キュレトリアル・スタディズ10
 写真の〈原点〉再考―ヘンリー・F・トルボット『自然の鉛筆』から


 
畠山直哉《Atmos》2003年 作家蔵
Courtesy of Taka Ishii Gallery ©the artist

 私たちの身の回りには写真イメージがあふれています。近年の光学技術の進化を経て、デジタルカメラやスマートフォン、さらにSNSといった撮影と画像共有が容易かつ瞬時にできるツールの急速な普及は、私たちの日々の経験と写真との関係をよりいっそう深く結びつけるようになっています。
 19世紀にイギリスで発表された世界最初の写真集、ヘンリー・F・トルボット著『自然の鉛筆』(1844-46)は、当時まだ産声をあげたばかりの化学・光学技術としての写真術を世に紹介し、写真史の幕開けを告げる存在として知られています。その一方で、原点であるがゆえに、現在までの「歩んでこなかった」、また別の写真のさまざまな物語の可能性を内包しているとも言えるでしょう。
 第10回となる今回のキュレトリアル・スタディズは、この本から導かれるキーワードにもとづき当館の所蔵作品から選んだ作品と、さらに「写真とは何か」という問題を根源的に問い続け創作活動を行う写真家・畠山直哉(1958-)の作品を対置させることで、近代以降の写真にまつわる問題を再検証する試みです。


会期
2016年1月27日(水)〜 3月21日(月・祝)
月曜休館 ※ただし、3月21日(月・祝)は開館

会場
京都国立近代美術館 4Fコレクション・ギャラリー内

関連イベント
シンポジウム「写真の複数の〈原点〉―複写・複製・写し」
日時:2016年3月5日(土) 午後2時〜4時
会場:京都国立近代美術館講堂
登壇:マイケル・グレイ(元フォックス・トルボット・ミュージアム館長)
   畠山直哉(写真家)
   青山 勝(本展共同企画者、『自然の鉛筆』訳者 *AKAAKAより
       2016年1月刊行予定)
司会進行:佐藤守弘(京都精華大学教授)
協力:科学研究費(基盤研究A)「現代美術の保存と修復」
定員:先着100席
※逐次通訳付、聴講無料。当日午後1時から1階インフォメーションにて整理券を配布します。
※詳細はこちらをご覧ください。

広報資料
チラシ PDF形式(1.4MB)
  

  

  


このページの先頭へ