学習支援活動

第30回全国高等学校総合文化祭(京都総文)美術工芸部門
  ASKプロジェクト 「鑑賞が鍛える表現力」
  研修7

2006年6月27日(火) 17:30〜20:00 京都造形芸術大学(こども芸術大学)

今回の研修はみんなで8月3日のプログラムにむけて、何をしていかなければならないか、「腑に落ちた」状態になるために、ASKプロジェクトが生まれた経緯に始まり、今後のスケジュール等について再確認していきました。

1. どうしてASKプロジェクトが生まれたか
京都総文 美術・工芸部門 委員長 高間準先生(京都府立山城高校教員)からのお話。

2. 私たちのミッション
第30回全国高等学校総合文化祭(京都総文)の美術・工芸部門に選ばれて作品を出品した全国の高校生400人が、
○お互いにコミュニケーションをとって親しむ、楽しむ(自分たちも)
○多くの高校生たちと出会うことで、幅広い考えを知ることができる
○作品(全国から来る生徒たちの作品と京都国立近代美術館の作品)をみる
○京都に来て良かったなと思う
○例年では得られなかったことを体験できる
ことができるプログラムを、与えられた条件の中、使えるものをいろいろ使って、プランし、実行する。

3. 今までのカリキュラムの意味
水野先生からのお話。

4. 今日、私たちが決めなければならないこと
7月15日:京都国立近代美術館に親しむ
・行く時間
9:50 集合@京都国立近代美術館前
10:00〜13:00 研修
14:00〜? プラン発表
・美術館で何をするか
作品を見る。バックヤード見学。(美術館以外に、みやこめっせに行く。)

8月3日:当日のプランニングに関して
・7月15日:高校生、大学生がそれぞれに8月3日のプログラムの構成・内容のプランをもちより、発表
・7月19日:8月3日のプログラム決定


このページの先頭へ