キュレトリアル・スタディズ12: 泉/Fountain 1917−2017
  キックオフ・イベント「#Fountain 100 リチャード・マット事件」


アルフレッド・スティーグリッツ撮影《泉》(マルセル・デュシャンによるレディメイド)1917/『ザ・ブラインド・マン』第2号(1917年5月)所収
アルフレッド・スティーグリッツ撮影
《泉》(マルセル・デュシャンによる
レディメイド)1917/
『ザ・ブラインド・マン』第2号
(1917年5月)所収

 1917年4月9日、いまからちょうど100年前のこの日、アメリカ、ニューヨークでは第一回の独立美術家協会展(いわゆるアンデパンダン展)の際、いわゆる「リチャード・マット事件」が起こります。29歳の若き芸術家、マルセル・デュシャン(1887-1968)がR. Mutt (リチャード・マット)という偽名を使って男性用小便器を「作品」として出品し、展示を拒否されたのです。当時の便器自体は失われたものの、《泉》はレディメイドの代表作として20世紀美術に最も影響を与えた作品として名を残しています。

 来たる2017年4月9日(日)、この《泉》の展示拒否から100年を迎えるにあたり、フィラデルフィア美術館を始め、《泉》を含むレディメイド作品を所有するあるいはデュシャンに関連する作品を持つ世界中の美術館が無料観覧日にするなど、それぞれの館内のトイレにおいてさまざまな祝賀イベントを開催します。
《泉》(1917/1964)を所蔵する京都国立近代美術館でも、4月19日(水)から始まる「キュレトリアル・スタディズ12:泉/Fountain 1917-2017」のキックオフ・イベントとして、2日間限定で館内トイレにて特別な仕掛けをご用意いたします。

 なお、当館所蔵の《泉》は、4月19日(水)からコレクション・ギャラリーにてご覧いただけます。


日時

2017年4月8日(土)〜9日(日) 開館時間中

参加美術館

フィラデルフィア美術館;ニューヨーク近代美術館;サーペンタイン・ギャラリー、ロンドン;テート・モダン、ロンドン;アムステルダム市立美術館;ハンブルガー・バーンホフ、ベルリン;ポンピドー・センター、パリ;ストックホルム近代美術館;シュテーデル美術館、フランクフルト;北京ユーリン現代美術センター;バーゼル美術館;レンバッハハウス、ミュンヘン


このページの先頭へ