作家略歴

関根美夫 せきね・よしお

 1948年中村真の主催する自由美術研究会に参加し、前衛芸術を知る。また同研究会を介して吉原冶良と知り合う。同年、汎美術家協会展に初めて出品し、1952年には毎日新聞社賞を受賞する。全関西綜合美術展や、二科クラブ展、芦屋市展など多くの展覧会に精力的に出品を続けた。1954年「具体美術協会」が吉原治良と彼の元に集まった関根を含めた若い芸術家たちによって結成される。1959年に関西が活動拠点であった具体美術協会を退会し、東京に転居。1963年の第15回読売アンデパンダン展に、その後の主要なモチーフとなるソロバンを描いた作品を発表する。以後執拗にこだわり描き続けた主題であるソロバンは、「通貨そのものでなくソロバンという道具を描くことで、高度経済成長を生きた日本人の意識と行為の残像を表す」とも、「デジタル社会に生きる現代の私たちへ諧謔を弄しているかのよう」ともいわれている。縦横に隙間なくソロバンが並んだ画面は、激しい行為や素材の物質性を強調したいわゆるアンフォルメル風の初期の抽象画からはなれ、全体でひとつの幾何学的抽象画とも見えるが、ここではソロバンをソロバンとして平面化し図匠化したのではなく、機能的本質を表現する記号としての抽象表現となっている。身の回りの日用品を記号化したポップアートともいえるが、関根はこのような着想をジャスパー・ジョーンズの《標的》シリーズから得たといわれる。

1922年(大正11)− 1989年(平成元)

1922年和歌山県に生まれる
1948年自由美術協会に参加、汎美術協家会展(大阪)に出品、以降1958年まで出品、
1952年に毎日新聞社賞受賞、全関西綜合美術展(大阪市美術館)に出品、
以降1954年まで出品
1949年二科クラブ展(大阪)に出品、以降1951年まで出品、芦屋市展に出品、
以降1958年まで出品
1954年具体美術協会結成に参加
1955年第7回読売アンデパンダン展出品
1956年個展(神戸)
1958年「新しい絵画 世界展―アンフォルメルと具体」展出品、第5回具体美術展出品
1959年具体美術協会を退会、東京に転居する
1963年第15回読売アンデパンダン展出品
1965年第2回長岡現代美術館賞展出品、「9人の日本人作家」(ステンフリー画廊、ニューヨーク)
「現代美術の動向 絵画と彫塑」展(国立近代美術館京都分館)出品、
個展(東京画廊、以降1966年、75年に開催)
1966年個展(ステンフリー画廊、ニューヨーク)、以降1975年に開催
第1回ジャパン・アート・フェスティバル(ニューヨーク)に出品、以降1970年出品
1968年第8回現代日本美術展出品、以降、第9回(1969年)出品
1974年第11回日本国際美術展
1977年第1回日本現代版画大賞展(松屋百貨店、東京)
1981年「1960年代―現代美術の転換期」(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館)出品
1989年6月27日、66歳で死去

このページの先頭へ