ロートレック展

 19世紀から今世紀初頭にかけてフランスの美術界は、近代的な意識にめざめた作家が個性的な作風をもって登場した良き時代であった。彼等の中でもトゥルーズ・ロートレックは、娼婦宿に入りびたったり、「ムーラン・ルージュ」の常連になるなど世紀末の芸術家生活ぶりを示す挿話で知られ、また、その冷厳な眼と卓抜な素描力でユニークな位置を占めている。彼の遺作の多くは故郷に近いアルビ美術館に収蔵されているが、今般同館の協力によってそのコレクションを中心にした展観をすることができた。なお、陳列にあたってはアルビ美術館友の会々長ドルチュ夫人らに立会っていただいた。

共催
アルビ美術館、読売新聞社
後援
外務省・文化庁、フランス文化省・フランス外務省・フランス大使館、読売テレビ放送
会期
11月9日〜12月27日
入場者数
総数74,748人(1日平均1,779人)
出品目録
油彩
題名 制作年
ロートレック自画像 1880
アルフォンス・ド・トウールーズ=ロートレック伯爵 1881
馬丁に逆らう馬
若きルーティ・ア・セレイラン 1882
ラシュ画伯の肖像
野原の集い
アルフォンス・ド・トウールーズ=ロートレック伯爵夫人 1883
葡萄の木に囲まれた耕作地
ジャンヌ 1884
馬とラバにひかれる車
エミトル・ベルナールの肖像 1885
ジュリェット・パスカルの肖像 1887
ムーラン・ド・ラ・ギャレットにて、ラ・グーリュと骨なしヴァランタン 1887
バティニョールにて 1888
ピアノに向かうディオー嬢 1860
ラ・グーリュ 1891
庭に坐る女
後ろ向きの赤毛の女
アンリ・ディオー氏
ムーラン・ニージュにて、ウォーナー氏の肖像 1892
接吻
ルイ・パスカル氏 1893
フォリー・ベルジェール劇場のロイ・ファラー
カプレ小母さん
ベッドをつくる女たち
犬をつれた夫妻
裸の少女
トム、青い鵜
海辺のカニ
えいを喰うカニ
ゴルツィコフ夫人
題名 制作年
医師タピエ・ド・セレイラン 1894
イヴェット・ギルベールの黒い手袋
靴下を脱ぐ女
ベッドにて
ロランド、長椅子
ムーラン街の娼家、ロランド
娼家の洗濯夫
娼婦
マルセル
リュシアン・ギトリとジャンヌ・グラニエ 1895
メイ・ベルフォール嬢
道化役シャ・ユ・カオ
ラ・グーリュ
競馬の馬丁
リュシー・ベランジェ嬢 1896
化粧
孤独、もしくは倦怠
ベルト・バディ夫人 1897
ポール・ルクレルクの肖像
「リマージュ」
アンドレ・シリアック嬢 1898
正面向きの裸婦
ル・アーヴルのスター酒場のイギリス女 1899
ロマン・コーリュス
ドリー嬢
帽子屋 1900
ジョワイヤンの肖像
「居酒屋」
デッサン
題名 制作年
若きルーティ、立像、プロフィル c.1882
若きルーティ、坐像
若きルーティ、頭部
ナイフをもつ若きルーティ
手を前に出した若きルーティ
若きルーティ、正面
後ろ向きの婦人 1883
北斎風の日本風景 1884
電車の運転手 1888
新聞を読むロートレック
セレスティノフ、ロシアの提督の犬 1891
首吊りの男 1892
シャツ姿のタデ・ナタンソン 1895
ロランドと女友だち、自画像
踊るショコラ 1896
ムーラン・ルージュ、シャ・ユ・カオの入場
オペラ座の音楽会
スケートのショウ、スケート場"水晶宮"のリアス・ド・ランシー嬢
モノタイプ
題名 制作年
会話 1899
サーカスの道化師
太っちょモーリス・ジョワイヤン
サーカスのアクロバットもしくは女道化師
ドライポイント
題名 制作年
最初の亜鉛板版画 1898
探検者、ド・ブレット子爵
シャルル・モーラン
フランシス・ジュールダン
W.H.B.サンド
ヘンリー・ソム
街の闘士
X氏の肖像
トリスタン・ベルナール
リトグラフ
題名 制作年
ムーラン・ルージュにて、ラ・グーリュと妹 1892
ムーラン・ルージュのイギリス男
帽子屋、ルネ・ヴェール夫人の店 1893
「髪結い」
「エスタンプ」のための表紙
「古い物語」
「君のために」
「眠れぬ夜」
「最後のバラード」
「病気のカルノ」
「あわれな街の女」
「使い走りの少女」
ジャンヌ・アヴリル
イヴェット・ギルベール
ポーラ・ブレビオン
マリー・ハミルトン
エドメ・レスコ
アブダーラ夫人
アリスティード・ブリュアン
プチ・カジノにて、コーディユー
"アンバサドウール"のデュカール
女の観客
イギリス喜劇
ロイ・ファラー
空想家ジュディック
何故いけないの?
ヴァリエテ劇場、ランデ嬢とブラッスール
中年男
ランデ嬢とバロン
