヴィクトリア王朝風は消え去り、体の線が浮き彫りにされるようになったが、これは人々の精神と肉体を自由に導くのに一役かったわけでもある。ファンタジックな意匠で女性を直線的シルエットのうちにとらえたポワレ、ファッションにぜいたくさと上品な落ちつきを与えたキャロ姉妹、ガウンをバイアスに裁ち衣服に全く新しい概念をもたらしたヴィネオ、機能的でシックな衣服を紹介したシャネル、奇抜で革新的な衣裳を生み出したスキャパレリの作品等々、本展に展示された衣服はすべてパリでデザインされ制作されたものである。そしてこれらの衣服は欧米の女性たちが競って所有し着用した。この30年間のファッションの世界的変化はこれまでに比類のないもので、これらが現代衣服の源流となり、現代に引き続き継がれていることはいうまでもない。

 行きとどいた構成のもとで高名なデザイナーたちのオリジナル作品役150点を展示した本点は、もちろん日本では最初の画期的な企てで、各方面からの注目をあび、記念豪華図録『現代衣服の源流』が京都商工会議所から刊行された。

会期
3月25日〜5月25日
入場者数
総数111,232人(1日平均2,059人)
出品目録
デザイナー 作品名 制作年
ポール・ポワレ サマー アフタヌーンドレス 1919〜21
デイ ドレス「ミモザ」 1919〜20
アフタヌーン チュニックドレス 1910
シアター イブニング c.1913
デイ フロック「ブークリェ(盾)」 1925
アフタヌーン アンサンブル 1920
テーラーカラーのプロムナードアンサンブル 1919
デイタイム コート 1919〜20
夏の旅行用コート 1920年代初期
アフタメーン コート c.1922
アフタメーン スーツ c.1919
サマー アンサンブル 1920〜22
イブニング ドレス c.1922
オペラ コート 1922
イブニング ラップ 1917春
イブニング ガウン「オマージュ・ア・ルソー」 c.1910
アウフタヌーン ドレス c.1924
夜会のためのガウン c.1923
アウフタヌーン ドレス 1919〜22
紫のダマスク織りドレス 1912
うすいブルーのリネン 1906
ナイト ドレス c.1912
キャロ姉妹 ディナー ガウン c.1919
ディナー フロック 1920年代初期
アフタヌーン フロック c.1926
イブニング ガウン 1923〜24
ラウンジング パジャマ c.1927
イブニング ガウン「アメリカンビューティー」 c.1925
イブニング ガウン 1924〜27
ダンシング ドレス 1928
ダンシングドレス「ファッシネーション」 1927夏
ディナー フロック c.1926
イブニング ガウン 1920年代初期
イブニング ガウン「サン・タオ」 1925
イブニング フロック c.1925
チュニック フロック 1925〜27
レストラン ドレス c.1925
ダンス フロック c.1927
フォーマル ダンス ドレス 1930年代初期
おそい午後 またはディナーのためのフロック c.1919
サマー デイ フロック 1924
シアター アンサンブル 1929〜30
キャロ姉妹 シアター ドレス 1926〜27
イブニング ガウン c.1914
イブニング ガウン 1910冬
イブニング ガウン 1922
イブニング ガウン 1928
マドレーヌ・ヴィオネ カクテル ドレス cc.1936
ゆったりしたスカートのディナードレス 1938
イブニング ドレス c.1935
遅い夜会のためのドレス 1929〜30冬
ディナー ドレス c.1937
イブニング フロック 1928〜29
舞踏会のためのガウン 1934〜35冬
ディナー ガウン 1932〜33
舞踏会のためのガウン 1938
イブニング ガウン 1917
舞踏会のためのガウン 1936〜37冬
ディナー ガウン 1931〜32
イブニング ガウン 1932夏
イブニング ガウン 1937
舞踏会のためのガウン 1938〜39
イブニング ドレス c.1932
ディナー ドレス 1934〜35
イブニング ガウン 1925
ディナー ドレス 1925〜26
デザビエ(ホームガウン) 1932〜35
ディナー ドレス 1934〜35
ディナー タイム パジャマ c.1932
初めて社交会に出る婦人のための舞踏会用ガウン c.1935
舞踏会のためのガウン 1938
イブニング ガウン c.1939
ディナー ガウン
サマー イブニング ドレスとケープ 1939
舞踏会のためのガウン c.1936
イブニング ガウン 1938
舞踏会のためのガウン 1938〜39
サマー イブニング アンサンブル 1930〜32
イブニング ガウン 1938夏
サマー ディナー ガウン 1919〜20
サマー ダンスドレス 1922
イブニング ドレス c.1929
アフタヌーン ドレス c.1935
ホーム ガウン 1934
イブニング ドレス 1930年代
ガブリエル・シャネル イブニング ドレス c.1928
アフタヌーン フロック 1926〜27
ガブリエル・シャネル シアター スーツ 1939秋
シアター アンサンブル 1933〜35
スポーツ観戦用のコスチューム 1926年の作品を再現
ディナー ドレス c.1939
ディナー シアター アンサンブル 1926
ダンシング ドレス 1926〜27
イブニング ドレス 1926
イブニング ドレス 1927〜28
サマー イブニング ドレス 1937
サマー イブニング ドレス 1939
ディナーガウン 1932〜33
ディナーとダンスのためのドレス c.1932
ガウン 1930
エルザ・スキャパレリ イブニング ドレス c.1939
ディナー ガウン
イブニング ガウン c.1938
ボレロ 1938夏
ドレス 1937夏
カクテル ドレス 1939秋
イブニング スーツ
ロング イブニング コート 1938〜39冬
イブニング コスチューム c.1938
ヘッド スカーフ付きイブニング ガウン 1938夏

