英国風景画展

 市民社会の確立にともなって、宗教や王侯等の外的権威から解放された自由な眼で、周囲の美しい自然の諸相を描き表す自由な個人としての芸術家の自覚が近代美術の成立につながるものである。18世紀末から19世紀初頭の英国の風景画はこのような背景のもとに生まれたと言ってもよい。この展観はそうした英国の風景画を、コンスタブル、ターナーらに先駆けて自然の美を表した、18世紀のウィルソンやゲインズボロー、水彩画での先駆者カズンズやサンドビーにまで逆上って示すとともに、自然を光と色彩の世界として描き出し、その点でフランスの印象派に先んじたターナーの芸術を新しく見直すため多くの彼の作品が出品された。

会期
12月1日−昭和46年1月15日
入場者数
総数74,550人(1日平均2,192人)
共催
日本経済新聞社
プリティッシュ・カウンシル
出品目録
作者名 題名 制作年
ブルッキング、チャールズ 疾風を受ける満帆のカッターと艦隊  
暴風、坐礁した二層戦艦  
コンスタブル、ジョン スタゥア川のはしけ  
デダムの水車場 1820
ソールズベリ大聖堂と囲い
ハムステッドの荒野 c.1820-21
空と樹の習作
樹の幹の習作 c.1821
ハムステッド、ブランチ・ヒルの池 c.1821-22
ブライトン・ビーチ、石炭船 c.1824
水門 1826
ホワイトホールの階段から眺めたウォータールー・ブリッジ開通式 1832
虹のかかったハムステッドの荒野 1836
クローム、ジョン スレート採掘場
森のはずれ c.1809-11
マーリンフォード・グローヴ c.1815-17
ド・ラウサーバーグ、フィリップ・ジェームズ シャフハウゼン、ライン河の滝 c.1775
コールブルックデール夜景 1801
ド・ウイント、ピーター 麦畑
ゲインズバラ、トマス 市場へ行く農夫たち c.1770
村の眺め、農夫と家畜 1770年代初め
森の風景、村の恋人たちと牛 1770年代
橋を渡る牛を追う馬上の農夫 c.1781
浅瀬を渡る馬車 1780年代中頃
ホッジス、ウィリアム 太平洋の噴火口
ダスキー湾の瀑布
モーランド、ジョージ 船を引きあげる漁師たち 1791
砂をはこぶ馬車 1792
スコット、サミュエル ウェストミンスター・ブリッジの建設 1748-49
オールド・ロンドン・ブリッジ c.1749

作者名 題名 制作年
ターナー、ジョゼフ・マロード・ウィリアム マコンのぶどう収穫祭 1803
川辺の柳 c.1807
ロウアー・ホップからのウィンザーの眺め c.1807-10
ニューアーク僧院 c.1807
峡谷 c.1807
テームズ河、ウィンザー近傍 c.1807
ターナー、ジョゼフ・マロード・ウィリアム グランド・ジャンクション・カナル、サウソールの風車附近 1809-20
ネミ湖 1828
岩の入江 c.1828-29
橋の見える川辺 c.1828-29
クロード・ロラン風の主題 c.1828-29
パレストリーナ 1828
風に波立つ浜 c.1835
水のある風景 c.1835-40
スポレート、橋と塔 c.1840
ヴェネツィアの祭 c.1845
ウォード、ジェームズ 闘牛、セント・ドナッツ城遠望
リージェンツ・パーク、牛の群れ 1807
ゴーデールの断崖 1813
ウィルソン、リチャード ディー川のホールト橋 c.1762
ドルバダーンの城
スノードン
カーナーヴォンの城
カステル・ガンドルフォとアルバノ湖
ウートン、ジョン 狩り
グロースターシャー、ストーク・パーク
ライト・オブ・ダービー・ジョゼフ インディアンの寡婦 1785
虹のある風景 c.1794-95
ボニントン、リチャード・パークス ディヴ:教会の前の行列
船の見える海岸風景 1828
コンスタブル、ジョン スタゥア川、デダムの教会堂遠望 c.1830-36
コットマン、ジョン・セル グレータ河畔 c.1805
耕地
ノーリッチ大聖堂、聖ルカ礼拝堂
コックス、デーヴィッド 田舎道、牛追い
ウエールズの城 c.1836
カズンズ、アレグザンダー 古典的風景
山岳風景
日陰の丘の見える風景
カズンズ、ジョン・ロバート ネミ湖
パエストゥムの二つの古代神殿
ヴィラ・マダマから眺めたローマ
グリニッチ・ヒルからの眺め
ド・ウィント、ピーター カークスドール僧院
崖と池のある風景
ガーティン、トマス エクスマス
ドーセットシャーの浜、ラルワースの入江
ダラム大聖堂 1799
ボルトン僧院 1801

作者名 作品名 制作年
パーマー、サミュエル 仲秋の満月 c.1830-31
柵の中の羊たち c.1831-32
ローランソン、トマス 艦隊の帰還
宿屋の前の馬車
サンドビー、ポール ウインザー城、ノーステラスより西を望む
クィーン・エリサベス門より東にカッスルヒルを望む 1770
ウィンザー・ホーム・パーク
ヒート・ストリート下手より眺めた町と城
タウン、フランシス モンブランの見えるアルヴェイロン川の水源 1781
セント・ジョンの谷間、ケスウィック遠望 1786
ライダル・ロードから眺めたグラスミア湖 1786
ターナー、ジョゼフ・マロード・ウィリアム キュー・ブリッジ 1806-07
ドーヴァー 1824
海辺にて
海辺、水遊びする人々
砂浜にて
海辺の神殿 1823
山を望む川の風景
コブレンツ
ヴェネツィア、ラグーナからのジゥデッカの眺め
サン・ジョルジョ・マジョーレ

新聞雑誌関係記事(京都展関係のみ)
日経 12.4 河北倫明
〃 12.6
自然とロマン 会期中 5回連載
自然の賛歌 〃 6回連載
英国風景画展から 〃 5回連載
毎日 12.15
朝日 12.16
日経 12.19
朝日 1.4(夕) 井上 靖
サンケイ 1.7(夕)

このページの先頭へ