コレクション・ギャラリー

キュレトリアル・スタディズ05 ニュー・バウハウスの写真家たち

会期:2011年7月13日(水)〜9月11日(日)
会場:京都国立近代美術館4Fコレクションギャラリー
   キュレトリアル・スタディズ05 展示目録


ケネス・ジョセフソン 《ニューヨーク州》1970年
 「視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション」展にあわせ、1937年に渡米したモホイ=ナジが創設した「ニュー・バウハウス」(1937-38)以降のシカゴを中心とする写真の動向に焦点を当て、モホイ=ナジと共に教鞭を取った写真家、またはその教育を受けた写真家たちを特集します。 「キュレトリアル・スタディズ05」では、共同研究者としてシカゴ・アート・インスティテュートに留学経験のある森川潔氏(大阪芸術大学写真学科准教授)をお迎えします。会期中、森川氏の留学時のエピソードや出品作品についてお話しいただくギャラリートークを予定しています。

 アメリカの写真史に於いても他と一線を画す特徴を持った彼らの作風は非常にユニークなものが多く、モホイ=ナジがそうであったように常に未知の芸術を生み出そうとする実験的な作品や、そのあり方について問いかける作品に溢れています。本展はニュー・バウハウスの写真家についても充実したボリュームを有する当館所蔵のギルバート・コレクションから選んだ写真作品およそ60点により構成されます。


      ヘンリー・ホームズ・スミス
     《ペア #2》1952年

チャールズ・スウェッドランド
《木の葉頭のリンカーンの彫刻》1958年


【ギャラリートーク】
 講師:森川潔氏(大阪芸術大学写真学科准教授)
 日時:2011年7月22日(金) 午後6時から8時まで
 会場:当館1階講堂及び4階コレクション・ギャラリー
 定員:30名 (予約不要、聴講無料、但し常設展観覧券が必要です)

(2010/11/25)

このページの先頭へ