学習支援活動

「明治150年展 明治の日本画と工芸」
  感覚をひらくワークショップ『てくてく、くんくん in 岡崎』

感覚をひらくワークショップ『てくてく、くんくん in 岡崎』
感覚をひらくワークショップ『てくてく、くんくん in 岡崎』
 「匂い香づくり」に挑戦

京都国立近代美術館がある岡崎地域は、明治時代、琵琶湖疏水の建設により大きく変貌をとげました。このプログラムでは、そんな岡崎地域の歴史に思いをはせ、耳で、鼻で、手で、「明治」を体感します。まずは南禅寺でゆったりお香を聞いた後、五感をフル活用させながら琵琶湖疏水を歩きます。最後は、オリジナルの「匂い香づくり」に挑戦。感覚をひらいて、岡崎地域の歴史や文化にふれてみませんか? スタッフがサポートしますので、どなたでもお気軽にご参加ください。視覚に障害のある方のご参加も歓迎します!
※ご注意※
本ワークショップでは、舗装されていない道や坂道、お寺の境内など、足元が不安定な場所も歩きます。あらかじめご了承ください。

日時
2018年5月13日(日)
①午前10時〜12時30分、②午後2時〜4時30分

対象
どなたでも

定員
①、②ともに20名(事前申込制、申込者多数の場合は抽選)

参加費
お一人につき1000円(材料費として)

特別協力
南禅寺
香老舗 松栄堂

申し込み方法
参加をご希望の方は、以下の期間にメールでお申し込みください。参加の可否につきましては、後日ご連絡をいたします。なお、申込者多数の場合は抽選を行います。
受付期間:4月17日(火)午前10時〜4月25日(水)午後5時
参加可否の連絡:4月27日(金)までに、お申し込みされた方全員に参加の可否をお知らせします
申込メールアドレス:learning*ma7.momak.go.jp
  (*を@に変えてください)
申込メール件名:ワークショップ申し込み
※ 原則として、お一人につき1通のメールでお申し込みください
※ 参加の可否につきましては、後日ご連絡をいたします
※ @ma7.momak.go.jp からのメールを受信できるように設定してください
(迷惑メール等の設定をされている方は、ご注意ください)
  • 下記をコピーし、必要事項を書き加えてお申込みください。
    • ----ここから----
    • 氏名(ふりがな):
    • 年齢:
    • ①と②どちらに参加希望か:【①午前の部・②午後の部】
    • 連絡用メールアドレス:
    • 携帯電話番号:
    • 視覚障害の有無:
      *同伴者の方(ガイドヘルパー等)がおられる場合はお知らせください
    • ----ここまで----
「感覚をひらく」とは?
京都国立近代美術館では、平成29年度から、地域の盲学校や大学等と連携して、「みる」ことだけに依らない美術鑑賞の新しいかたちを模索・構築する試みを行っています。単なる「健常者」から「障害者」への一方的な支援にとどまらず、障害当事者と共にユニバーサルな鑑賞のあり方を模索することで、作品の新たな魅力を発見するとともに、美術館がさまざまな人びとの相互理解の場として機能する新たな可能性についても模索していきます。事業概要やこれまでの活動についてはこちら

お問い合わせ
本ワークショップについて、不明な点やお問い合わせはこちら

このページの先頭へ