作家略歴

白髪一雄 しらが・かずお

 1948年京都市立美術専門学校(1945年改称)日本画科卒業後、洋画に転向した白髪は、50年頃から芦屋在住の洋画家で新制作派協会の伊藤継郎のアトリエに通い、52年、新制作協会において先鋭的な作品を制作していた村上三郎、金山明、田中敦子らとともに先鋭的グループ「0(ゼロ)会」を結成する。その後、吉原治良に師事し、第1回具体美術展に参加、1970年の第20回展まで出品を続ける。ミシェル・タピエに認められアンフォルメル運動に参加。1962年以来、ヨーロッパ各地でも発表を続ける。画布を床に敷き、天井から吊るされたロープにつかまりながら、大画面に足で描くという自由奔放な制作は、身体表現の可能性を追求した結果、導き出されたものである。アクションペインティングともいうべきその画面には、エネルギッシュで比類なき躍動感が満ちているが、仏門に入ったことで東洋的な作画動機がより強められていった。当館が所蔵する《天暴星両頭蛇》(1962年)でも身体と素材が直接ぶつかり合った生々しい跡が見られる。

1924年(大正13)− 2008年(平成20)

1924年兵庫県に生まれる
1942年京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科入学(48年卒業)
1955年具体美術協会会員となり、第1回具体美術展(小原会館、東京)出品
1958年「The Gutai Group Exhibition」展(マーサ・ジャクソン画廊、ニューヨーク)出品
1959年第11回プレミオ・リソーネ国際展出品、買上賞受賞
1962年「SHIRAGA」展(スタドラー画廊、パリ)「白髪一雄個展」(グタイピナコテカ、大阪)
1963年「現代絵画の動向―西洋と日本―」展(国立近代美術館京都分館)出品
1965年ヌル国際展(ステデリック美術館、アムステルダム)出品
「現代美術の動向―絵画と彫塑―」展(国立近代美術館京都分館)出品
1970年「万国博美術展<現代の躍動の部>」(万国博美術館、大阪)出品
1971年比叡山延暦寺で得度し、法名白髪素道と号す
1984年「元永定正・白髪一雄展」(和歌山県立近代美術館)
1985年「白髪一雄―抽象のダイナミズム―」(兵庫県立近代美術館)
1987年兵庫県文化賞受賞
1989年「肉体とマチエールの出会い 白髪一雄展」(尼崎市総合文化センター)
1997年「白髪一雄展」(福岡市美術館)
2001年「アクションペインター白髪一雄展」(兵庫県立近代美術館)
2008年敗血症のため84歳で死去
2009年「白髪一雄展―格闘から生まれた絵画」(尼崎市総合文化センターほか)

このページの先頭へ