学習支援活動

京都造形芸術大学+京都国立近代美術館
  「都路華香展」来館者アクセスプログラム共同開発プロジェクト
  プランC「カコウをカコウしてカコウ!〜真似するコトの先にあるもの〜」

美術館への新しい関わり方の提案として「作る」「話す」「体験する」の3つをキーワードとして、美術館内で実物を見ながら、模写をするということを企画しました。日本の美術館が置かれている様々な状況から、美術館内での模写は、なかなか行うことが難しいのが現状でした。今回の企画では、美術館内での模写を実現し、模写を通して美術館の魅力を再発見して頂きたいと思っています。
     また、終了後は参加者にインタビューし、美術館内で模写作業を行うことを、検証します。

メンバー:
大迫優真(京都府立鳥羽高等学校)

特別協力:
京都市立銅駝美術工芸高等学校

開催日時:
12月23日(土) 9:00〜

場所:
京都国立近代美術館「都路華香展」

参加者:
10名(京都市立銅駝美術工芸高等学校・京都造形芸術大学)

当プランのレポートを掲載いたしました。こちらからご覧ください。
(2007/6/13)


このページの先頭へ