石黒宗麿回顧展

 石黒宗麿は医家に生れながら陶芸に志し、はじめ伊賀、信楽、唐津など、主として日本の古陶を研究した。昭和2年に京都に移ってからは、中国古陶磁の追求に打込み、柿天目、木葉天目などを完成させるとともに、均窯、宋赤絵、千点文など多岐にわたる数々の優品を制作した。その秀れた技術により「人間国宝」に指定されたが、その作品は、単なる古陶磁の模倣に止まらず、新鮮な創意を示すとともに、古陶磁の高い精神を体している。この展観は彼の3回忌を迎えるにあたり、その初期から晩年にいたる陶芸の代表作に加えて書画をも陳列し、名利を求めず、ひたすら自己の道を追求した石黒宗麿の全貌を示すものとして注目を集めた。

会期
4月7日−5月10日
入場者数
総数5,149人(1日平均171人)
出品目録
陶芸
題名 制作年
狸置物 c.1924
尺八掛花生 1926
阿修羅置物
十六羅漢置物
伊賀瓶掛
黒釉壺 1927-33
呉須立線長壺
白瓷壺
黒褐釉蓋物
黒褐釉花文字盒子
黒釉徳利
刷毛目水指
刷毛目鉢
鉢(黒褐釉)
飴釉皿
縞文銘々皿
白瓷釉裏紅徳利
志野茶碗
唐津平茶碗
刷毛目茶碗
刷毛目茶碗 1927-33
白釉茶碗
飴ちゞれ茶碗
白地梅花文茶碗
井戸手湯呑
黒織部湯呑
八瀬初窯茶碗 1935
唐津筒茶碗
急須
ぐいのみ
粉引壺 c.1935-6
黒釉壺
古瀬戸釉人物文壺
黒釉壺
印花壺
白磁斑文壺
緑釉蓋物
緑釉面取蓋物
辰砂面取蓋物
均窯水指
斑唐津水指

題名 制作年
唐津鉄斑文水指 c.1935-6
黒釉水指
梅華皮雷盆水指
均窯大平鉢
黒釉釘彫牛絵鉢
絵唐津皿
絵唐津茶碗
斑唐津くいちがい茶碗
斑唐津茶碗破衣
皮鯨斑唐津茶碗
絵唐津飯茶碗
均窯天目茶碗
三島手茶碗
白地黒縁茶碗
内黒釉茶碗
練上手茶碗
梅華皮茶碗
三彩獅子香炉
流釉香炉
均窯紫斑文酒盃
柿釉壺 c.1937-8
鵲鵠斑壺
黒釉壺
黒絵壺
黒釉三耳壺
白瓷大壺
白瓷布目文壺
白瓷布目文壺 c.1937-8
鈞窯紫斑文壺
鈞窯紫斑小壺
青瓷盒子
宋赤絵蓋物
柿釉金彩大平鉢
辰砂鉄絵魚花文平鉢
彩瓷鉢
白鉢
緑褐釉大皿
緑褐釉皿
緑褐釉鉢
白瓷縁緑釉鉢
絵唐津風小皿
赤絵魚文小皿
青磁平鉢
柿釉鉄絵水指
白瓷指頭描筒水指
絵高麗茶碗 c.1937-8
ととや茶碗
柿釉飴流茶碗
内柿釉茶碗
柿地指掻文平茶碗
柿釉飴流し茶碗
柿釉茶碗
黒釉茶碗
木葉天目茶碗
黒茶碗
黒描平茶碗
黒釉白覆輪茶碗
鵲鵠斑茶碗
雨漏茶碗
漢緑釉茶碗
柿釉黒絵文飯碗
鵲鵠斑耳付香炉
辰砂香炉
鈞窯紫斑文双耳香炉
柿釉火鉢
緑褐釉急須
急須(緑釉)
急須
急須(絵唐津風)
加彩盃
絵唐津風盃
斑唐津風盃
絵高麗魚文扁壺 c.1939-41
絵高麗魚文扁壺 c.1939-41
絵高麗風小壺
鵲鵠斑小壺
柿釉壺
宋白瓷小壺
花文一輪生
宋赤絵草文鉢
宋赤絵小鉢
宋赤絵河豚文小鉢
赤絵向附
柿釉大皿
柿釉大平鉢
柿釉鉢
絵高麗鉢
千点文蓋物
掛分釉耳付小皿
白瓷梅花盒子
黒釉白堆線文香合

