学習支援活動

京都市立銅駝美術工芸高等学校 「平成19年度 新入生美術入門研修」

京都市立銅駝美術工芸高等学校 平成19年度 新入生美術入門研修 レクチャーの様子
レクチャーの様子
今年も京都市立銅駝美術工芸高等学校の新入生を対象に、美術入門研修が実施されました。このプログラムは 京都市立銅駝美術工芸高等学校 平成19年度 新入生美術入門研修 機械室にて
機械室にて
同校の教師陣によって企画されるもので、当館の施設や展覧会を通じて、美術と美術館ついて学ぶ機会の一つとして、継続的に行われています。美術館施設と美術に関する概括的なレクチャーを聞いた後、収蔵庫や機械室など、美術館の舞台裏を見学するバックヤード・ツアー、企画展「アール・デコ・ジュエリーの世界」コレクション・ギャラリー小企画「福田平八郎と師友たち」展を鑑賞しました。

日時:
2007年4月19日(金)  9:30〜12:30

スケジュール:
9:20 美術館講堂へ入室 教員引率6名
9:30 レクチャー(当館主任研究官 河本信治)
10:30 3グループに分かれてバックヤード・ツアー、企画展およびコレクション小企画展鑑賞
12:30 集合、美術館退出

このページの先頭へ