フォリー・ベルジェールの舞台稽古、エミリエンヌ・ダランソンとマリキータ
ムーラン・ルージュにて
フォリー・ベルジェール「プリュドンム氏の貞操」
ルネサンス劇場、「フェードル」を演ずるサラ・ベルナール
ロシュシュアール劇場、ニコール
オペラ座、「ファウスト」を演ずるカロン夫人 1894
ムーラン・ルージュ、「フランス・ロシア同盟」
リーブル劇場、「不安」を演ずるアントワーヌ
「サン・ジェーヌ夫人」を演ずるレジャーヌとガリポー
俳優、「学者ぶる女」を演ずるル・ロワールとモレノ
「リマージュ」を演ずる俳優リュネ・ポー
喜劇芝居の俳優ブランドとル・ロワール
謝肉祭
ダンス
"アンバサドウール"にて
ラ・ティージュ、ムーラン・ルージュ
題名 制作年
ラ・グーリュとヴァランタン 1894
「グルネルの恐怖」
「アドルフ又は悲しみの若者」
「年をとった紳士たち」モノローグ
幻想的な歌手シシイ・ロフトウス
イヴェット・ギルベール
イヴェット・ギルベール
「ピエロの恋人コロンビーヌ」を演じるイヴェット・ギルベール
マスカロン座の桟敷席
「粘土の戦車」の為のプログラム表紙
「粘土の戦車」の為のプログラム 1895
素人写真家、フーティとショコラ
女優アンナ・エルド
アレクサンドル・ナタンソンの招宴
女優マルセル・ランデ
あいさつするメイ・ベルフォール
喜劇女優ポワ・ヴェール
「アディユー」
「クリスマス・バラード」
「間抜け」
「蝶々」
「塩つげの鰊」
「秘密」
「流れ星」
「オセアノ・ノクス」(夜の海)
「海つばめ」
「フロレアール」
「菫をお買い」
「子守女」
「年とった蝶々たち」
題名 制作年
セスコーのメニュー、ブイヤベース
ジンマーマンと彼の自転車
ウーヴル座のためのプログラム
エミール・ファーブルの芝居のためのプログラム
ナポレオン
「ラ・シャトレーヌ」(館の女主人)
クレオパトラを演ずるサラ・ベルナール 1895〜96
オペラ座のシュブラ
クレオ・ド・メロード
俳優コクラン
ジャンヌ・グラニエ
リュシアン・ギトリー
女優
馬車の女
ジャンヌ・ヘーディング
ポーラン
エヴ・ラヴァリエール
エミリエンヌ・ダランソン
カシーヴ
アイーダ・ヒース、イギリスの踊り子 1896
ロンドンの夕食
睡り
スクリブ街の酒場ピクトンにて
放蕩
スケート場"水晶宮"
アルトン裁判
アルトン裁判
ロマン・コーリュスとオスカー・ワイルド 1895
「タルネ」の夕食のメニュー
メニュー
メリー・クリスマス
自動車を運転する人
娼婦たち・坐る道化役 1896
〃・盆をもつ女
〃・横たわる女
〃・浴盤に湯を入れる女
〃・身体を洗う女
〃・手鏡を持つ女
〃・くしけずる女
〃・ベッドの女
〃・コルセットをつける女
〃・仰向けの女
ベッド、黄色い天蓋
桟敷席 1897
ムーラン・ルージュのダンス
「イシドロスの貢物」の表紙
モリエール頌
俳優ジェミニのためのプログラム
ピクニック
ベッドにて
「赤い星」の為の表紙
クレマンソー
「メニルモンタンに」を歌うイヴェット
「古いシャンソン」を歌うイヴェット
題名 制作年
「酔っぱらい」を演ずるイヴェット 1898
イヴェット・ギルベール
あいさつするイヴェット・ギルベール
歌手
俳優ギイとミーリイ
"アンヌトン"にて
良き版画師
レジャーヌ 1899
ル・アーブルのスター酒場にて
競馬の騎手
出発点に行く騎手
馬とパイプをくわえた犬
ブーローニュの森
鷂(はいたか)
帽子店のマネキン、ル・マルグーアン 1900
カフェにて
「ザンブラ・ポルカ」 1901
ポスター
題名 制作年
「レーヌ・ド・ジョワ」(歓びの女王)
"ル・ディヴァン・ジャポネ"
"アンバサドウール"のアリスティッド・ブリュアン
死刑台の下 1893
ジャヌ・アヴリル
コージィユー
「近代のアルティザン」 1894
写真家セスコー
コンフェッティ(紙吹雪) 1896
「ドイツのバビロン」
メイ・ミルトン 1895
メイ・ベルフォール
「ラ・ルヴュ・ブランシュ」誌
ラ・シェーヌ・シンプソンの競輪 1896
エグランティーヌ嬢一座
「チャップ・ブック」
54号室の女船客
「娼婦たち」
マイクル
「ラ・ヴァシュ・アンラジェ」
アルバム
題名 制作年
サーカス 1899

新聞雑誌関係記事
読売 10.24(広告)10.24、29、11.6、7,8
9.9(夕)11、12.20、12.27(夕)10.28
ロートレック展だより 会期中6日
ロートレック展から 会期中16日
ロートレックの周辺 会期中10日
毎日 12.16
朝日 11.27(夕)
日経 11.24

このページの先頭へ