デザイナー 作品名 制作年
エルザ・スキャパレリ ロング イブニング コート 1937〜38
シアター コート 1939秋
ショート イブニング クローク 1938
ショート ケープ 1938〜39冬
ジャケット 1936〜37冬
ジャケット c.1937
ドレス
ショート イブニング ジャケット 1939春
おそい午後のためのアンサンブル c.1937
ディナー シアター スーツ 1938
イブニング ドレス 1939春
イブニング ドレス c.1938
ジャケット c.1937
イブニング ラップ 1939夏
ロング イブニング クローク 1937春
ロング イブニング コート c.1938
ロング イブニング コート 1935〜36冬
ショートケープ付きベスト
ジャケット
アーリックス ディナードレス c.1938
イブニング ドレス
ジャケット 1936
イブニング ドレス c.1938
パトウ イブニング ドレス c.1926
ルイスブーランジェ ダンス ドレス c.1928
レニエフ チュニックジャケットとズボン風スカート c.1913
パクィン シアター ラップ c.1912
ジャンヌ・アーレー イブニング ガウン 1913〜14
イタリア人 宮廷トレイン 1930
モリノー チャールストン時代のダンシングドレス 1926〜27
(アクセサリー)
デザイナー 作品名
エルザ・スキャパレリ 手袋
アンクルブーツ
アンクルブーツ
アンクルブーツ
ベルト
アンクルブーツ
短い手袋
手袋
手袋
ネックレス
ネックレス
小さい帽子
エルザ・スキャパレリ 羽根のベルト
羽根のベルト
長手袋
手袋
(絵画)
デザイナー 作品名
アンリ・マチス オダリスク
ラウル・デュフィ ニース風景
アスコット競馬場のパドック
ヴァン・ドンゲン ミス・フランス
ギィ・ペーヌ・デュポワ チェスターデール夫妻の晩餐
マルタン 楽屋
ドリァン カビー・デリーズ
ヴァン・ドンゲン イヴォンヌ・ジョルュ
バクスト ポスター「カリアティス」
エルテ 宝石のデザイン画5点
デルマン靴店のための靴のデザイン画13点
「レ・モールのための、三揃いのコスチューム・デザイン」3点
「マンハッタン・メリーのための、舞台装置」
ハーパス・バザーの表紙
カーテンのデザイン
ランデック 「シンプリシィスムの冒険物語」素描
ルパップ ポスター「デザート・ソング」
マルティ 「マダム・アイダ・ルビンシュタイン」
アンドラーダ 「談笑」素描

新聞雑誌関係記事
毎日(夕刊)3月22日、3月31日
毎日 4月14日、15日、17日、18日(吉田光邦)
毎日(夕刊)5月31日(藤川延子)
京都 3月24日 3月29日 5月3日
読売 3月27日 3月29日 3月31日
朝日(夕刊)3月29日(池田 弘)4月12日(小川正隆)
日経(夕刊)4月14日(森南海子)

このページの先頭へ