題名 制作年
天目釉水指 c.1939-41
千点瓷●
千点文平茶碗
白磁黒絵双魚●
白瓷紅茶碗
赤絵人形茶碗
赤絵人形くみだし
青磁茶碗
淡青釉茶碗
鵲鵠斑●
赤絵急須
柿釉急須
絵高麗煙草入 c.1939
筆架および風鎮
飛青磁壺 1943
窯変白泥文壺
黒釉型押文水注
波斯黒壺
波斯黒小服茶碗
白瓷彩緑釉茶碗
斑唐津小服
緑釉酒わかし
牛水滴
紫釉作陶図壺 c.1947-8
陶家曼茶羅壺
楽三耳壺
鳥魚文扁壺
白刷毛目魚文扁壺
赤楽手附茶碗
赤楽白泥文手附茶碗
楽茶碗
楽平茶碗
白楽茶碗
荻生焼茶碗
釘彫平茶碗
煙草入セット
灰釉三耳壺 c.1949-50
黄釉三耳小壺
掻落葉文扁壺
刷毛目扁壺
唐姑文壺
藍彩壺
呉須茶碗
藍彩梅花文筒茶碗
黒釉花器 c.1951
黒茶壺花入
柿釉壺
黒釉指頭文双耳甕
油滴平鉢
黒釉指頭文大平鉢
黒釉鉢
彩瓷鳥文盆
黒釉指頭文建水
彩釉仏像文茶碗
黒釉指頭文茶碗

題名 制作年
黒釉鉄絵文筒茶碗 c.1951
木葉天目茶碗
白磁香合
黒点文香合
柿香合
鵲鵠斑小壺 c.1952-3
黒地白堆線文水指
白地墨流文水指
刷毛目芋頭水指
黒刷毛中皿
緑褐釉●
焼きしめ茶碗
加彩●
ペルシャ風平茶碗
黒釉茶碗
柿釉茶碗
破れ茶碗
唐津破れ茶碗
加彩蓋置
失透釉壺 c.1954-5
淡青釉壺
鵲鵠斑文平鉢
鵲鵠斑文平鉢 c.1954-5
鵲鵠斑茶碗
黒釉●
黒紺葉文●
黒釉葉文●
内黒釉●
梅華皮茶碗
荒土茶碗
鉄絵茶碗
失透釉●
白濁面取茶碗
皮鯨茶碗
柿釉平茶碗
荒土破●
梅華皮盆 c.1956-7
しぶ紙手鉢
刷毛目平茶碗
紅刷毛目茶碗
梅華皮碗
梅華皮茶碗
斑唐津筒茶碗
黒釉褐斑鳥文壺 c.1957-8
黒釉飛鳥文壺
黒釉大深鉢
黒釉褐斑鳥文鉢
黒釉獣文盆
黒釉魚文大皿
鉄絵魚文平鉢
鵲鵠斑鉢

題名 制作年
千点文盆子 c.1957-8
木葉天目茶碗
千点文茶碗
茶碗
彩瓷壺 c.1959-60
晩秋壺
壺 晩秋
指頭描格子魚文鉢
黒地白聯点文香合
氷裂文平●
茶碗(西芳寺川岸土)
ゆびあと茶碗
ととや茶●
ととや柿のへた●
絵唐津盃
刷毛目盃
彩磁壺(白地印文) c.1961-2
彩瓷水指
がま仙人香炉
眠寒山香合
天目釉壺 c.1962-3
黒手ひねり茶碗
鉄絵壺 c.1964-5
江上微漣 鉢
湖上微醒 鉢
鉄絵●
赤絵高麗茶碗
南蛮壺 1966
赤絵兎文水指
赤絵水指
南蛮水指
絵唐津平鉢
鉄絵鉢 洛北の秋
舟人物鉄絵平鉢
鉄絵平皿
鈎窯紅彩●
空濁弦月●
白濁釉茶碗
鉄絵唐津風茶碗
鈎窯紫斑文平茶碗
白濁盃
梅華皮壺

題名 制作年
鉄絵荒蕪盆 1967
赤絵茶●
加彩山茶花茶碗
赤絵羊●
黒楽茶碗
赤楽茶碗 馬盥
黒楽茶碗 馬盥
羊水滴
藍彩壺 1968
三彩壺
唐三彩皿
柿釉金彩鉢
柿釉金彩草文鉢
柿釉金彩鳥文大平鉢
赤絵茶碗
黒楽茶碗(長次郎風)
書画
題名 制作年
消息 軸装
草書五字(但看花開落)
草書二字(水波)
行書一行(我酔願眠郷可去)
草書一行(春来物色鮮)
莫愚問
冬日亦可楽
石ノ図
猫乎虎乎
非猫非虎
題名
四明山麓図 軸装
白蓮画讃
蓮花画讃
くちなし
三猿図 額装
茶●画讃 軸装
家画讃
菊花画讃
戯墨
舞妓図
自画像
古代希臘素焼馬画讃 額装

新聞雑誌関係記事
京都 4.10
朝日 4.15(夕)
毎日 4.28(夕)

このページの先頭へ