学習支援活動

「アートリンク日米フォーラム」京都セッション

「アートリンク日米フォーラム」京都セッション 当館講堂にて、財団法人たんぽぽの家主催による「アートリンク日米フォーラム」京都セッションが開催されました。美術家と障害者がペアを組み、相互に創造性を刺激し作品を制作するアートリンクの活動に興味のある一般の方、美術家、教師や学生、障害のある人など約85名が熱心に聴講されました。 「アートリンク日米フォーラム」京都セッション 基調講演に続き、アメリカでアートリンクの活動を継続するクリエイティブ・クレイ(Creative Clay)、画家と視覚障害者であり表現者であるアマカワ ユイ+白井 翔、京都で視覚障害者の美術鑑賞を実践するミュージアム・アクセス・ビューからの活動報告があり、その後、聴講者とパネリストの間で質疑応答が行われました。同時に1階ロビーでは、それらの活動の記録写真や、共同制作の作品が展示されました。

日時:
2007年4月25日(水)  18:00〜20:00

場所:
京都国立近代美術館  1階講堂

スケジュール:
18:00 はじめに
18:20 基調講演 アートリンクとは何か(逐次通訳)
18:50 事例報告 アメリカ・フロリダにおけるアートリンクの展開(逐次通訳)
19:20 事例報告 京都におけるアートリンクの取り組みと協働の場づくり
20:00 閉会

その他の詳細はこちらからご覧いただけます。


このページの先頭へ